マルチクリーム発売開始!-プレス向け試食会

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 大地を守る会, 日々日々フルーツバスケット, 生産者・産地情報

お彼岸に墓参りをするのは日本だけの風習らしい。
お遍路の国に生まれたくせに信仰心の薄い自分は
その由来も知らず、
高校卒業と同時に東京に出て以来、この時期に墓参りに帰ったことがない。

でも田の畔に咲く彼岸花を見るとどうも血が騒ぎ、
きまって郷愁をそそられてしまうのは、何でだろう。

20150925彼岸花②

稲刈りの始まりとともに咲き、
気持ちを秋のモードに転換させてくれる。
僕にとって彼岸花は、
四季と人生の積み重ねを振り返させる花である。

20150925彼岸花

 

さてと、遅まきながら、15日に行なわれた
「ウエダ家の豆乳発酵マルチクリーム」のプレス向け試食会
の模様をアップしておきたい。

場所は東京・丸の内永楽ビル地下、iiyo(イーヨ)横丁内の
直営店「Daichi & Travel cafe」。

20150915COBO記者発表④

集まっていただいたプレス関係は、
フリーランスの方も含めて30名強。
やっぱ圧倒的に女性が多い。

奥の壁際には、今回のプレゼン商品である
「豆乳発酵マルチクリーム」と「ぶどうバー」に乳酸菌パウダー、
そしてウエダ家さんの著書が並べられた。

20150915COBO記者発表③

まずは大地を守る会の広報・町田正英から挨拶。
お店のPRにも力が入るのは、さすが元マネージャー。

次にMD部・内田智明から、
大地を守る会のウェブサイトの説明と、ウエダ家さんの紹介。
大地を守る会とウエダ家の出会いから始まり、
会員向け講座など開きながら関係が深まってゆき、ついに
ウエダ家さん開発の「自然発酵乳酸菌EPS」を活用した
「新しい食品」群の誕生まで至ったこと、
またその販売計画などが説明された。

20150915COBO記者発表⑤

 

続いて、ウエダ家(COBO株式会社さんの登場。

20150915COBO記者発表⑥

右から社長の植田夏雄さん、亜弥さん、遊さん、好さん。
菌と発酵のコスモスに憑りつかれた「もやしもん」一家。

元々がデザインの仕事をされていた「ウエダ家」さんに、
在来品種野菜の企画「とくたろうさん」(現在の「日本むかし野菜」)
のチラシ制作を発注したのがお付き合いの始まりだが、
その後ウエダ家さんは、天然酵母パンの出版企画がきっかけで、
菌の世界へとのめり込んでいった。

そしてついに、山形・おきたま興農舎が育てた無農薬ササニシキと
自然栽培玄米麹をもとに、自然発酵によって
安定した乳酸菌群(菌叢)を育てることに成功した。
それは「自然乳酸菌EPS」と名付けられ、
ウエダ家が設立したCOBO株式会社で現在、
知財として特許出願されている。

また事務所を置く横浜市からは、
このほど「横浜知財みらい企業」の認定を受けた。
未来を育てる知的財産を有する企業として認められたのである。

そのEPSを使った様々な商品開発に挑んだのが、
我がフルーツバスケットというワケで、
約1年の試行錯誤を経て、ようやっと
第1弾の「豆乳発酵マルチクリーム」が完成した。

20150915COBO記者発表⑦

亜弥さんからマルチクリームの特徴や、
食材としての汎用性の広さ(マルチな力)についてプレゼンがあり、
それを受ける格好で、商品化したメーカーとして、
僕も発言させて頂いた。
今の僕の思いは、こんなふうだ。

EPSが乳酸菌と酵母のネットワークであるなら、
それを基にした商品開発とは、
人と人を、ある価値でネットワークさせるものになるだろう。
ただのユニークな食品開発ではない、
原料生産者から販売者・消費者までを
大きなテーマで包み込んでいく可能性を秘めたものだ。
これはコラボではなく、プロジェクトである。

いよいよ試食の開始。

20150915COBO記者発表⑧

「うわッ、メッチャおいしい、これ!」
といった声が上がり、
記者の集まりとは思えない、
和やかな食事会といった雰囲気が醸し出される。

20150915COBO記者発表⑨

フードアナリストとか食育インストラクターといった
肩書を持つ方々もいて、
僕ら旧世代の固定観念による「マスコミ」という枠では収まらない、
新しいネット情報網を駆使する人たちがやって来ていた。
発見した情報は、
今すでにここから発信されているのである。

20150915COBO記者発表⑩

マルチクリームは9月21日より発売開始。
具体的な商品説明と購入方法については、
大地を守る会・大地宅配のHPからどうぞ。
⇒ http://www.daichi-m.co.jp/foodreport/2614/

 

こちらは第2弾で予定している「自然発酵ぶどうバー」。

20150915COBO記者発表⑪

数千年前から品種改良されてない古代小麦ディンケルの全粒粉。
ぶどうは山梨・渡辺孟のベリーA。
EPSの力で48時間自然発酵して、消化しにくい全粒粉を
しっとりとした甘みのあるバーに仕上げた。
1本で食事になる、モバイル完全栄養食。

20150915COBO記者発表⑫

フルーツバスケット内のケーキ工房
「ムーラン・ナ・ヴァン」にて、
こちらも1年近い試作を繰り返して、
何とか安定的な生産に漕ぎつけた。

20150915COBO記者発表⑬

現在、賞味期限設定の試験中。
商品化するとは、常に一定の品質を保たせる必要がある。
けっこう慎重に考えていて、
発売は、年明けになるか・・・

最後に挨拶に立つ植田夏雄さん。

20150915COBO記者発表⑭

この自然発酵システムによって、
貧しくなるばかりの日本人の腸内フローラを蘇らせたい。

菌の力が人を動かし、新たなネットワークの扉が開かれた。
どんなふうに、どこまで広がっていくのか、
実はまだ、誰も分かっていない。
僕の立場と役割は、ただただ正しく作り、
人をつなげていくことのみである。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

竹林再生へのキックオフ!

皆さま、お久しぶりです。 といっても、もうすっかり忘れ去られたかもし

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
フルーツバスケット ご当地エネルギー協会 丹那トンネル 羽山園芸組合 種蒔人 函南町 丹那牛乳 箱根峠 川里賢太郎さん 備蓄米 大地を守る会 福島屋さん 震災復興 COBOウエダ家 畑が見える野菜ジュース 桃ジャム 森は海の恋人 自然エネルギー ムーラン・ナ・ヴァン ジェイラップ 酪農王国オラッチェ 久津間紀道さん カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム 谷川俊太郎 丹那盆地 畠山重篤さん 稲田稲作研究会 藻谷浩介さん あかね
PAGE TOP ↑