「 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ 」 一覧

「ひまわり」と戦争・・・

7月に入り、酪農王国オラッチェの入口では ヒマワリの花が咲いて、皆様をお出迎えしています。   記録的な短さで梅雨が明け、いきなりの猛暑となりましたが、 皆さまお変わ

続きを見る

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。 昨日から、緊急事態宣言は6都府県に広がって、 期間も8月いっぱいまで延長された。 ここ静岡県東部でも感染拡大が顕著になってき

続きを見る

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊急事態の地域が関西・中部・福岡にも拡大され、 静岡県は対象外ではあるものの、 酪農王国オラッチェは、 昨年春に続いて臨時休園

続きを見る

土台を・・・

11月20日、手むきみかんジュースの製造が始まった。 我が社では、これが冬に入ったシグナルとなる。 自社製品の製造に加えて、 県内外の生産者からの製造依頼も入ってくる。 今年はわり

続きを見る

秋の王国と、伊豆の森林(もり)づくり

10月28日(水)撮影。 秋晴れの下、酪農王国オラッチェでは、 満開のコスモスが皆さまをお迎えしています。 オラッチェに入るには、 マスク着用と手のアルコール消毒が入国条件となりま

続きを見る

アメリカよ、大丈夫か?

前回の「田んぼは牛乳も~」で、 ひとつ書き忘れたことがある。 水田は主食であるコメや畜産飼料を生産するだけでなく、 エネルギーだってつくり出すことができる。 そう、アルコールである。 僕

続きを見る

田んぼは牛乳も育てている

10月6日撮影。 収穫を終えた田んぼに、稲ワラの ホールクロップ・サイレージがお目見え。 稲刈りが終わって、しばらくワラがそのまま放置(乾燥) されていたけど、そうか、飼料にするた

続きを見る

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/12)も夕方から雨。 とにかく毎日、雨、雨、雨、あるいは「曇りのち雨」の連続。 今年の梅雨前線はしつこい。 いやこれも、気候変

続きを見る

切なくも美しい、大根畑

前回ご紹介させて頂いた「有機レモンのレモネード」。 弊社ウェブストアでもご購入できるようになりました。 よろしかったらぜひ一度、お試しくださいませ。  ⇒ http://www.fruitbas

続きを見る

今を「歴史」として学び、生きる。

あれよ、という間に桜の季節は過ぎ去り・・・ 早や鯉のぼりの季節。   丹那盆地では今、 サギたちが餌を食む光景が人々を癒してくれている。 この盆

続きを見る

no image
“ 成熟した民主主義国家 ” ・・・なのか

今年の夏は、セミの声が聞こえてこない。。。 そう思っていたら、7

「有機農業は “ 生き方 ” だ」-小林芳正さんを悼む

続いて、竹材活用の新たな可能性を探って 静岡市まで出向いた話を書こう

「ひまわり」と戦争・・・

7月に入り、酪農王国オラッチェの入口では ヒマワリの花が咲いて、皆様

会津のトランプ? いや、バイデンでしょ。

「クラリズム」では、 当主(大和川酒造店会長)・佐藤彌右衛門(やえも

「クラリズム」 - 平和を願って

「クラリズム」レポートの続き。   大和川酒造店

→もっと見る

  • 2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
藻谷浩介さん 畑が見える野菜ジュース 畠山重篤さん あかね 大地を守る会 久津間紀道さん 丹那盆地 函南町 丹那トンネル 備蓄米 種蒔人 自然エネルギー 無添加ジャム フルーツバスケット COBOウエダ家 谷川俊太郎 丹那牛乳 羽山園芸組合 森は海の恋人 震災復興 桃ジャム 酪農王国オラッチェ ムーラン・ナ・ヴァン ジェイラップ 福島屋さん 稲田稲作研究会 川里賢太郎さん カフェ麦わらぼうし ご当地エネルギー協会 箱根峠
PAGE TOP ↑