「歴史」の中に在ることを、忘れずにいたい。

公開日: : 最終更新日:2022/01/01 雑記その他

「2021年の10の疑問と怒り、あるいは驚き」
続き。

第5位‥‥マシーン色の「みどり」戦略で有機農業の拡大とは?
     今年5月に農水省が発表した「みどりの農業システム戦略」。
     2050年までに有機農業の面積を全農地の25%
     (100万ha、現在は0.5%)に増やすという
     超野心的な政策発表だったが、中身を見ると、
     ドローンやAI技術、除草ロボットの活用など
     いわゆる「スマート農業」で推進するという発想である。
     「有機農業」とは何なのか。
     どういう思想のもとに広がってきたものなのか、そして
     なぜ化学農薬や化学肥料を削減しなければならないのかは
     語られておらず、総花的に各種の技術対策を並べた、
     哲学なき「産業政策」と言わざるを得ない。
     世界の流れに乗ったつもりなのだろうが、実現できるとは思えない。
     ただ「有機を拡大」するという決意表明には敬意を表して、
     引き続き大いに議論していこうじゃないか。

第4位‥‥コロナ対策への疑問は尽きず、来年へ-
     昨年の頭から始まった新型コロナウィルスの感染拡大に対する、
     これまでの対策には数々の疑問が残ったままである。
     オリ・パラ開催への影響を恐れたとしか思えない昨春から始まって、
     今年のオチは、残ったアベノマスクが8200万枚、
     今年度末までにかかるその保管費用が約6億円、という数字である。
     そしてずっと思ってきたことは、「ムダ削減」の掛け声のもとで
     保健所体制を縮小させてきた
     これまでの行政への根本的反省が見えないことだ。
     今も政府は目の前の敵しか見ていない、そう思えてならない。
     このウィルスが収束した後に、どのような歴史的総括がされるのか、
     注視し続けたい。

第3位‥‥「処理水」という名の「汚染水」、流す前になぜ元栓を締めないのか?
     福島第一原発の「汚染水」(とあえて言わせてもらう)海洋放出問題。
     流す・流さないの議論の前に「地下水の流入を止める」のが先決だろう。
     でなかったら汚染される水の放出はいつまでも、長く続くことになる。
     「止めてから言え!」-僕の疑問はこの一言に尽きる。
     原発政策に言いたいことはいくつもあるが、
     今年はこの一点にしておきたい。
     この汚染水論争にいろんなことが象徴されていると思うのである。

第2位‥‥広がり続ける「格差社会」。
     このテーマは、平板なコメントでまとめられない。
     人によって出る言葉もまた格差社会を反映するように思う。

     為政者も、「寄り添う」姿勢は表明できても、
     取るべきところから取ることはできず、
     せいぜい賃金の値上げと「分配」を要求し、
     一律に10万円程度の現金をばらまくしか、考えられないのだ。

     投資で増えた資産は失う恐れと表裏にあり、社会の循環とは別物である。
     なのにあろうことか、この国ではこれから、学校で「投資」を教えるという。
     資本主義の末期が訪れてきていると、僕には思えてならない。

念のために申しておきますが、
私は経営者ではありますが、資本家ではありませんので、誤解なく。

そして第1位は‥‥やっぱり怒りは収まらない。「政治のウソ」がひどすぎる。
     改ざん・隠ぺい・もみ消し・・・さらに驚かされたのは、消しゴムの登場。
     基幹統計データって鉛筆で書かれているのかぁ!
     公文書や統計データを改ざんするということは、歴史を歪めることである。
     僕らは今まさに進行する「政治の腐敗」を見せつけられている。
     この今も「歴史」であることを、自覚したい。

     辞書で調べた言葉もある。「認諾(にんだく)」。
     広辞苑によれば、「原告の請求を正当だと認める被告の陳述」とある。
     ならば、訴えた赤城さんの妻の要求を受け入れ、真実を明かすのが
     被告としての責任ではないか。
     それを「1億7千万円の税金」で幕引きを図るのが政治なのか。
     ・・・こんな欺瞞がまかり通ってイイのだろうか。
     忘れないようにしたい。

はい。以上、大晦日に吐き出させていただきました。
僕の結論は、「ゆでガエル国民」にはなりたくない! です。

 

12月29日、
函南町丹那にある本社と、隣の伊豆の国市に設けた「伊豆の国センター」
の間にある田園地帯(旧韮山町)から望んだ富士。

この道を走ると、なぜか歌を歌いたくなる。
前向きになれる。
今年も一年、見守ってくれてありがとう。
来年もよろしくね。

では皆様、どうぞよいお年をお迎えください。
来年は、もっと書けるよう頑張ります!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テレビでの紹介も痛し痒しか-

変異株オミクロンによる “ 第6派 ” 感染拡大の勢いが凄まじい。

浅田ファームさんと『里のゆず』

さて、正月明けの3連休。 のん気に北条家ゆかりの地を回ったりしながら

北条と「江間」

皆さま、あけましておめでとうございます。 実質3日間ぽっちの休暇

「歴史」の中に在ることを、忘れずにいたい。

「2021年の10の疑問と怒り、あるいは驚き」 続き。 第5位

2021年、残された10の疑問と怒り・・・

すっかりご無沙汰してしまいました。 あれよあれよという間に、年末崖っ

→もっと見る

  • 2022年5月
    « 1月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
丹那トンネル 谷川俊太郎 自然エネルギー 丹那牛乳 久津間紀道さん 福島屋さん 無添加ジャム 震災復興 藻谷浩介さん フルーツバスケット ムーラン・ナ・ヴァン 備蓄米 畑が見える野菜ジュース ジェイラップ 畠山重篤さん 函南町 羽山園芸組合 酪農王国オラッチェ 箱根峠 稲田稲作研究会 種蒔人 あかね 丹那盆地 ご当地エネルギー協会 カフェ麦わらぼうし COBOウエダ家 森は海の恋人 大地を守る会 川里賢太郎さん 桃ジャム
PAGE TOP ↑