丹那のハロウィン、これぞ本モノの食育だろう

公開日: : 最終更新日:2016/11/04 かんなみ百景, 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ

昨日の渋谷は魔女やゾンビらのお祭り騒ぎで
スゴかったらしい。
しかしこちら丹那のハロウィンは、
多国籍なドンチャン騒ぎで終わるものではない。
ひと味もふた味も違って、
ストーリーのある立派な食育イベントに仕上がっていた。
では昨日の続きを-

10月30日(日)午後3時の長光寺。

境内に佇む六地蔵。
20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a1

赤子を抱く慈母観音。
20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a2

そんな仏様の祈りの眼差しをモノともせず、
餓鬼道に堕ちた妖怪たちが賑やかに集結した。
お面や衣装は、一週間前にお寺に集まってつくったものだ。

各地のお地蔵さんを巡っては音楽祭を開いているという
「地蔵音楽団」の、ちょっとヒップな音楽に合わせ、
勇ましく雄叫びを上げて、いざ出陣。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a0

あとは、、、ついて行きましょうか。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a3
さすが酪農の郷、牛乳の妖怪も「見参つかまつる」か。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a4

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a5

しょじょじ(正確には証城寺:しょうじょうじ)の狸囃子
を合唱しながら、妖怪は進む。

しょ、しょ、しょうじょうじ、しょうじょうじの庭は
つ つ 月夜だ 皆出て 来い来い来い
おいらの友だちゃ ぽんぽこぽんのぽん

負けるな 負けるな 和尚さんに負けるな
来い 来い 来い 来い 来い 来い
皆出て 来い来い来い

野口雨情(作詩)、中山晋平(作曲)先生も、
きっと笑い涙を流して喜んでくれたに違いない。
これぞニッポンのフォークロアだね。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a6

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a7

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a8

田んぼ道を通れば、田んぼはいいな ♪
と即興曲も飛び出す。
けっこう一次産業を大事にする妖怪たちだった。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%a9

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%aa

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%ab

1km ほどの道のりをパレードして、
酪農王国オラッチェに乗り込む。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%ac

冷たい風にもめげず子供たちは、いや基い、
妖怪たちはよく歩いた。
ゴールとなったオラッチェのステージで記念撮影。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%ad

その後、妖怪たちはオラッチェ・レストランに入り、
施食(せじき)の法要を受ける。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%ae

柿沼和尚による読経が始まる。
お経の意味は分からないけど、東北大震災で亡くなった
魂への鎮魂の言葉も聞かれた。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%af

神妙に聞く礼儀正しい子ども・・いや基い、妖怪たち。

ふと見れば、木魚はウルトラマンだ。
20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%b0

お坊さんにポクポク叩かれ続けるウルトラマン。
彼とても仏の掌にあったのか・・・

「はい、みんな、口を開けて・・そのまま。
  菩薩さまがお菓子を入れてあげるからね」

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%b1

お菓子の名前にも意味があったようだが、
記憶できなかった。
餓鬼は欲望につられ、口を開ける。
そのお菓子を口に入れたところで、
妖怪たちは和尚さんの手の内に・・てことか。

法要が終わると、食事の儀式。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%b2

ご飯と、出汁をとってない豚汁、
そして沢庵が並べられた。
すべて地元で収穫されたものである。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f%e2%91%b3

禅における作法と、
食の意味を説く柿沼忍昭お尚。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f21

指につけた一滴の汁と、7粒のご飯を
今も地球のどこかで飢えている人たちのために捧げ、
祈りましょう。

私たちの体は、食べ物でできている。
食べものも、もとは生命ある生き物である。
感謝して、もし食べきれなかったら、
いいんだよ、ここにいるアヒルたちに上げよう。
一粒も無駄にしない。
これを「エコ」と言います。

禅の「五観の偈(げ)」を読み上げ、
「いただきます」。
20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f22

いつの間にか、妖怪ではなく
「良い子」なった子供たち。
ほんと、みんな行儀良く食べている。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f23

ご馳走さまの時には、
「願わくはこの功徳をもって、あまねく一切に及ぼし、
  我らと衆生と、皆ともに仏道を成ぜんことを
  (すべての人々に幸せが行き渡るように)。」
と祈る。

施食の完了。
いつの間にか妖怪は消えている。

菩薩アーティスト「TETTA(テッタ)」の
美女様たちも、お疲れ様でした。
20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f24

函南町丹那地区オリジナル「ハロウィン」の完成です!
いかがでしたでしょうか。
☆3つ、いただけますでしょうか。

20161030%e6%80%aa%e6%80%aa%e6%96%bd%e9%a3%9f25

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

竹林再生へのキックオフ!

皆さま、お久しぶりです。 といっても、もうすっかり忘れ去られたかもし

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

→もっと見る

  • 2021年12月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
ご当地エネルギー協会 桃ジャム 丹那トンネル カフェ麦わらぼうし あかね 震災復興 久津間紀道さん 森は海の恋人 羽山園芸組合 函南町 種蒔人 無添加ジャム 稲田稲作研究会 フルーツバスケット 畠山重篤さん ジェイラップ 谷川俊太郎 川里賢太郎さん 丹那牛乳 箱根峠 藻谷浩介さん ムーラン・ナ・ヴァン 丹那盆地 大地を守る会 COBOウエダ家 畑が見える野菜ジュース 備蓄米 自然エネルギー 酪農王国オラッチェ 福島屋さん
PAGE TOP ↑