アジロンに白鳳・・・山梨を回る

夏休みに入って、 酪農王国オラッチェにも連日、 子供たちや親子連れの姿が見られる。 こちらオラッチェ夏の人気企画、 「とうもろこし畑の巨大迷路」。 なんだか懐かしい、 草い

続きを見る

ヒグラシの季節にオリーブを植える。

一週間ほど前から、夕方になるとヒグラシが鳴くようになった。 森にこだまするその合唱は、一人暮らしに哀愁を運んできて、 けっこうこたえる。 あるいは竹やイタドリの藪と化した裏庭を眺めながら聴くと、

続きを見る

古代小麦ディンケル

いやはや、慣れない社長業に右往左往しております。 銀行や法務局に行ったり、年金事務所に呼び出されたり(悪いことはしてません)・・・ おまけに大地を守る会のHPでの連載(大地ヒストリー) に苦しん

続きを見る

「水道の蛇口」から

一週間くらい前の話。 教育大学の学生さんから1通のメールが届いた。 アドレスをどうやって知ったのか分からないけど、 僕の古いブログを見ての質問だった。 2012年11月19日付「短角ナイト

続きを見る

東急ハンズでかき氷シロップを

夏と言えば、かき氷! じゃないすか。 焼けるような陽射しで汗をかいたあとに、 学校や遊びから帰ってきた子供たちと夕飯前に、 風呂上りに風鈴の音を聞きながら、 あるいは花火を楽しみながら、

続きを見る

足利のレストラン 『ル・クール』

株主総会と取締役会が終わって、役員改選の報告を社内にすると、 みんな何気に普通っぽく、僕を「社長」と呼び始める。 「あ、俺のことか・・・」と戸惑ったりしながら、 自覚を促されているようで、身が締

続きを見る

社長就任報告 & 「達人の桃ジャム」今年こそ

大地を守る会のHPでの連載(大地ストーリー「走り続けて40年~」) を引き受けてから、ブログが後回しになってしまって、 なかなか書けない状態に陥ってます。 すみません。とり急ぎ、以下の報告を。

続きを見る

大地ストーリー「走り続けて40年~」

2015/06/05 | 大地を守る会

6月から大地を守る会のホームページがリニュアルされた。 これまでと違うのは、一品一品の食材について、 そのコンセプトや生まれた背景、ストーリーを より丁寧に伝えようとしていることだと理解している

続きを見る

島岡幹夫、「生きる」

「鬼の松藤」の『天の風~』に続いて、 もう一冊紹介させてほしい。 こちらは「不屈の人」。 窪川原発(建設計画)を止めた男、島岡幹夫。 本の題名は『生きる』。 高知らしい直球勝負だ。 副

続きを見る

天の風に聞け

本日、第3セクターである「酪農王国株式会社」の 株主総会ならびに取締役会が開かれ、 「取締役」という大任を拝命しました。 大地を守る会とフルーツバスケット(FB)は酪農王国の株主で、 大地を守

続きを見る

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
大地を守る会 ムーラン・ナ・ヴァン 畑が見える野菜ジュース 森は海の恋人 桃ジャム ジェイラップ 羽山園芸組合 あかね カフェ麦わらぼうし フルーツバスケット 丹那トンネル 自然エネルギー 種蒔人 備蓄米 ご当地エネルギー協会 酪農王国オラッチェ COBOウエダ家 稲田稲作研究会 藻谷浩介さん 函南町 箱根峠 無添加ジャム 丹那牛乳 丹那盆地 久津間紀道さん 畠山重篤さん 谷川俊太郎 震災復興 川里賢太郎さん 福島屋さん
PAGE TOP ↑