どうする? 日本の水道

2019/09/06 | 食・農業・環境

このところまったく書けませんでした。 夜になると、どうもダレてしまって、ダメでした。 寄る年波? いやいやまだまだ、と自分を奮い立たせても、 つい様々な事象に気を奪われてしまって、 つい一杯

続きを見る

パルシステム・夏の産地交流会 ㏌ 丹那

8月6日、農林水産省が 昨年(2018年)度の食料自給率を発表しました。 カロリーベースでの自給率は前年から1ポイント下がって 37%。記録を取り始めた1960年度以降、 最低の数字。コメの大

続きを見る

『風土 ㏌ FOOD』の9年

長引いた梅雨のせいだろうか、 今年はクマゼミの鳴き声(羽音ですが)を聞いたのが 7月も後半に入ってからだった。 すでに赤とんぼを里で見かけるようになっていて、 この時期に癒してくれるヒグラシの

続きを見る

ヤエモンさんとの約束

7月28日、東海地方もようやく梅雨が明けました。 正確には「明けたと思われる」ですが。。。 平年より1週間遅く、異常に早かった昨年とは19日の差がある。 毎年々々、フツーじゃない天候に振り回

続きを見る

茶畑ソーラーシェアリング

前回からの続きを。 6月29日(土)、 「全国ご当地エネルギー協会」定期総会の前日、 営農型太陽光発電の事例を学ぼうと、 茶畑ソーラーシェアリングの現場を訪ねた。 場所は菊川市、㈱流

続きを見る

金子教授、「ご当地エネ」総会で吠える

記録的な日照不足と低温が続いています。 なんでも1993(平成5)年以来だとか。 忘れもしない、あの「平成の米パニック」の年以来・・ 気になっていたエルニーニョは終息したようで、 このまま冷夏

続きを見る

森は海の恋人(後編)

2019/07/10 | 食・農業・環境

本日、社員・パートさんたちに夏季ボーナスを支給。 社員とは事前に面談を実施して評価を確認し合っているので、 明細書が入っているだけの封筒を渡したところで、 喜びの色も失望の色も、ほぼない。

続きを見る

森は海の恋人

「森と川、海がつながり、鉄が供給されれば美しい故郷はよみがえる。」 「人の気持ちがやさしくなれば自然はよみがえる。」   -『牡蠣の森と生きる ~「森は海の恋人」の30年~ 』    (畠山重篤

続きを見る

首がつながった6月

あれやこれやと仕事に追われているうちに、 「森は海の恋人」植樹祭の報告もまとめられないまま、 20日、フルーツバスケットの株主総会を迎えまして、 役員の改選もあって少々緊張して臨んだところ、

続きを見る

麦秋の一日

6月2日に開催された「森は海の恋人」植樹祭の報告をしなきゃ と思いつつも、いろいろと思いが拡散してうまく整理できず、 先に直近の報告を。   ご注文を賜りながら偉そうにケチつ

続きを見る

竹林再生へのキックオフ!

皆さま、お久しぶりです。 といっても、もうすっかり忘れ去られたかもし

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
ジェイラップ 谷川俊太郎 丹那牛乳 酪農王国オラッチェ カフェ麦わらぼうし 久津間紀道さん 丹那トンネル 大地を守る会 藻谷浩介さん 丹那盆地 自然エネルギー 箱根峠 ご当地エネルギー協会 備蓄米 羽山園芸組合 福島屋さん 函南町 畑が見える野菜ジュース フルーツバスケット 震災復興 桃ジャム COBOウエダ家 川里賢太郎さん 無添加ジャム あかね 稲田稲作研究会 種蒔人 畠山重篤さん ムーラン・ナ・ヴァン 森は海の恋人
PAGE TOP ↑