地域エネルギーが世界を変えていく(飯田哲也さん)

公開日: : 最終更新日:2015/02/03 脱原発・自然エネルギー

1月19日、静岡市で開催された温暖化防止研修会。
藻谷浩介さんの挑発的講演に続いては、
藻谷さんの小・中・高校の先輩であるという
飯田哲也さんによる「広がるご当地エネルギー」のお話。
「今日は、ご当地エネルギーの世界史的意義 を整理してみたい」
と始まった。

20150130飯田哲也➀

この10年で、(日本を除く)世界は大きく変わった。
世界全体では年を追って、自然エネルギーが驚異的に増加している。
風力では3500万kW、原発35基分の電力を創出し、
太陽光では3700万kW、同37期分の電力を供給するまでになり、
昨年末の速報では4000万kWを超えた。
(水力はダム建設が限界になってきて、ほとんど増えていない。)

20150130飯田哲也②

ドイツでは昨年末、自然エネルギーの電力シェアが
27.3%まで伸びたと発表した。2000年から7倍の伸び率である。
太陽光は昼間の電力を供給するので、
昼間の電気料金が急激に下がり始め、
高い料金で電力を供給していた大手の古い電力会社の
売上と利益が急激に下がってしまった。
そして何と12月5日、
ドイツ最大電力会社エーオン社(E.ON、東電よりずっと巨大な電力会社)は、
会社を「過去社」と「未来社」に分割し、
過去社(原子力と火力発電部門)を売却すると発表した。

デンマークでは、10数基の化石燃料発電体制から、
数千基の風力とコジェネ(電気と熱を両方供給するシステム)
によるエネルギー供給体制に転換されてきている。
大規模集中型から小規模分散型への大変換が進んでいて、
そこでは7割の発電所が地域の人々によるものである。
地域がエネルギーをつくり始めたのだ。
さらにインターネットの普及により、
これまでの政府と大手メディアによる情報支配に対して、
すべての人から情報発信が可能になったことも大きい。

20150130飯田哲也③

デンマークのサムソ島では、
95年から自然エネルギーへの挑戦が始まり、
この20年間で、エネルギー自給率は150%にまで成長した。
ドイツのシェーナウという人口2500人の村では、
90年に電力会社を興し、今では30万人の顧客を有している。
それぞれの地域に人々の物語がある。

さて翻って静岡県を見てみるならば、
人口370万人、140万世帯の県で、
2100億円のエネルギー代が外国に流出していっている。
その額は、けっこう豊かな静岡県予算の半分に相当する。

20150130飯田哲也④

しかしたとえば、
自然エネルギーを東京や名古屋の企業に作らせては、
儲けが県外に逃げていくことに変わりはない。
地域の人々が主体となってエネルギー事業を起こし、
運営することで、地域でお金が回り、豊かさも違ってくる。
これを私たちは「地産地所有の原則」と呼んでいる。

「全国ご当地エネルギー協会」が昨年5月に結成されてより、
ネットワークが全国的に広がってきた。
多くは2011年の3.11後に生まれてきたものだ。
どこもみんな、いろんなドラマを積み重ねながら事業を築いてきた。
地道に議論を重ね仲間を増やし、体制を創り上げてきている。
それを行政や企業や金融機関があと押しするという、
いい形が各地に生まれてきている。
静岡でも2012年12月、
しずおか未来エネルギー株式会社」が誕生し、
着実に事業を発展させてきている。

私たちが掲げる「コミュニティパワー3原則」。

20150130飯田哲也⑤

地域の人たちがエネルギー設備を持つ。
地域の人たちで意思決定する。
生み出されてくる便益や豊かさを共有する。
それによって地域に根差したエネルギーがしっかりと育っていく。

これを「ご当地~」発起人の一人、伊藤宏一千葉商科大学大学院教授は、
宮沢賢治の “ インドラの網 ” になぞらえてくれた。

20150130飯田哲也⑥

一つ一つの宝石(生命)が相互を映し出しながら輝き、
網の目のようにつながっている・・・
(インドラは古代インドの神、日本に渡来して帝釈天になった。)

このネットワークがさらに輝きを増し、
全国津々浦々から新たな宝石が立ち現われてくることを
期待してやまない。

 

講演2題、レポート以上。
人類史上第4の革命は、必然として進んでいくだろう。
しかしそのプロセスには、様々なハードルが立ちはだかり、
消耗するような人の摩擦も発生するだろう。
かといって、上からの技術転換ではダメなのだ。
これは民主主義を育てるたたかいでもある。

講演に続いては、
佐藤彌右衛門さん(会津電力代表、大和川酒造店)、
鈴木亨さん(北海道グリーンファンド)、井筒耕平さん(村楽エナジー)、
服部乃利子さん(しずおか未来エネルギー)による
パネルディスカッションがあり、それぞれから
自然エネルギーにかける思いや経過、課題などが語られた。

ご当地エネルギー協会の幹事会は、省略。
とにかく今後の活動計画の盛り沢山なこと。
事務局や環境エネルギー政策研究所のスタッフたちの
能力の高さに感心するのみ。

終了後は街に繰り出し、静岡の地酒で語り合う。
函南で、よそ者の僕にできることは何か・・・
各地で上がる狼煙(のろし)に煽られっぱなしの夜となった。

Comment

  1. […] 2015年7月8日 この10年で、(日本を除く)世界は大きく変わった。 大規模集中型から小規模分散型への大変換が進んでいて、 そこでは7割の発電所が地域の人々によるものである。 しかしたとえば、 自然エネルギーを東京や名古屋の企業に作らせては、 儲けが県外に逃げていくことに変わりはない。 1月19日、静岡市で開催された温暖化防止研修会。 [引用元] 地域エネルギーが世界を変えていく(飯田哲也さん) […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10月のプレイバック(後半戦)

今さら感は拭えませんが、 まだ復旧途上の場所も多く、避難生活が続いて

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。

水源の森で・・・

10月に入り、消費増税が実施された。 我が社の場合、商品はすべて

よくそんなことが‥‥と言われて

ニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットで、 スウェーデンの1

「水」が問う、国の未来

9月6日付「どうする?日本の水道」の続きを-  

→もっと見る

  • 2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
川里賢太郎さん 箱根峠 丹那盆地 丹那牛乳 COBOウエダ家 畠山重篤さん 畑が見える野菜ジュース 丹那トンネル 久津間紀道さん 森は海の恋人 フルーツバスケット ジェイラップ 備蓄米 谷川俊太郎 あかね 福島屋さん 函南町 藻谷浩介さん 桃ジャム ご当地エネルギー協会 震災復興 稲田稲作研究会 大地を守る会 自然エネルギー ムーラン・ナ・ヴァン 羽山園芸組合 無添加ジャム カフェ麦わらぼうし 種蒔人 酪農王国オラッチェ
PAGE TOP ↑