みかんジュース・シーズン終了

公開日: : 最終更新日:2016/03/20 日々日々フルーツバスケット

みかんジュース製造のシーズンが終わった。

当社のNB品だけでなく、
今季は静岡各地の生産者や他団体からの委託(原料持ち込みでの製造)
が多くて、12月からほぼフル稼働だった。
一個一個手で剥いたみかんの総量は50トンくらいにはなるだろうか。
製造1課のパートさんたちには頭が下がる思いだ。

手むきみかんジュース①

製造依頼を受けた農家さんからこんなお礼のメールが届いた。

本日、みかんジュースの加工代金を振り込ませていただきました。
みかんジュースは大好評です。
甘くて濃厚なのに後味がすっきりしているとのお声をいただいております。
私も飲みましたが、本当においしかったです。
皮をていねいに手でむいていただいているおかげだと思います。
おいしく加工していただき、祖母も喜んでおります。
保存がききますので、温州みかんがなくなるこれからの季節、
特に夏にぴったりなのではないかと思っております。
クオリティの高いジュースに仕上げていただき、有り難うございました。
生産部(注:製造部です)のみなさまにもどうぞよろしくお伝えください。

喜んでもらえたようで、
嬉しいね、ホント。

こちらがフルーツバスケットの「手むきみかんジュース」。
原料生産者は長崎の長有研さんとながさき南部生産組合さん。

少々お高いですが、ぜひ一度ご賞味ください。

手むきみかん

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

竹林から「SDGs」へ-

7月13日夕刻、仕事を終えて外に出ると、 山肌からヒグラシのこだまが

→もっと見る

  • 2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
谷川俊太郎 ムーラン・ナ・ヴァン 種蒔人 森は海の恋人 ご当地エネルギー協会 稲田稲作研究会 函南町 羽山園芸組合 久津間紀道さん 自然エネルギー 箱根峠 震災復興 桃ジャム フルーツバスケット 丹那トンネル 川里賢太郎さん 藻谷浩介さん ジェイラップ 無添加ジャム カフェ麦わらぼうし 丹那牛乳 畠山重篤さん COBOウエダ家 酪農王国オラッチェ 福島屋さん あかね 畑が見える野菜ジュース 備蓄米 丹那盆地 大地を守る会
PAGE TOP ↑