「 自然エネルギー 」 一覧

地域エネルギーが世界を変えていく(飯田哲也さん)

1月19日、静岡市で開催された温暖化防止研修会。 藻谷浩介さんの挑発的講演に続いては、 藻谷さんの小・中・高校の先輩であるという 飯田哲也さんによる「広がるご当地エネルギー」のお話。 「今日は

続きを見る

エネルギーの大逆転を起こす

藻谷浩介さんの講演レポート、続けます。 さて、では静岡は何をすればよいのか。 静岡にある資源で対抗しよう、ということです。 静岡にはいっぱい山がある。その木を使って建築する。

続きを見る

時代は変わったんです! -藻谷ブシ、静岡で炸裂

1月19日(月)は静岡市まで出かけ、 静岡県地球温暖化防止活動推進センター主催による 温暖化防止研修会「地球の自然エネルギー活用と温暖化防止を考える」 に参加した。 また研修会後には「全国ご当

続きを見る

森から海へ-(映画祭の続き)

昨日行われた 「大地を守る会ショートフィルム映画祭」の続き。 4本目は 『アグロフォレストリー森をつくる農業 -アマゾン熱帯林との共存』 (横尾堅示監督、25分)。 1929(昭和4)年

続きを見る

エネルギーや農業や環境を考える映画祭

丹那もすっかり晩秋の色合いとなった。 普段は振り返ることもない場所でも、 ふと立ち止まったりしている。   さて、今日は祭日なのに、営業用のスーツにネクタイで

続きを見る

送電網は誰のものか-

自然エネルギーの発電設備から送電網への接続申込みが増えてくるなかで、 電力会社が相次いで「回答保留」という措置を発表している。 これに対して10月2日、大地を守る会も参画している 「全国ご当

続きを見る

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行し

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊

→もっと見る

  • 2021年5月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
畑が見える野菜ジュース COBOウエダ家 種蒔人 桃ジャム 久津間紀道さん 羽山園芸組合 川里賢太郎さん 藻谷浩介さん 稲田稲作研究会 ムーラン・ナ・ヴァン 谷川俊太郎 丹那牛乳 丹那盆地 函南町 箱根峠 フルーツバスケット あかね 無添加ジャム ご当地エネルギー協会 福島屋さん 震災復興 丹那トンネル カフェ麦わらぼうし 自然エネルギー 酪農王国オラッチェ 備蓄米 大地を守る会 森は海の恋人 ジェイラップ 畠山重篤さん
PAGE TOP ↑