「戦闘地域」は線引きできるんだろうか?

公開日: : 最終更新日:2015/09/26 雑記その他

安保法案は通ったのか。
議事録は「・・・(騒然として聞き取れず)」
といった記載のみらしいが。。。

説明を二転三転させながらも、
ひたすら結論に向かって突き進む与党集団を見ていると、
戦前の大政翼賛会といった言葉も浮かんだりした。
政府は早くも自衛隊の行動領域を広げる検討を始めている。
「集団的自衛権の行使」が、
国際関係の中での日本をどのように変えていくのか、
眼を開いて注視していきたい。

これから自衛隊は米軍の指揮下で動かされるケースが生まれる。
後方支援部隊と言っても、相手から見れば当然叩くべき標的なわけで、
市街戦やゲリラ戦(&テロ攻撃)の多い現代の戦争を見ていると、
戦闘地域はとても線引きできるものではない。
危険な領域に自衛隊員(国家公務員)を送り込むことが「できる」
形にした、ということだ。

特措法でイラクに派遣された自衛隊員のべ1万人のうち、
帰国後に自殺した隊員が28人、という数字がある。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)や心身の不調を訴える数は、
各部隊の1~3割に上るという報告もある。
『帰還兵はなぜ自殺するのか』(デイヴィッド・フィンケル著、亜紀書房)
の世界は、すでにアメリカだけのものではない。
「戦場」は家庭(家族)にも持ち込まれるのだ。

帰還兵は~

「戦争」というものを、
僕らはもっとリアルなものとして捉え直さなければならないと思う。
加えて、戦争とは国際紛争を解決する最低の手段だということも。
間違っても、戦争を美化することのないようにしたい。

 

世間はシルバーウィークという大型連休で湧いているが、
こちらは緊急の事故対応で九州まで出向いたりして、
ほとんど休めず終いとなった。
9月15日の記者発表のレポートだってまだ書けてないというのに、
いったい何書いてんだろう。
悲しくなるね、ホント。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

有機農業の未来を語る「藤本敏夫没後20年記念シンポジウム」の開催

こよみは早くも11月に入り、 丹那盆地に吹く風も冷たくなってきました

栗と、地球の涙

台風の波状攻撃を受けながら持ちこたえた田んぼも、 10月に入り、無事

「酪農王国」建国25周年!

台風11号、12号、14号、15号・・・ 4週連続で週末に台風の影響

【ご案内】 民放&NHK6局連動『1.5℃ の約束』

皆さま、台風14号の影響はいかがでしたでしょうか。 被害に遭われた方

エネルギーなら、ここにある。

世間は、五輪汚職に旧統一教会との癒着問題で、騒がしい。 ワタクシも当

→もっと見る

  • 2022年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
備蓄米 函南町 無添加ジャム カフェ麦わらぼうし 畑が見える野菜ジュース 畠山重篤さん 丹那トンネル 種蒔人 COBOウエダ家 ジェイラップ 谷川俊太郎 大地を守る会 ムーラン・ナ・ヴァン 酪農王国オラッチェ 丹那盆地 川里賢太郎さん 震災復興 ご当地エネルギー協会 丹那牛乳 藻谷浩介さん 羽山園芸組合 桃ジャム 森は海の恋人 稲田稲作研究会 箱根峠 あかね 自然エネルギー 久津間紀道さん 福島屋さん フルーツバスケット
PAGE TOP ↑