大地ストーリー「走り続けて40年~」

2015/06/05 | 大地を守る会

6月から大地を守る会のホームページがリニュアルされた。 これまでと違うのは、一品一品の食材について、 そのコンセプトや生まれた背景、ストーリーを より丁寧に伝えようとしていることだと理解している

続きを見る

島岡幹夫、「生きる」

「鬼の松藤」の『天の風~』に続いて、 もう一冊紹介させてほしい。 こちらは「不屈の人」。 窪川原発(建設計画)を止めた男、島岡幹夫。 本の題名は『生きる』。 高知らしい直球勝負だ。 副

続きを見る

天の風に聞け

本日、第3セクターである「酪農王国株式会社」の 株主総会ならびに取締役会が開かれ、 「取締役」という大任を拝命しました。 大地を守る会とフルーツバスケット(FB)は酪農王国の株主で、 大地を守

続きを見る

岩手から神奈川へ、旅した苗木を植える

先週土曜日(23日)は、 神奈川県秦野(はだの)市でのコナラの植林に参加してきた。 函南から秦野の山まで車で1時間ちょっと。 集合場所は、秦野市森林組合が運営する 「秦野市里山ふれあいセンター

続きを見る

燕よ

2015/05/21 | 雑記その他

5月14日に報告したツバメの巣の再建が ようやっと完成に近づいたようなので、昨日 写真を一枚撮ってあげた。 ところが、、、である。 昨日の午前中にやけに激しく鳴いていたのが気になっ

続きを見る

田園を守る、未来からの宣託として

昨日は大阪で都構想の是非を問う住民投票が実施され、 緊迫した競り合いとなって、 不謹慎ながら面白がって開票速報を追いかけてしまった。 都構想の是非はともかくとして (どちらにせよ行政と住民

続きを見る

掟に守られてきた原生林

2015/05/16 | かんなみ百景

田んぼに水が入ると、待っていたかのように 一斉にカエルが鳴き始める。 ニホンアマガエルの大合唱だ。 夜、その声に包まれながら残業している自分がいる。 社会人になってウン十年、こんな職場環境は初

続きを見る

盆地が湖に変わる時節

函南原生林の後編をアップしなきゃと思いつつ、 写真を撮り過ぎてピックアップできてません。 そこで話の途中ですが、 台風一過の臨時ニュースを。 一所懸命巣づくりに励んでいた完成前のツバメの巣

続きを見る

函南原生林を歩く

2015/05/10 | かんなみ百景

GWの週を終え、悔しさが募ってくるのは、 仕事の都合とはいえ、 会津・山都での堰さらいボランティアに参加できなかったことだ。 毎年5月4日の朝から行なわれるため、 だいたい3日に入り5日に

続きを見る

立夏の一日

2015/05/06 | 雑記その他

今日は旧暦三月十八日、二四節気の立夏にあたる。 だいたい “ 春の穏やかな日 ” というのは意外と少ないもんで、 季節はこれから夏の勢力が増してくる。 春の風物詩で「これは守りたい」と思うひ

続きを見る

右でも左でもなく・・僕らは前に進めたのか

9月28日(月)。 朝、アパートのドアを開けた途端、 雪を纏った富

食べ散らかされたキャッチフレーズの数々

9月に入り、晴れた日の陽射しはまだきついが、 朝夕の風はさすがに涼し

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
箱根峠 震災復興 稲田稲作研究会 無添加ジャム 藻谷浩介さん 丹那牛乳 ムーラン・ナ・ヴァン 川里賢太郎さん 大地を守る会 羽山園芸組合 福島屋さん 畠山重篤さん 函南町 丹那トンネル 畑が見える野菜ジュース 丹那盆地 カフェ麦わらぼうし 備蓄米 種蒔人 ご当地エネルギー協会 あかね 久津間紀道さん 谷川俊太郎 自然エネルギー 桃ジャム COBOウエダ家 酪農王国オラッチェ ジェイラップ 森は海の恋人 フルーツバスケット
PAGE TOP ↑