浅田ファームさんと『里のゆず』

公開日: : 最終更新日:2022/02/05 あんしんはしんどい日記, 生産者・産地情報

さて、正月明けの3連休。
のん気に北条家ゆかりの地を回ったりしながらも、
仕事を忘れることは、けっしてない。
これはもう長年の持病のようなもんで。

10日(月・祝)、修善寺まで足を延ばしたついでに、
伊豆市湯ヶ島の自然農法家・浅田藤二(とうじ)さんを訪ねた。

浅田さんについては、ちょうど1年前に紹介させていただいた。
一昨年からちょくちょくとお邪魔しては、
今後のプランなど、話し合ったりしている。

ご自宅の裏には、「荒原(あらはら)の棚田」と称する棚田が広がる。
「日本棚田百景」にも選ばれた美しい棚田である。
彼は自然農法(本人は「炭素循環農法」と呼んでいる)によって、
この棚田を守っている。
浅田ファーム、ご自慢の風景だ。

 

浅田さんは、伊豆市の市議会議員でもある。

伊豆市役所(合併前は湯ヶ島町役場)に勤めていたが、
農産物で地域ブランドを作り町を活性化させたいと、
役所勤めを辞めて、実家の農業を継いだ。
そして一昨年の市議会議員選挙に立候補して、
見事!トップ当選を果たしたのである。

有機農業とか自然農法とか宣(のたま)うと、
煙たがれたり警戒されたり、あるいは相手にされない時代が
長く続いたけれど、オーガニックは今や、
地球の危機を救う “ 切り札 ” のひとつとして、
世界じゅうに伝播しつつある。

米価が下落し続ける中でも、浅田さんの米は高い。
しかしそれでも浅田さんの自然農法米には予約が殺到し、
供給が追いつかないほどだ。

しかも浅田さんは、地域の農地を守りたいと、
耕作放棄された山の傾斜部に、新たにレモンの木を植えたり、
「天城柚柑(あまぎゆこう)」という柑橘を増やしたりしている。

そんな浅田さんの思いが、
市民に強く支持されたんだろうと思う。

 

その「天城柚柑」。


(写真手前。後ろはユズ。2020年12月30日の日記から)

いわゆる「ユコウ(柚香)」(ユズとダイダイの自然交配種)とは違う。
浅田説では、天城にわずかに残された、柑橘の原種の一つらしい。
浅田さんは “ 幻の柑橘 ” と言う。
浅田家には樹齢100年(くらい)というこの古木が一本残っていて、
ここから株を増やしていっている。

昨年、浅田さんからこの柚柑でジャムを作ってくれないかと頼まれ、
試作まで進めた。
今年の秋には実現させる計画である。

 

また酪農王国ともタイアップして
ユズを使った産品開発にも取り組み、
このほど完成したのがユズのジュース、名づけて『里のゆず』。

いま、酪農王国オラッチェの売店で、
先行販売中です。

どうか売れてほしい・・・祈るような気持ちでスマホをかざす。
お客さんが振り向いてくれるのも期待しながら。。。

浅田さんもあちこち宣伝して回ってくれているようだ。
議員になっても、いや選ばれたからこそか、
本当に町のために走り回っている。

 

山羊と散歩する浅田藤二さん。

忙しいなかでの「癒しのひと時」、でしょうか。

 

実は浅田さんからは、「夏みかん」を何とかできないか、
とも頼まれた。
どの農家にも植えられている「夏みかん」が、
今は放ったらかされている。
「少しでもお金に変えてあげられたら‥‥と思うんですよね」
と、木をじっと見つめるのである。

僕はこういうまなざしに、弱い。

しかし話を持って帰れば、
社内の反応は厳しい。

皮を剝くのがタイヘンだと言う。
「いやぁ、できないっスよ」で片づけられた。

去年から始めた竹の活用(メンマ開発)もそうだけど、
未利用資源は豊富にある。
しかし、どれもこれも、手ごわいものばかりだ。

まあ、簡単に商品化できるものなら、もうできているワケだ。

若い頃に歌った労働歌(団結がんばろう!)の一節、
じゃないけれど-

たたかいはここから、である。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スピリッツは生きているか -ORD3連チャンを終えて-

ORDリアルイベント三日目は、 やっぱり4年ぶりということもあってだ

4年ぶりのリアル・イベント3連チャン(後編)

前回の続き-   翌2月25日(土)は、 「大

4年ぶりのリアル・イベント3連チャン(前編)

3月6日(月)朝、 起きたところでウグイスの初鳴きを聞いた。 完成

あれから1年‥(2月の読書から)

2月23日、祝日。 伊豆の名物・河津桜が見ごろを迎えているという

「地域」に貢献する加工場として

11月下旬から3月上旬にかけて、 フルーツバスケット丹那本社の加工場

→もっと見る

  • 2023年3月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
ジェイラップ 丹那トンネル 羽山園芸組合 川里賢太郎さん 藻谷浩介さん 桃ジャム 稲田稲作研究会 森は海の恋人 自然エネルギー ご当地エネルギー協会 あかね 大地を守る会 箱根峠 畠山重篤さん 丹那盆地 震災復興 フルーツバスケット ムーラン・ナ・ヴァン 無添加ジャム 久津間紀道さん 酪農王国オラッチェ カフェ麦わらぼうし 畑が見える野菜ジュース 函南町 福島屋さん 種蒔人 丹那牛乳 谷川俊太郎 COBOウエダ家 備蓄米
PAGE TOP ↑