「水」がつなぐ、ということに・・

田植えが進んだ丹那盆地。   上から撮ってみたくなって、少し山を登ってみる。 もっと登れば、あるいは別な角度の道だと もっと眺望のいいスポットがあるんだけ

続きを見る

3年ぶりの「堰さらい」で憂うこの国の姿

3年ぶりに帰ってきた。 「帰ってきた」とはおこがましいか。 以前だって年に1~2回しか訪ねて来なかった場所である。 でも、気分は「帰ってきたぞ~」なのだ。 福島県喜多方市山都町、本木集落。

続きを見る

「願」成就を祈る、いや「誓う」で

その昔、桃源郷とも呼ばれた丹那盆地。 令和元年となった日の風景。 気淑(よ)く風和らぎ・・・ いや今日のここは、風さやかに~ だ。 レンガ色の建物に囲まれた一角が、フルーツバス

続きを見る

「平成」最後の日に

4月30日、「平成」最後の日。 世間はまるで大晦日のような雰囲気だ。 そんなお祭りムードで元号の変わり目を喜びバカ騒ぎできるのも、 崩御でなく生前での皇位継承によるからであって、 30年前の、

続きを見る

年々早まるパインの収穫にG20・・

藪のほうから鶯の鳴き声が聞こえてくる。 ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ケキョ! ・・・ン? 数十メートル離れたところからもう一羽。 ホー、ホケキョ!-カンペキだ。 ベテランと新人の競演、いやたたかいの

続きを見る

元号の変わり目に-

5月1日をもって日本の元号が「令和」になります。 「初春令月 気淑風和  (初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ~)」 国書か漢書かといった議論にはヤな空気を感じるけど、 世間的にはほぼ

続きを見る

一粒の涙に希望があることを-

21世紀枠の母校自慢はあと回しにして、 前回の最後に紹介したかった詩をアップします。 正確には、被災した福島の、女子高生の日記です。   私の周りでは、 原発を恐れて救

続きを見る

“忘れない” を誓う日

3月はプレッシャーの月である。 年度末の総括に決算、来期予算編成、人事考課・・・ 懸案だった就業規則の改定も終わらせたい。。。 中小企業のシャチョーが孤独とたたかう3月。 楽観主義者にならない

続きを見る

甲子園と「農家オブザイヤー」を考える。

この場で私的な話題を出して恐縮ですが、 私の母校(徳島県立富岡西高校)が21世紀枠で選ばれ、 春のセンバツ高校野球に出場することになりました。 学校創立123年、創部120年にして初の甲子園出場

続きを見る

3ブランドによる価値創造はこれから、だ

県民投票による民意を「真摯に受け止め」ながら「軽く無視」して、 強引に進められる辺野古の基地建設は、どうやら 辺野古自身によって(まさに)泥沼にはまっていってるようです。 霞ヶ関では、「隠し

続きを見る

為すべきことを為す

遅ればせながらですが- 皆さま、明けましておめでとうございます。

「大和魂」を胸に刻んで

醜悪、汚らわしい・・ 日本中の桜が泣いているぞ! 恥を知れ! と言

桜まで汚された令和元年、でも希望は捨てずに…

我が社ケーキ工房のX'masイベントも終わり、 いよいよ年の瀬を迎え

10月のプレイバック(後半戦)

今さら感は拭えませんが、 まだ復旧途上の場所も多く、避難生活が続いて

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。

→もっと見る

  • 2020年3月
    « 1月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
酪農王国オラッチェ ジェイラップ 箱根峠 丹那トンネル カフェ麦わらぼうし 森は海の恋人 震災復興 無添加ジャム 種蒔人 COBOウエダ家 川里賢太郎さん あかね 函南町 自然エネルギー 谷川俊太郎 羽山園芸組合 畠山重篤さん 丹那盆地 ムーラン・ナ・ヴァン 桃ジャム 備蓄米 畑が見える野菜ジュース フルーツバスケット 丹那牛乳 久津間紀道さん 大地を守る会 稲田稲作研究会 藻谷浩介さん 福島屋さん ご当地エネルギー協会
PAGE TOP ↑