アジロンに白鳳・・・山梨を回る

夏休みに入って、
酪農王国オラッチェにも連日、
子供たちや親子連れの姿が見られる。

こちらオラッチェ夏の人気企画、
「とうもろこし畑の巨大迷路」。

20150725とうもろこし迷路➀

なんだか懐かしい、
草いきれに包まれた夏の思い出が蘇ってくるようだ。

20150725とうもろこし迷路④

迷路のスタートからゴールまで、
早い子で10数分、迷った人で30分。
迷ったほうが楽しめる。
なんて思うのは紆余曲折を経験した大人の心境であって、
子供たちはこぞって時間を競う。
強くなりたい、早く走れるようになりたいんだ。

20150725とうもろこし迷路②

遊びであっても、見えない道の向こうを目指すのは、
冒険である。
とうもろこし畑の巨大迷路は8月いっぱいまで。
どうぞお越しください。
夏の思い出に-

20150725とうもろこし迷路③

 

このくそ暑い中、仮住まいの家の玄関に、
ガマガエルが迷い込んできた。

20150725ガマガエル➀

何やってんだよ、干上がっちゃうぞ。
モタモタ歩いていると車に轢かれるぞ、と
日陰に誘導する。

20150725ガマガエル②

 

22日(水)は、暑苦しい体型の
製造1課長代理・芦沢(元東京農大柔道部)とともに、
山梨までトラックを走らせた。
達人・久津間さんの桃ジャム製造に向けて、
原料となる桃の引き取りである。
日中は避け、夜に走って帰ってくる計画。

途中、勝沼のぶどう生産者・渡辺猛さんに立ち寄る。
寄っとかないと、あとで何言われるかわかんないし。

20150722渡辺ぶどう園③

猛暑に台風(雨)と、今年の栽培管理は
とても難しかったと思う。
周囲で高温障害が発生する中、それでも
渡辺さんは安定して仕上げてきている。
77歳にして、常に研究に余念がない。
説教もきついけど、まあスゴい人ではある。

5町歩(≒ha)という面積に何種類ものブドウを栽培する渡辺さん。
これだけの面積をやる人は、そういない。

この日見せてもらった中で、
注目したのはアジロンダックという品種。

20150722渡辺ぶどう園②

明治時代に登場したアメリカ系のブドウで、
昔は山梨で広く栽培されたらしいのだが、
完熟すると実が取れやすく、流通が難しい。
小売店でも見かけなくなって、
今では “ 幻のブドウ ” と言われるまでになった。

20150722渡辺ぶどう園④

特徴は香りの高さで、ラブルスカ臭(狐臭)が強い。
生でも充分おいしいが、フルーツソース等に加工してみたくなる味と香り、
などとネットでは紹介されている。
何かに使ってみたくなる希少種だ。

大地宅配でも扱っているが、販売期間は短い。
今です、今。

 

夜になって、久津間さんを訪ねる。
今日で白鳳の収穫が終わった、とのこと。
世間の夏休み期間は、彼らにとっては休みなしの
キツい最後の勝負どころである。
まだまだ収穫は続く。

ということで、長居は禁物。
久津間紀道さんと丹沢修さんから取っておいてもらっていた
白鳳をトラックに積んで、丹那まで引き返す。
加工用でも、しっかり選別してくれていた。
いいジャムに仕上げなければ。

20150722久津間桃引き取り

慎重に運転しながらフルーツバスケットまで戻り、
冷凍庫にしまって、作業を終えたのは夜10時を過ぎていた。

7月22日、342㎏の桃が無事入荷。
これからが、こちらの仕事。
このリレーは、負けられない。

 

農産加工屋を引き受けた以上、
できる限りのやり方で生産者を応援したい。
これが僕の、未来へのたたかいである。
その積み重ねの中で、人々を幸せにできたらいい。

週末、自宅に届いた『桃七会』。
その3回目は、やはり白鳳だった。
1925(大正15)年に生まれた古い品種だが、
今も横綱を張り続ける人気は、白鵬など比ではない。

20150725桃七会

久津間さんたちの桃は、やっぱ美味い。
皮ごとしゃぶりついてもいける。
贅沢なひと時に感謝して、夏を乗り切る勢いをつける。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

竹林再生へのキックオフ!

皆さま、お久しぶりです。 といっても、もうすっかり忘れ去られたかもし

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
藻谷浩介さん ご当地エネルギー協会 COBOウエダ家 畠山重篤さん 丹那牛乳 無添加ジャム 酪農王国オラッチェ 種蒔人 桃ジャム 備蓄米 福島屋さん ムーラン・ナ・ヴァン 丹那トンネル 大地を守る会 箱根峠 震災復興 畑が見える野菜ジュース 森は海の恋人 稲田稲作研究会 久津間紀道さん あかね 川里賢太郎さん カフェ麦わらぼうし 丹那盆地 ジェイラップ 谷川俊太郎 フルーツバスケット 函南町 羽山園芸組合 自然エネルギー
PAGE TOP ↑