10月のプレイバック(後半戦)

2019/11/05 | 雑記その他

今さら感は拭えませんが、 まだ復旧途上の場所も多く、避難生活が続いている人たちもいます。 実際に伊豆半島内でも、通行止めの個所が各所に残っています。 遅ればせながらですが、 台風19号とその後

続きを見る

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。 これも伝えたい、あれも書きたいと、ただ思うだけで書く間もなく 次への対処に追われる、まるで弱小ラグビー部のような展開・・・ (

続きを見る

水源の森で・・・

10月に入り、消費増税が実施された。 我が社の場合、商品はすべて食品なので8%のままだけど、 包装資材や運賃など、原材料(食品)以外は 10%で請求されてくる。 それらは払った上で、商品を

続きを見る

よくそんなことが‥‥と言われて

ニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットで、 スウェーデンの16歳の少女、 グレタ・トゥーンベリさんが放った言葉は衝撃だった。 (ネットから拝借)   私が伝えた

続きを見る

「水」が問う、国の未来

2019/09/16 | 食・農業・環境

9月6日付「どうする?日本の水道」の続きを-   20世紀は石油を奪い合う戦争だった。 21世紀は水を奪い合う戦争になるだろう。 1995年、当時の世界銀行副総裁が発した

続きを見る

台風15号、その後

水をめぐる話の途中ですが、 台風15号による影響について報告を挟みます。 9日(月)早朝、千葉市に上陸した台風15号は、 千葉県のみならず南関東から伊豆諸島に大きな爪痕を残して、 今も各地

続きを見る

どうする? 日本の水道

2019/09/06 | 食・農業・環境

このところまったく書けませんでした。 夜になると、どうもダレてしまって、ダメでした。 寄る年波? いやいやまだまだ、と自分を奮い立たせても、 つい様々な事象に気を奪われてしまって、 つい一杯

続きを見る

パルシステム・夏の産地交流会 ㏌ 丹那

8月6日、農林水産省が 昨年(2018年)度の食料自給率を発表しました。 カロリーベースでの自給率は前年から1ポイント下がって 37%。記録を取り始めた1960年度以降、 最低の数字。コメの大

続きを見る

『風土 ㏌ FOOD』の9年

長引いた梅雨のせいだろうか、 今年はクマゼミの鳴き声(羽音ですが)を聞いたのが 7月も後半に入ってからだった。 すでに赤とんぼを里で見かけるようになっていて、 この時期に癒してくれるヒグラシの

続きを見る

ヤエモンさんとの約束

7月28日、東海地方もようやく梅雨が明けました。 正確には「明けたと思われる」ですが。。。 平年より1週間遅く、異常に早かった昨年とは19日の差がある。 毎年々々、フツーじゃない天候に振り回

続きを見る

「小満」の風景から、コロナ後を考える

季節は二十四節気の「小満」。 麦の穂が稔り、生気が満ちてくる時節。

We Support - 医療従事者に「食」で支援

北海道と大阪の知事が人気だそうです。 たしかに、若くてイケメンで・・

ささやかでも -函南町にマスクを届ける。

マスコミによる感染者の発表というのが、どうも気に入らない。 前にもチ

「いちごジャム」でミニHACCP

函南町畑(はた)の茶畑から眺めた富士。 丹那盆地の周辺はいま

ペストの中で、職務を果たす(カミュから)

本日、緊急事態宣言が5月末まで延長されました。 不要不急の外出自粛の

→もっと見る

  • 2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
酪農王国オラッチェ 無添加ジャム ムーラン・ナ・ヴァン 備蓄米 ジェイラップ 函南町 森は海の恋人 フルーツバスケット あかね 福島屋さん 桃ジャム 稲田稲作研究会 畠山重篤さん ご当地エネルギー協会 畑が見える野菜ジュース 丹那盆地 藻谷浩介さん カフェ麦わらぼうし 川里賢太郎さん 震災復興 谷川俊太郎 丹那牛乳 大地を守る会 種蒔人 自然エネルギー COBOウエダ家 久津間紀道さん 羽山園芸組合 箱根峠 丹那トンネル
PAGE TOP ↑