独りぼっちのお盆 (雑感)

公開日: : 最終更新日:2022/08/21 かんなみ百景, 雑記その他

前回の「藤本さん20回忌」で書けなかったこと。

往復の送迎バスで東京湾アクアラインを初めて通ったけど、
改めて東京湾の広さを感じた。

かつて「大地を守る会」時代に、
東京湾に残る干潟「三番瀬」に打ちあがる海藻・アオサを
回収して資源化(による循環の再生と環境浄化)させようと、
「東京湾アオサ・プロジェクト」という活動をやったけど、
あのときのコピー、「どっこい、東京湾は生きている!」 を思い出した。
いつか改めて「海ほたる」の展望台から眺めたいと思った。

そしてもう一つ。
「鴨川自然王国」の手前で、有名な「大山千枚田」を通過した。
あの美しい棚田スポットも、ゆったりと歩いてみたかった。
これもいつか再訪したいと思う。

 

それから、お詫びと訂正をひとつ。

7月11日付 『「有機農業は生き方だ」-小林芳正さんを悼む』 の日記の中で、
「僕の知るところ、当地は今でも「山田錦」栽培の北限のはずである。」
と書いたけど、ある方から誤りのご指摘をいただいた。

山田錦は、今では北海道でも栽培されています- と。

えぇーッ!
もしかしたら、もうちょっと北まで行ってるかとは思っていたけど、
北海道まで北進しているとは思わなかった。

かろうじて  “ 僕の知るところ~ ”  の但し書きで救われそうな気もするが、
事実としては誤りなので、お詫びして訂正いたします。

それにしても北海道で山田錦とは・・・
栽培技術の進歩だろうか。 それとも温暖化の恩恵か・・・
しかしちょっとした冷害気候で打撃も受けそうだし、
そんなに無理して山田錦である必要があるのか、とも思ったりする。
いまや金賞受賞酒の原料はどこも山田錦に席巻されている。

“ 地酒を楽しむ ” とは、地方の個性を楽しむものであるはずなので、
ここは日本酒業界も、地域の風土や文化を表現するものとして、
多様性を競いながら活性化してもらえたらと願うところである。

まあ、「おらが地でもその品種を育ててみたい」とか
「その米(とウチの酵母)で酒を醸してみたい」と思うのは、
つくる者たちの本能のようなものなのかもしれず、それによって
食文化は枝分かれしながら受け継がれ、多様化してきたとも言えるワケで
(げんに小林芳正さんと大和川酒造はトライしたし)、
目くじら立てるほどのことではないのかもしれないけれど、
ただ “ 画一化 ” にだけは陥らないようにしたい。
そのためにも(日本酒に対しては特に)賢明な消費者でありたい、と思う。

 

8月15日、丹那盆地の田んぼでは
早くも出穂が見られた。

 

 

僕には品種は見分けられないが、
すでに穂が垂れ始めている田んぼもある。

一方で、晩稲(おくて)と思われる品種もあって、
農家のいろんな作戦が垣間見える光景は、悪くない。

 

 

丹那の夏の風物詩、オラッチェが企画する
「トウモロコシ畑の巨大迷路」も、今年は復活したのだが、
ただこちらは生育がイマイチである。
もっと高く、繁茂してほしいところ。 実も小さい気がした。

蒔くのが遅れたか、それとも “ 燃える ” 暑さのせいか。
素人の僕にはよく分からない。

 

このコーン畑の迷路も、ただ観光目的で作られたものではない。
子供たちをたっぷり楽しませた後は、刈り取られ、
発酵させたのちに、牛の餌となる。

丹那の牛たちは、
(すべてではないにしても)国産・無農薬のコーンを食べている!
大事に維持していきたいものである。

海外からの飼料や肥料が高騰していくなかで、
より一層、そう思った夏である。

はしゃいでいる子供たちにも、伝えたいものだ。
君たちがこうして楽しんでいることも、
自給飼料を支えることにつながっているんだよ、と。

 

で、おまえは何をしているんだといえば、
コロナ第7波の感染状況に鑑みて、
今年のお盆も、郷里への帰省は断念したのであります。

四国の小さな漁師町で暮らす、96になるおふくろに、
「帰ってくるな」と電話口で何度も言われた。
「東京から来たゆうてヘンな目で見られるし、うつって帰られても困るしな。
  おまえ社長やろ。」

3年間、同じセリフを聞かされている。
ささやかな親孝行も絶つコロナ。 早く去ってほしいと思うのだが、
政府はまったくお手上げみたいで、音なしの構え。
医療従事者も居酒屋店主も、また感染者も、ワクチンを打つ以外は
ただひたすら耐えている。。。

この国の政治家たちにとって幸いなのは、
国民が本質的には政治家をアテにしてないことじゃないだろうか。
いや、諦めているのか。
政治家もまたそれをイイことに、国民を票集めの数のように思っている。
もしそうだとすれば、これはとっても不幸なことだ。

 

3年ぶりの阿波踊りを、地元ではなくTVニュースで眺めながら、
僕もヤケクソになって踊りたくなった。
「同じ阿呆なら踊らな損々、
  えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ~ 🎵」

そういえば学生時代、バイト先の人たちに誘われて
「ディスコ」ってところに行って踊ったことがあったけど、
みんなから「お前のは阿波踊りだ」と笑われた。

これを “ 血 ” というのか、あの踊りを見ると、
なんとはなしに体がうずくのである。

 

仕事がコマ切れに入ったせいで埼玉の自宅にも帰らず、
2022年は、ひとりぼっちのお盆となった。

詰まりもしない、独り言のような日記になってしまいました。
すみません。

 

本当はザーサイの話を書きたかったはずなのに・・・
それは次回に。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

有機農業の未来を語る「藤本敏夫没後20年記念シンポジウム」の開催

こよみは早くも11月に入り、 丹那盆地に吹く風も冷たくなってきました

栗と、地球の涙

台風の波状攻撃を受けながら持ちこたえた田んぼも、 10月に入り、無事

「酪農王国」建国25周年!

台風11号、12号、14号、15号・・・ 4週連続で週末に台風の影響

【ご案内】 民放&NHK6局連動『1.5℃ の約束』

皆さま、台風14号の影響はいかがでしたでしょうか。 被害に遭われた方

エネルギーなら、ここにある。

世間は、五輪汚職に旧統一教会との癒着問題で、騒がしい。 ワタクシも当

→もっと見る

  • 2022年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
桃ジャム 箱根峠 無添加ジャム ジェイラップ 稲田稲作研究会 福島屋さん 種蒔人 丹那盆地 COBOウエダ家 畑が見える野菜ジュース 酪農王国オラッチェ 大地を守る会 畠山重篤さん 備蓄米 羽山園芸組合 丹那牛乳 久津間紀道さん 森は海の恋人 藻谷浩介さん ムーラン・ナ・ヴァン フルーツバスケット ご当地エネルギー協会 谷川俊太郎 自然エネルギー あかね 川里賢太郎さん 震災復興 カフェ麦わらぼうし 函南町 丹那トンネル
PAGE TOP ↑