竹林再生に向けて-「協議会」設立

2021/07/30 | 食・農業・環境

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの一途なたたかいに、 また苦闘のヒストリーなど聞かされると、感動したりもする。 彼らに罪はない、のだろう。 しかし、「アン

続きを見る

竹林から「SDGs」へ-

7月13日夕刻、仕事を終えて外に出ると、 山肌からヒグラシのこだまが響いてきた。 僕の大好きな “ 初夏の夕暮れ ” の到来。 例年よりちょっと遅いか。 15日には、丹那盆地に赤とんぼ発見。

続きを見る

山って誰のものなんだろう‥

本日(7月9日)、 パートさん含め従業員全員に、無事、夏季賞与を支給。 何となく気持ちがひと段落した一日。 ボーナスもらって一喜一憂していた頃が懐かしい。 ああ、僕もボーナス欲しい・・・

続きを見る

日本百貨店「かんきつ まんきつ」フェアで

梅雨前線がしっかり張りつき、3日前から雨が続いている。 時に激しく降ってくる。 昨日(7/2)は、函南町にも大雨洪水警報が出された。 地盤のゆるみが心配になる。 ここ数年、 7月に入って

続きを見る

(遅まきながら)嫌いな「獺祭」に一票

いや、参った! ヤバい! ブログを再開せねば・・・ 「大地を守る会」時代、2007年6月末に ブログを始めてちょうど14年。 アップした記事1200本余り。 調子に波はあったけど、こんなス

続きを見る

「安心」というしんどい作業を-

朝はウグイスやスズメら(時に外来のガビチョウ) の囀りに促されて眼を覚まし、 夜はカエルたちの競い合いを聞かされながら眠る。 刈られても刈られても伸びてくる雑草たちのゾーンを覗き込めば、

続きを見る

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。 1年の総括に加えて来期の予算・計画の策定、 人事では昇格・昇給のための考課。。。 「責任」という名の重圧に眠りも浅くなり、

続きを見る

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行して流れる 柿沢川の堤を散歩した。 箱根山麓を源流として、狩野川に合流する小さな川。 「かんなみ桜」(河津桜と同じ)は、

続きを見る

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「オイシックス・ラ・大地㈱」の職員による 自主的な活動グループ 「大地を守る・くらしからエネルギーを考える会」 (以下「大エネ

続きを見る

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が決定された(栃木県は除外)。 3日、コロナ感染症対策の特別措置法&感染症法改正案が 参院本会議を通過し、成立。 皆さ

続きを見る

no image
“ 成熟した民主主義国家 ” ・・・なのか

今年の夏は、セミの声が聞こえてこない。。。 そう思っていたら、7

「有機農業は “ 生き方 ” だ」-小林芳正さんを悼む

続いて、竹材活用の新たな可能性を探って 静岡市まで出向いた話を書こう

「ひまわり」と戦争・・・

7月に入り、酪農王国オラッチェの入口では ヒマワリの花が咲いて、皆様

会津のトランプ? いや、バイデンでしょ。

「クラリズム」では、 当主(大和川酒造店会長)・佐藤彌右衛門(やえも

「クラリズム」 - 平和を願って

「クラリズム」レポートの続き。   大和川酒造店

→もっと見る

  • 2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
フルーツバスケット 丹那牛乳 カフェ麦わらぼうし 箱根峠 稲田稲作研究会 函南町 自然エネルギー 谷川俊太郎 種蒔人 畑が見える野菜ジュース 備蓄米 羽山園芸組合 ジェイラップ 畠山重篤さん 大地を守る会 藻谷浩介さん 久津間紀道さん 福島屋さん COBOウエダ家 あかね 森は海の恋人 酪農王国オラッチェ ご当地エネルギー協会 無添加ジャム 川里賢太郎さん 桃ジャム 丹那トンネル ムーラン・ナ・ヴァン 丹那盆地 震災復興
PAGE TOP ↑