「 丹那盆地 」 一覧

2014年、閉店です。

今朝の丹那盆地は霧の中にあった。 昨日から事務所の掃除をやって、 身の回りを片付けて、残した宿題がいくつもあるが、 本年ここまで! と開き直る。 6月から勤務地が変わり、単身赴

続きを見る

秋深し、丹那盆地まつり

国内での生乳の生産量が年々減少の一途をたどり、 その影響で各社の乳製品の値上がりが続いている。 スターバックスさんなど、商品のリニュアルで 原料価格上昇分を吸収しようとしているところもある。

続きを見る

いつの日か、丹那のカラスが「コンニチワ!」

閑話休題。 日頃のストレス解消に、おバカと言われそうな 話をひとつ。 丹那にはカラスが多い。 しかも、けっこう肥えている。 栄養が行き届いているようだ。 稲刈り後の田んぼでは、

続きを見る

「加工」は人類を進化させ、しかし退化もさせる。

通勤途中にある、丘の上の畑。 夏にはデントコーン(飼料用トウモロコシ)が茂っていた。 この写真は10月中旬に撮ったもの。 ソバの花が満開だった。 デントコーンと牧草の連作なら聞いた

続きを見る

11/8(土)は 「丹那盆地まつり」 です!

夏がオラッチェの「王国祭」なら、 秋は「丹那盆地まつり」ィ! ってことのようです。 11月8日(土)、酪農王国オラッチェにて開催です。 実は僕も初めてなので、規模感はつかめないの

続きを見る

丹那盆地、秋の一日

南箱根ダイヤランドという別荘地に居住するのは、 どうも腰が落ち着かないというか、 やっぱ多少の罪悪感を覚えてしまう。 専務と呼ばれるようになっても、 長年培ったプロレタリアート根性は、そう簡単

続きを見る

風の谷にやってきた。

ここはいつも風が吹いている。 爽やかな風の日もあれば、湿り気たっぷりの日もあり、 静かにそよぐ日もあれば、時に嵐のような強風が吹き荒れたりしながら、 いつも風が流れている。 ここでつくられる地

続きを見る

元号の変わり目に-

5月1日をもって日本の元号が「令和」になります。 「初春令月 気淑風

一粒の涙に希望があることを-

21世紀枠の母校自慢はあと回しにして、 前回の最後に紹介したかった詩

“忘れない” を誓う日

3月はプレッシャーの月である。 年度末の総括に決算、来期予算編成、人

甲子園と「農家オブザイヤー」を考える。

この場で私的な話題を出して恐縮ですが、 私の母校(徳島県立富岡西高校

3ブランドによる価値創造はこれから、だ

県民投票による民意を「真摯に受け止め」ながら「軽く無視」して、 強引

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
大地を守る会 川里賢太郎さん 種蒔人 COBOウエダ家 自然エネルギー 函南町 ご当地エネルギー協会 福島屋さん 震災復興 畠山重篤さん 羽山園芸組合 畑が見える野菜ジュース 森は海の恋人 酪農王国オラッチェ カフェ麦わらぼうし 桃ジャム 無添加ジャム 稲田稲作研究会 藻谷浩介さん 谷川俊太郎 丹那盆地 備蓄米 丹那牛乳 フルーツバスケット ジェイラップ 箱根峠 丹那トンネル 久津間紀道さん あかね ムーラン・ナ・ヴァン
PAGE TOP ↑