『おだやかな革命』完成と、彌右衛門の涙

政局がすごいことになってますね。 わたくし的には、とにもかくにも現政権の驕りと高ぶりには 厳しく鉄槌を下す必要がある、という見解です。 加えて、北朝鮮問題と憲法改正は別ものであること。 多少の

続きを見る

『オラッチェ』開国20周年

9月23-24日の両日、 『酪農王国オラッチェ』では、 開国20周年を迎え、感謝のイベントが催された。 前日からの雨で空模様が心配されたが、 時に晴れ間も見える曇天で、何とか持ってくれた。

続きを見る

北海道に今年も台風上陸、コーン倒れる。

9月18日、台風一過の丹那盆地。 日差しはまだ強さが残るが、 爽やかな風が吹いて、 秋がこれから深まっていくことを感じさせる。 すでに収穫期を迎えた田んぼ。 倒伏も少なく、乗り切

続きを見る

『風土 ㏌ FOOD』と「郷酒」の金賞

越後妻有のレポートをしつこく続けている間に、 専門委員会「米プロジェクト21」(以下、米プロ) の別動隊からは、 同じ日(8/5)に須賀川(福島県)で開催された 『風土 in FOOD』の楽し

続きを見る

『大地の芸術祭』の里めぐり-④

新潟の山里に来て、ミナマタを想い出す。 北川フラムさんともお会いすることができて。。。 こういう縁をつかむことができたのも、 道を変えずに(正しいかどうかは別として) 生きてきたことの証し

続きを見る

『大地の芸術祭』の里めぐり-③

「食」こそ芸術である。 ー『大地の芸術祭』の総合ディレクター、   北川フラム氏が発するテーゼの一つだ。 そもそもこの芸術祭は、 自然をバックに「芸術家」によるアート作品を並べて 観光客

続きを見る

『大地の芸術祭』の里めぐり ー②

『大地の芸術祭』の里めぐり、その2。 今回のツアーでは、廃校を利用した展示を いくつか回った。 それで「廃校が多い地域だなぁ」と つい漏らしてしまったのだが、 考えるまでもなく、 それ

続きを見る

『大地の芸術祭』の里めぐり

さてと、この体験をどうまとめればいいか。。。 たんなる報告や感想で終われない気がしてしまうのは、 おそらく僕がいつか形にしたいと考えていたテーマに、 深くクロスしてしまったからだと思われる。

続きを見る

夏休みには、アイスクリーム作り体験を

続いて8月10日(木)。 酪農王国オラッチェに、パルシステム生協静岡の 組合員さんたちがやってきた。 パルシステム静岡・伊豆産地交流会 『家族で参加、アイスクリーム作り体験』会。

続きを見る

今年も届いた、桃とパイナップル

新潟・越後妻有レポート・・・ まだ整理できず、 この間の報告を先にすませます。   8月8日、大地を守る会から取材陣がやってきた。 機関誌『NEWS大地を守る』10月号で、

続きを見る

『風土 ㏌ FOOD』の9年

長引いた梅雨のせいだろうか、 今年はクマゼミの鳴き声(羽音ですが)を

ヤエモンさんとの約束

7月28日、東海地方もようやく梅雨が明けました。 正確には「明けたと

茶畑ソーラーシェアリング

前回からの続きを。 6月29日(土)、 「全国ご当地エネルギー

金子教授、「ご当地エネ」総会で吠える

記録的な日照不足と低温が続いています。 なんでも1993(平成5)年

森は海の恋人(後編)

本日、社員・パートさんたちに夏季ボーナスを支給。 社員とは事前に

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
震災復興 ご当地エネルギー協会 ジェイラップ 函南町 酪農王国オラッチェ 藻谷浩介さん 丹那盆地 羽山園芸組合 谷川俊太郎 備蓄米 久津間紀道さん あかね ムーラン・ナ・ヴァン 畠山重篤さん 丹那トンネル 畑が見える野菜ジュース 稲田稲作研究会 大地を守る会 フルーツバスケット 丹那牛乳 福島屋さん 自然エネルギー 箱根峠 森は海の恋人 カフェ麦わらぼうし 桃ジャム 無添加ジャム 種蒔人 川里賢太郎さん COBOウエダ家
PAGE TOP ↑