「 COBOウエダ家 」 一覧

横浜に COBO さん新ラボ・オープン。

17日(金)は新人の歓迎会で一杯やって、 その足で夜のうちに東京までたどり着いて、 翌18日、岩手まで向かう。 10時15分、東北新幹線・新花巻駅集合に無事間に合って、 次に乗り込んだのは

続きを見る

大地を守る会の「オーガニックフェスタ」

昨日(3月5日)は成田まで出向き、 さんぶ野菜ネットワークの総会に出席した。 4年前の3.11、地震によって流会となった総会で、 記念講演に呼んでいた金子勝慶応大学教授を、今回改めて招聘した。

続きを見る

3月1日「大地を守る東京集会」、COBOさんと出品します。

過去に眼を閉ざす者は、現在にも盲目であり、 未来にも同じ過ちを犯すだろう。 非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、 また同じ危険に陥りやすい。 東西統一時代をまたいでドイツの大統領を務め、

続きを見る

根府川の海

なかなか小さな成果も報告できない日々が 続いている。 25日は、いま注目のスーパーマーケット経営者、 福島屋の福島徹会長を訪ね、COBOさんとの 新しい商品開発にアドバイスをいただく。

続きを見る

自然乳酸菌から新しい可能性が広がる、か・・

僕がFB(フルーツバスケット)に赴任したことで、 丹那までやって来てくれた方が何人かいる。 その一人が COBO(こうぼ)株式会社の植田夏雄さんだ。 「ウエダ家」の名でご存知の方も多いかと思う。

続きを見る

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行し

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
桃ジャム 丹那牛乳 種蒔人 丹那トンネル 畠山重篤さん 箱根峠 震災復興 カフェ麦わらぼうし 畑が見える野菜ジュース 森は海の恋人 酪農王国オラッチェ フルーツバスケット 丹那盆地 ご当地エネルギー協会 ジェイラップ 谷川俊太郎 ムーラン・ナ・ヴァン 福島屋さん あかね 自然エネルギー 無添加ジャム 羽山園芸組合 COBOウエダ家 藻谷浩介さん 函南町 久津間紀道さん 稲田稲作研究会 川里賢太郎さん 備蓄米 大地を守る会
PAGE TOP ↑