「 月別アーカイブ:2022年07月 」 一覧

「竹」が創る未来・・へのトライアル

2022/07/28 | 竹林再生

“ 茹(う)だるような暑さ ” という表現があるけど、 このところの暑さは、そんなもんじゃないね。 “ 焼ける ” でもモノ足りない。 “ 燃える ” 暑さだ。 おかげ様でか、かき氷シロップ

続きを見る

“ 成熟した民主主義国家 ” ・・・なのか

2022/07/16 | 雑記その他

今年の夏は、セミの声が聞こえてこない。。。 そう思っていたら、7月13日、 ようやくクマゼミの鳴き声(羽音だけど)を聞いた。 しかし、どうも寂しい。 一斉にシャーシャーシャーシャーと鳴き出

続きを見る

「有機農業は “ 生き方 ” だ」-小林芳正さんを悼む

続いて、竹材活用の新たな可能性を探って 静岡市まで出向いた話を書こうと思っていたところ、 7月6日(水)の昼過ぎ、 大和川酒造店の佐藤和典さん(6月まで社長、現在顧問) から携帯に電話が入り、

続きを見る

「ひまわり」と戦争・・・

7月に入り、酪農王国オラッチェの入口では ヒマワリの花が咲いて、皆様をお出迎えしています。   記録的な短さで梅雨が明け、いきなりの猛暑となりましたが、 皆さまお変わ

続きを見る

ワイン用ぶどうで作った “ 品格ある ” ジュースの完成!

党派・結社に倚らず、組織的しがらみの空気も読まず、 権力的地位の濫用

「どんど焼き」とともに、遠吠えを

岸田首相の年頭会見には、まだ言いたいことがある。 「本日の遠吠え」を

“ withコロナ ” 時代は腸活で-

新年早々、この国の首相がこう宣(のたま)われた。 「インフレ率を

「謹賀新年」-恒例の賀状も最後でしょうか・・

皆さま。 明けましておめでとうございます。 1月4日より、予定通り

対立から連携へ~ じゃなくて・・

2022年も残すところ今日を含めて2日となり、 ついに書き切れず季節

→もっと見る

  • 2022年7月
    « 6月   8月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
函南町 フルーツバスケット 丹那盆地 丹那牛乳 久津間紀道さん 備蓄米 カフェ麦わらぼうし ご当地エネルギー協会 大地を守る会 丹那トンネル 稲田稲作研究会 箱根峠 ムーラン・ナ・ヴァン 畠山重篤さん 藻谷浩介さん 谷川俊太郎 福島屋さん あかね 川里賢太郎さん 震災復興 無添加ジャム 桃ジャム COBOウエダ家 自然エネルギー 酪農王国オラッチェ 種蒔人 ジェイラップ 羽山園芸組合 畑が見える野菜ジュース 森は海の恋人
PAGE TOP ↑