テロが増殖してゆく・・

2015/01/20 | 雑記その他

この日記を書けるのはほとんど夜しかないのに、 このところは毎晩ニュースなんか見てしまって、 何も書けなくなってしまっていた。 世界で起きている事態に驚き、困惑し、 いつの間にか一人で議論を始め

続きを見る

印度料理の店「シタール」さん

お屠蘇気分で遊んだ日記を面白半分で上げてしまったけど、 仕事はちゃんと始めてますので、どうか誤解なきよう願います。 今年の始動は1月5日から。 いきなり大地を守る会幕張本社での会議からスター

続きを見る

ブタにだって・・・

2015/01/07 | 雑記その他

あ、こら! ブタ野郎! ご主人様のパソコンをいじるんじゃない! え、なに?・・・ え? 。 そうなの・・・、エビちゃんブログを読みたかったの、ういヤツ。

続きを見る

未来を信じる生産者とともに、今年も。

老農が言いました。 「どんな冷害に遭っても、爆弾が降りてきた戦時中でも、米づくりは止めなかった。 だから放射能が降っても止めるわけにはいかない」と。 福島県二本松市の有機農家、菅野正寿さんから届

続きを見る

2014年、閉店です。

今朝の丹那盆地は霧の中にあった。 昨日から事務所の掃除をやって、 身の回りを片付けて、残した宿題がいくつもあるが、 本年ここまで! と開き直る。 6月から勤務地が変わり、単身赴

続きを見る

「麦わらぼうし」でブルーベリーを

24日の夜、ムーラン・ナ・ヴァンの前川大造・山崎郁乃が 晴れ晴れとした表情で工房から出てきた。 去年よりずっと多い注文量に対して、 やり切ったという達成感が顔に表れていた。 例年だと相当に疲れ

続きを見る

幸せなクリスマス・イブを願って

12月22日の正午前。 手むきみかんを手伝ったあと、ムーランの工房をのぞく。 おそるおそる・・・ 黙々と作業を進めるパティシエ前川大造と山崎郁乃さん。 今日は包装作業の手伝いに品質管理の引

続きを見る

手むきみかんジュース

地産地消を心がけ、生産者との関係を大切に育ててきた福島屋さん。 地元密着型のスーパーマーケットでもここまでできる、 を実証した胆は、すご腕の経営力でも商才でもなく (もちろんそれもあっただろうが

続きを見る

福島屋さん

静岡に勤務地を移しても、 東京近辺はちょくちょくと徘徊しているわけで、 今日は青梅の手前、羽村まで足を延ばして、 スーパーの福島屋さんを訪ねた。 福島屋さんについてはしばらく前にも触れたけ

続きを見る

食品加工のプロを目指す若者、求ム!

朝、玄関を出ると、庭に霜柱がたっていた。 標高300mを越えると思われる丹那・南箱根ダイヤランドの片隅で、 初めて迎える本格的な冬。 はたして僕は、こういった自然の造形を楽しみながら

続きを見る

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
稲田稲作研究会 畠山重篤さん 森は海の恋人 桃ジャム 丹那牛乳 備蓄米 あかね 箱根峠 羽山園芸組合 久津間紀道さん ムーラン・ナ・ヴァン COBOウエダ家 畑が見える野菜ジュース 丹那トンネル 谷川俊太郎 ご当地エネルギー協会 種蒔人 ジェイラップ 震災復興 川里賢太郎さん フルーツバスケット 福島屋さん 自然エネルギー 藻谷浩介さん 丹那盆地 大地を守る会 無添加ジャム 酪農王国オラッチェ 函南町 カフェ麦わらぼうし
PAGE TOP ↑