立夏の一日

公開日: : 最終更新日:2015/05/11 雑記その他

今日は旧暦三月十八日、二四節気の立夏にあたる。
だいたい “ 春の穏やかな日 ” というのは意外と少ないもんで、
季節はこれから夏の勢力が増してくる。

春の風物詩で「これは守りたい」と思うひとつが、
燕の到来だ。
今年もオラッチェに戻ってきてくれた。

20150506立夏➀

気を利かして傘が逆さまにぶら下げられている。
赤ちゃんが落っこちないように?
いえ、お客さんの頭にヘンなものが落ちないように、
ってことでしょう。
お客様はワガママな神様なのです。
僕自身、売る時と買う時では別人になったりします。

田んぼの害虫を食べてくれる渡り鳥。
軒下や玄関に巣をつくられた家は商売が繁盛する、
という言い伝えもある。
丹那で安心して子育てして、旅立ってほしい。
大事にしましょうね。

20150506立夏②

 

去年の6月に越してきてから、
まったく手つかずにしていた庭の一角で、
秋にばら撒いておいた種の花が咲いた。
マメ科の緑肥作物、ヘアリーベッチ。

20150506立夏③

アレロパシー作用で雑草抑制効果がある。
加えてミツバチが採蜜に集まってくるんじゃないかと期待した。
レンゲに代わる花として、遊びのつもりだったが、
いっぱい咲いてくれた。
この後どうする? の計画はまだ、なんもない。
本当は田んぼに蒔くといい緑肥なんだけど。

20150506立夏⑤

合わせて何という花だろう、このキク科の植物。
去年来た時にはいなかったと思うんだが、
なんか、ヘアリーベッチに負けず幅を広げている。

20150506立夏⑥

20150506立夏⑦

花と虫は共生する。
この多様なネットワークを守っておくことが、
生物ピラミッドの頂点に立つ種の基本的な見識だと思うのだが、
ヒトの倫理はどんどん退化していってる気がしてならない。
自らの種の寿命を縮めていってるにも拘らず。

 

GWの最終日。
ようやく重い腰を上げて、正面の庭の手入れに挑んだ。
イタドリが2m以上に伸びて、藪と化していた。
半日かけて開墾した。

20150506立夏⑧

イタドリは地下茎をしっかり伸ばしていて、
他の雑草も根が張っていて、なかなかに難儀したけど
なんとか取った。
出てくる石も多いこと。
庭なんかどうでもいいと思ってたけど、
仕事するうちにやる気が増してくる、畑にしたいと。

20150506立夏⑨

刈り取ったイタドリなどデカい奴ら。
枯らせてマルチにするか・・・
この別荘地の周囲の住民たちは、
刈った草木はゴミ袋に入れて出している。
ワタクシとしては、やはりもったいない。
土にうまく返していくようにしたい。

20150506立夏⑩

ここに今日、最初に植えたのは傾斜の植木の下にミョウガ。
さてこのあと、どうしようか。。
本音はミニチュア・アグロフォレストリーの姿に
してみたいんだけど。。。

しかし今日の作業で最も驚いたのが、
玄関の桜の木の根がしっかりと
庭全体と家の下まで張り巡らされていたことだ。
桜の木の下には死体ではなく、
恐るべき根が他を圧倒していた・・・

20150506立夏⑪

何本かの枝根は切らせてもらった。
この時期に切るのがいいのか迷ったけど。
ヒトの手が入ることによって多様性を豊かにさせる、
そんな空間が作れないだろうか。
細やかな遊びだけれども。

仕事を終えて顔を洗えば、
顔の何カ所が虫に刺され、腫れ始めていた。
生態系をかく乱した天敵としての報いだ。
これも楽しいたたかいではある。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

竹林再生へのキックオフ!

皆さま、お久しぶりです。 といっても、もうすっかり忘れ去られたかもし

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
自然エネルギー ムーラン・ナ・ヴァン 川里賢太郎さん 種蒔人 ジェイラップ フルーツバスケット 福島屋さん 羽山園芸組合 丹那牛乳 備蓄米 畠山重篤さん 函南町 谷川俊太郎 桃ジャム あかね カフェ麦わらぼうし 箱根峠 藻谷浩介さん 久津間紀道さん 畑が見える野菜ジュース 丹那トンネル ご当地エネルギー協会 丹那盆地 COBOウエダ家 稲田稲作研究会 酪農王国オラッチェ 大地を守る会 無添加ジャム 森は海の恋人 震災復興
PAGE TOP ↑