丹那盆地、秋の一日

2014/09/23 | かんなみ百景

南箱根ダイヤランドという別荘地に居住するのは、 どうも腰が落ち着かないというか、 やっぱ多少の罪悪感を覚えてしまう。 専務と呼ばれるようになっても、 長年培ったプロレタリアート根性は、そう簡単

続きを見る

“ されどジャム ” へのこだわり

「たかがジャム、されどジャム」 と フルーツバスケット・加藤保明社長は語る。 “ されど・・・ ” に込めた創業者の思いは、 おいそれとは伝えられないけれども、 それでも、こだわりのポイン

続きを見る

17周年王国祭

前回のあかねジャムの色合いが気になって、 もう一度撮り直す。 まだこっちのほうが本物に近いか。 腕も装置もないもんで、すみません。 さて、この土日は酪農王国オラッチェ建国17周年の「王

続きを見る

ジャム三昧(ざんまい)

(株)フルーツバスケット(FB) 製造一課では 日々各種の製造に励んでいるが、 メインのアイテムは何と言ってもジャムである。 9月に入ってからの製造スケジュールをたどってみると、 ベリーベ

続きを見る

「大地を守る会の備蓄米」 21年目の収穫祭、参加者募集中!

静岡・函南に勤務地は変わっても、 大地を守る会の専門委員会「米プロジェクト21」担当は しつこく継続しているのでありまして、 したがってこの時期になると、恒例の 『 大地を守る会の備蓄米「大地

続きを見る

9月20‐21は王国祭りへ

函南(かんなみ) という地名は、 “ 箱根の南 ”  という意味である。 標高 846m の箱根峠は、函南町の北限にあたる。 ここから北(手前) は神奈川県箱根町。 小田原から箱根

続きを見る

風の谷にやってきた。

ここはいつも風が吹いている。 爽やかな風の日もあれば、湿り気たっぷりの日もあり、 静かにそよぐ日もあれば、時に嵐のような強風が吹き荒れたりしながら、 いつも風が流れている。 ここでつくられる地

続きを見る

「小満」の風景から、コロナ後を考える

季節は二十四節気の「小満」。 麦の穂が稔り、生気が満ちてくる時節。

We Support - 医療従事者に「食」で支援

北海道と大阪の知事が人気だそうです。 たしかに、若くてイケメンで・・

ささやかでも -函南町にマスクを届ける。

マスコミによる感染者の発表というのが、どうも気に入らない。 前にもチ

「いちごジャム」でミニHACCP

函南町畑(はた)の茶畑から眺めた富士。 丹那盆地の周辺はいま

ペストの中で、職務を果たす(カミュから)

本日、緊急事態宣言が5月末まで延長されました。 不要不急の外出自粛の

→もっと見る

  • 2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
福島屋さん 備蓄米 箱根峠 畑が見える野菜ジュース 丹那盆地 自然エネルギー 羽山園芸組合 無添加ジャム ムーラン・ナ・ヴァン 桃ジャム 畠山重篤さん あかね COBOウエダ家 川里賢太郎さん ジェイラップ 酪農王国オラッチェ 震災復興 種蒔人 丹那トンネル フルーツバスケット 藻谷浩介さん ご当地エネルギー協会 函南町 稲田稲作研究会 丹那牛乳 久津間紀道さん 大地を守る会 カフェ麦わらぼうし 谷川俊太郎 森は海の恋人
PAGE TOP ↑