ひたすらみかんジュース、の季節

異例の暖冬で始まった2016年も、 大寒を待ってたかのように寒波が襲来した。 丹那盆地に雪は降らなかったけれど、 身を切るような冷たい風が帰ってきた。 本日1月25日(月)。 朝7時半、

続きを見る

謹賀新年。不気味なくらい暖冬ですね。

皆さま、遅ればせながら 明けましておめでとうございます。 2016年が皆さんにとって良い一年になりますよう 願っております。 ・・・という挨拶も白々しく聞こえるくらい 不安要素ばかりの世情で

続きを見る

仕事納め、です。

今月はまったくブログを更新できなかった。 前代未聞、いよいよ危機的状況か。。。 12月特有のせわしなさもあったけれど、それは例年のこと。 どうも書くという気力自体が落ちたようで、 「ヒスト

続きを見る

大地を守る会40周年&丹那牛乳60周年

11月の残りレポート。 11月19日(木)。 千葉・幕張で大地を守る会の 「第16回全国加工食品製造者会議」が開催された。 今回の講演は、 「食品表示法で義務化された栄養成分表示について

続きを見る

お祭り月間終え、はや師走…

11月も終わり。 早い、早すぎる・・・ 社長業1年目というストレスに加えて、 6月から始めた「大地ヒストリー」の連載に 書くというエネルギーをかなり奪われていて、 どうもブログが後回しに

続きを見る

天城越え

2015/11/21 | 雑記その他

11月13日(金)夕方に 南伊豆水産の大輪さんと別れ、 このまま帰るのはあまりにもったいないと、 南伊豆の山中に宿を取った(海も近いけど)。 野天風呂に入り、伊豆の酒と肴で たまさかのリフレ

続きを見る

伊豆半島、奥深し…

先週金曜日(11/13)は、 二人の生産者を訪ねて伊豆半島を下った。 1人は伊豆市冷川(ひえかわ)という山中で 平飼い養鶏を営む ㈲伊豆鶏業の佐藤俊夫さん。 もう一人は南伊豆町の南伊豆水産

続きを見る

「丹那盆地まつり」30周年

祭りは続く。 日比谷~秋葉原とハシゴした次は11月7日(土)。 おひざ元の酪農王国オラッチェにて、 30回目を迎えた「丹那盆地まつり」が開催された。 今年でついに30年。 も

続きを見る

ポランの収穫祭

11月1日(日)午後。 日比谷公園を後にして、次の会場 秋葉原「Arts Chiyoda」(アーツ千代田)に向かう。 NPO法人ポラン広場東京主催 『オーガニック&ナチュラル ポラン広場の

続きを見る

土と平和の祭典-「命こそ宝」

2015/11/08 | 大地を守る会

丹那暮らしの拠点「ウェルカム」に 椿の花が咲いた。 いよいよ冬モードに入っていく。 「ウェルカム」は 会社所有のアパートに付けられた名称で、 昔は大地を守る会職員のリフレッシュ施設と

続きを見る

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
畠山重篤さん 川里賢太郎さん 畑が見える野菜ジュース ご当地エネルギー協会 久津間紀道さん 丹那牛乳 丹那盆地 酪農王国オラッチェ カフェ麦わらぼうし 備蓄米 森は海の恋人 大地を守る会 藻谷浩介さん 函南町 谷川俊太郎 震災復興 フルーツバスケット 福島屋さん 種蒔人 羽山園芸組合 丹那トンネル 無添加ジャム 桃ジャム ジェイラップ ムーラン・ナ・ヴァン 稲田稲作研究会 箱根峠 自然エネルギー あかね COBOウエダ家
PAGE TOP ↑