「伊豆の牛乳寒天」の継承

公開日: : 最終更新日:2016/12/22 かんなみ百景, 日々日々フルーツバスケット

12月10日(土)。
ふと気分転換に歩いてみたくなって、
函南原生林に足を延ばした。
といっても、原生林手前の公園散策までだったけど。

まだ紅葉が残っていた。
dsc_1795

人影もなく、静かな初冬の風景。
dsc_1809

麓の向こうに三島から沼津の町が見える。
さらに駿河湾が、かすかに・・・
dsc_1803

神奈川と静岡の県境に、今も原生林が残っている。
江戸幕府からの伐採命令に抵抗した先祖の碑もある。
この水源は後世のいのちにつながっているという想像力が、
当たり前に存在した時代があった。
しかもその責任感が身を賭した行動と一致できる凄みに、
僕は来るたびにひざまずく。。。

100年後の姿を見たくなるようなブナの樹。
dsc_1853

カモシカの痕跡?
dsc_1829

メッセージはそれぞれからのようでいて、
しかし本当に圧迫するのは、全体に漂う「摂理」のようなものからだ。
結局、「お前は何をしているか・・」という自問に行きつく。

dsc_1838

 

12月12日(月)、
製造1課(ジャム・ジュース等の製造ライン)で
ある製品の試作に取り組む。

新作へのトライではなくて、
すでにマーケットでテッパン的評価を得ていて、
古くから堅実に売れ続けてきた商品の再現試験である。

商品とは、これ。
%e7%89%9b%e4%b9%b3%e5%af%92%e5%a4%a9%e2%91%a0

『伊豆の国からの贈り物 - たちばな の牛乳寒天』。
この地方で親しまれてきた定番のスィーツだ。

%e7%89%9b%e4%b9%b3%e5%af%92%e5%a4%a9%e2%91%a1

製造メーカーは函南町の隣・伊豆の国市にある
「山ト食品株式会社」さんで、
実はこの事業を引き継ぐことになったのだ。

山ト食品㈱の永沼純子社長から事業継承を頼まれたのは
一年以上前のこと。
引き継ぐにあたっては、基本技術はもとより
設備や人(従業員)も丸ごと引き受けるとしても、
工場自体は新たにつくる必要があった。
いったいどれくらいの投資になるんだろう、
その回収はどれくらいでできるんだろう・・・
新米社長はぐずぐずと悩み、決断したのは今年の夏。
そこで前々回に報告した「FB伊豆の国センター」建設
につながっていったってワケ。

%e7%89%9b%e4%b9%b3%e5%af%92%e5%a4%a9%e2%91%a2

決断してしまったからには、あとに引けなくなる。
先月には牛乳寒天の販売先(問屋やスーパーさんなど)に
案内も出して、挨拶回りも始めた。
年内には工場を完成させて、年明けから設備の移転を行なって、
2月から本格製造に入る計画だ。

主原料は長年のお付き合いである丹那牛乳。
製造能力を上げるために設備の改良も加えたのだが、
支持され続けた “懐かしい味” は再現しなければならない。

試作を見守る永沼社長。
rimg0010

rimg0008

rimg0015

この日は、まだもう一歩の工夫が必要
との結論に至った。

 

世間から見ればささやかな事業継承だけど、
僕にとっては軽い決断ではなかった。
人とつながりながら、
地域に愛され続けてきた食の素材を受け継ぎ、
発展させること。
それによって地域の経済循環に貢献すること。
美しい “地元” を自慢できる人が育つこと。。。

思いを形にする、大事な一つの素材を引き受けたつもりだ。

TPPがどうなるか、なんて正直分からない。
しかし、ここでできることをする、今から、今日も。
それが僕なりの反グローバリズム宣言である。
それが僕なりの、世界との連帯であり、
僕が信じてきた「大地を守る会」運動である。

迷った時には原生林を散歩しながら-

Comment

  1. ちこ より:

    スーパーで偶然見つけた牛乳寒天、’懐かしい味’にはまってしまいました。
    素朴なパックに、強気な価格設定。いったいどんな製品なんだろうと、この記事にたどり着きました。
    商売、というより、生きていくというのは難しいですね。でも自分の信じた道をいくしかありませんね。なるべくなら楽しみながら。
    これからも牛乳寒天を買い続けたいと思います。今後とも良い品をよろしくお願いいたします。

  2. エビちゃん より:

    ちこ様
    “懐かしい味”-嬉しいお言葉を有り難うございます。感激です。「強気な価格設定」・・・丹那牛乳がちょっと高いのと、手づくり(工夫)の部分が多いため、現状ではこれがイッパイの線です。すみません。味と品質を守り続けていきますので、これからも食べ続けていただけますよう、よろしくお願いします。エビ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行し

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊

→もっと見る

  • 2021年5月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
桃ジャム 自然エネルギー 箱根峠 丹那盆地 森は海の恋人 久津間紀道さん 川里賢太郎さん ご当地エネルギー協会 無添加ジャム 谷川俊太郎 ムーラン・ナ・ヴァン 函南町 大地を守る会 震災復興 カフェ麦わらぼうし 備蓄米 畑が見える野菜ジュース 酪農王国オラッチェ あかね 種蒔人 ジェイラップ 稲田稲作研究会 丹那トンネル 丹那牛乳 羽山園芸組合 福島屋さん 藻谷浩介さん 畠山重篤さん COBOウエダ家 フルーツバスケット
PAGE TOP ↑