IZUに多彩な食あり

国会「安保法案」はいよいよ大詰め。 誰が何と言い、誰がどんな行動をとったのか、 しっかりと記憶にとどめて、 これからの歴史に対する自らの責任を 考えながら生きてゆこうと思う。 悶々と考え

続きを見る

トキと棚田は訴えている。

さてさて、佐渡ツアーのレポートが終わってない。 8月23日(日)、ツアー二日目の報告を。 宿は佐渡市新穂の「民宿おはな」にとった。 前夜は深酒を避け、朝食前の6時に起きて 生椿(はえつばき

続きを見る

8・30 国会包囲!

2015/08/31 | 雑記その他

8月30日(日)。 浦和の自宅から函南に戻る途中。 やっぱり行かねばならないだろうと、国会議事堂を目指した。 安保法制は認められない! その意思だけは示しておきたかった。 呼びかけは、

続きを見る

石垣島パインの加工に挑む

佐渡レポートの途中ですが、 ここで臨時ニュースをひとつ、挟ませて頂きます。   沖縄の生産団体「真南風(まはえ)」の 代表を務める坂本勇一郎さんから、 石垣島パイナップルの余剰

続きを見る

トキとの再会、そして鼓童・・・

「佐渡トキの田んぼを守る会」メンバーの田んぼを巡る。 最初は斎藤真一郎会長の自然栽培のほ場。 2年前と同じ田んぼだが、明らかに様相が違う。 素人目でもイネの姿がよく、実もしっかり入っ

続きを見る

佐渡ツアー実現、トキとの再会

土日(22-23日)、佐渡に行ってきた。 夏休み明けで仕事も溜まってたけど、 少々無理して、こっちを優先させていただいた。 大地を守る会専門委員会「米プロジェクト21」主催、 『トキの田んぼ見

続きを見る

脱ダムから15年、未だ傷癒えぬユズの村

夏休み中に発せられた安部首相の戦後70年談話には、 いろいろと突っ込みたくなるけれど、 ここで触れるのはやめておいて、 代わりに大地を守る会HPで発表された 「私たち大地を守る会の戦後70年談

続きを見る

仕事持参で里帰り

8月13日から18日まで夏休みを頂戴し、 郷里(四国・徳島)に帰ってきた。 といっても徳島県には取引先が2社あり、 それぞれに所用もあって、立ち寄らせていただくことにした。 一社は有機のソース

続きを見る

脱ネオニコは王道で行きたい

郷酒を楽しんだ翌日(8月7日)。 大地を守る会の幕張本社に出向き、午前は藤田社長との打ち合わせ。 そして午後は、幕張テクノガーデン内の会議室にて、 『脱ネオニコチノイド農薬についての生産者会議』

続きを見る

「郷酒(さとざけ)」 5年連続金賞!

暦では立秋を迎えても、まだまだ猛暑でしょうか。 皆様、残暑お見舞い申し上げます。 さてと。。。 あっという間に月日が経っていきますが、 8月6日(木)の報告を。 この日は午後に会社を

続きを見る

フランス人子供たちの森づくり体験

標高235mの丹那盆地に吹く風も、 だいぶ冷ややかになってきた。

南伊豆を回る

新型コロナのクラスターが全国的に拡大している。 どうやら「第3派」ら

残すべき「世界の農業遺産」-ワサビを!

前回からの続き。 日々の動きに、なかなかブログが追いつきません(泣)

ご当地エネも、頑張ってる。

11月に入ってもなおコロナ禍は収まるどころか、 むしろふたたび(三た

秋の王国と、伊豆の森林(もり)づくり

10月28日(水)撮影。 秋晴れの下、酪農王国オラッチェでは、 満

→もっと見る

  • 2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
種蒔人 畑が見える野菜ジュース 箱根峠 函南町 大地を守る会 羽山園芸組合 稲田稲作研究会 カフェ麦わらぼうし 丹那牛乳 フルーツバスケット 震災復興 川里賢太郎さん 畠山重篤さん あかね 桃ジャム ジェイラップ COBOウエダ家 ご当地エネルギー協会 久津間紀道さん 藻谷浩介さん 備蓄米 自然エネルギー ムーラン・ナ・ヴァン 森は海の恋人 福島屋さん 酪農王国オラッチェ 丹那トンネル 谷川俊太郎 丹那盆地 無添加ジャム
PAGE TOP ↑