「小満」の風景から、コロナ後を考える

公開日: : 最終更新日:2020/05/31 あんしんはしんどい日記, かんなみ百景, 新型コロナウィルス

季節は二十四節気の「小満」。
麦の穂が稔り、生気が満ちてくる時節。

麦秋を美しいと思うのは、どういうDNAに因るのか。
分からないけど、なぜかうっとり眺めてしまう。

上は5月15日の姿。下はその一週間後。

穂が熟し、垂れてきた。
これからの大敵は、雨だ。収穫期を睨む日々になるのだろう。

これはビール麦(大麦)で、
オラッチェ・ブランド『風の谷ビール』の原料になる。
日本初の有機JAS認定地ビールである。
全国に数ある地ビールのなかでも、
麦の生産までやっている、しかも有機JAS認定工場は
いくつあるんだろうか。
これが景観だけでなく、地域経済を支える麦であることを、
しっかりお伝えしておきたいと思う。

 

人間の営為と大地の力がつながった結果としての実りに
人は安心を得、生長した姿に農民は達成感を感じる。
今年はよく獲れた(実ってくれた)と思う時、
そこには奥深い調和と根源的な美があるように感じる。
そう信じておきたいと思う。
どんな文化や文明の時代になろうと、これは生命の源だから、
良い実りの姿は、美しいに決まっているのだ。

そして田んぼには水が張られ、田植えが始まる。

5月24日(日)には、
盆地内の田んぼの田植えがすべて終わった。
農学理論ではたしか、一日平均気温または水温が
安定的に15℃に達する時期が田植えの適期だと記憶しているが、
いまコメだけで生計を立てられる農家は、ここにはいない。
土日に作業が集中するのはやむを得ない。
主食であるコメは、彼らにとっては、あまりに安いのだ。
自国の農業をどうするかは、実は消費者の問題なのである。
この国の為政者はそれが分かってない。

作り続けてくれているだけで、有り難いと思う。
コメがほしいだけじゃなく、環境という生存基盤を守るためにも。

 

鳥たちが憩う場所もある。

この緑地帯は、当地人気のパラグライダーの着地点として、
ちゃんと管理している場所である。農薬は撒かない。
今年は人気(ひとけ)がないこともあってか、
例年より鳥たちが多い気がする。

丘の上に上がれば、
こんな牧草畑の風景も、美しいと思う。

酪農が営まれるから、牧草も育てられる。
こんな風景が見れる日常を、感謝したいと思う。
経済的に見合わない(儲からない)と言われ続けてきた
この国の「農」は、まだ滅びていない。

 

グローバリゼーションに乗り遅れるは恥ずかしい、
昨日までそんな時流だったはずなのに、
それを牽引してきた国のトップが自国ファーストを叫んでいる。
今日のニュースでは、米国で作り過ぎた人工呼吸器を
大統領から売り込まれて、日本政府は買う約束をしたという。
国内での増産を指示しながら、
「予備はあっていいから」「日本製より格安だ」と
大量に引き受ける今の政権の姿勢を、僕は信頼できない、どうしても。

変異して突然のごとく世界を席巻した新型ウィルスは、
世界の連帯と地域自給の大切さを教えている。

ローカルを基盤にしながら、グローバルに連帯する。
これはずっと市民セクターから叫ばれてきたことだ。

ポスト・コロナの社会構想が、人類に問われている。
そんな難しいことではない。
イイなぁと思うこの風景を守る、その経済を築けばいいんだと思う。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行し

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊

→もっと見る

  • 2021年5月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
あかね 備蓄米 桃ジャム ご当地エネルギー協会 震災復興 函南町 谷川俊太郎 箱根峠 酪農王国オラッチェ 森は海の恋人 丹那盆地 羽山園芸組合 無添加ジャム 久津間紀道さん 大地を守る会 丹那トンネル 種蒔人 畠山重篤さん 藻谷浩介さん 川里賢太郎さん COBOウエダ家 畑が見える野菜ジュース フルーツバスケット ジェイラップ 福島屋さん カフェ麦わらぼうし ムーラン・ナ・ヴァン 稲田稲作研究会 丹那牛乳 自然エネルギー
PAGE TOP ↑