「 雑記その他 」 一覧

「水」がつなぐ、ということに・・

田植えが進んだ丹那盆地。   上から撮ってみたくなって、少し山を登ってみる。 もっと登れば、あるいは別な角度の道だと もっと眺望のいいスポットがあるんだけ

続きを見る

「願」成就を祈る、いや「誓う」で

その昔、桃源郷とも呼ばれた丹那盆地。 令和元年となった日の風景。 気淑(よ)く風和らぎ・・・ いや今日のここは、風さやかに~ だ。 レンガ色の建物に囲まれた一角が、フルーツバス

続きを見る

元号の変わり目に-

5月1日をもって日本の元号が「令和」になります。 「初春令月 気淑風和  (初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ~)」 国書か漢書かといった議論にはヤな空気を感じるけど、 世間的にはほぼ

続きを見る

甲子園と「農家オブザイヤー」を考える。

この場で私的な話題を出して恐縮ですが、 私の母校(徳島県立富岡西高校)が21世紀枠で選ばれ、 春のセンバツ高校野球に出場することになりました。 学校創立123年、創部120年にして初の甲子園出場

続きを見る

新年に「嘘」を語る悲しき時代よ

皆さま。 遅まきながら、明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 1月4日(金)朝7時10分。 アパートの玄関を出たところで、富士に一礼。

続きを見る

自然に翻弄された平成最後の夏

遅ればせながら、台風21号と北海道地震で被害に遭われた方々に 心よりお見舞い申し上げます。 また一日も早く暮らしの安寧が戻られることを願っております。   台風21号では、台

続きを見る

暑い夏の終わりに

恐ろしく暑かった8月も終わるけど、まだクソ暑い。 それでも少しばかり風は変わってきていて、 標高240mの丹那盆地に吹く今日の風はわりと爽やかだ。 夜には鈴虫の音も聞こえ、 秋がそこに来ている

続きを見る

遊雲の里で、40年ぶりの再会

人生には不思議なタイミングで邂逅が重なることがある。 しかもこんな縁ってあるのか、というような 驚きの再会がクロスして現れることが、人生にはあったりする。 そんな時には、強い引力が働く。

続きを見る

段々色ギャラリー

被災地支援に提供した有機緑茶 「にっぽんのお茶」の顛末。 12日に三原市から呉市に運ばれたところまで お伝えしましたが、救援物資が殺到したのか、 13日になって呉市が物資受け入れをいったん

続きを見る

賢者に学びながら・・

探検家・関野吉晴さんと 大地を守る会代表・藤田さんとの対談があると聞いて、 藤田さんにお貸しした一冊の本。 『人類滅亡を避ける道 -関野吉晴対談集』 現代文明は大きな病を抱えている

続きを見る

竹林再生へのキックオフ!

皆さま、お久しぶりです。 といっても、もうすっかり忘れ去られたかもし

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

→もっと見る

  • 2021年12月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
COBOウエダ家 畑が見える野菜ジュース ムーラン・ナ・ヴァン 種蒔人 あかね 箱根峠 谷川俊太郎 畠山重篤さん 丹那盆地 丹那牛乳 自然エネルギー カフェ麦わらぼうし ジェイラップ 桃ジャム 震災復興 フルーツバスケット 久津間紀道さん 大地を守る会 備蓄米 福島屋さん 稲田稲作研究会 藻谷浩介さん 丹那トンネル 川里賢太郎さん 函南町 森は海の恋人 酪農王国オラッチェ 羽山園芸組合 ご当地エネルギー協会 無添加ジャム
PAGE TOP ↑