人の心に木を植える(続き)

公開日: : 最終更新日:2015/01/27 大地を守る会, 食・農業・環境

畠山重篤さんの話を続けます。

すべての生命活動の根源を遡れば、
植物の、正確には葉緑体による光合成に辿りつく。
太陽エネルギーの力によってCO2を吸収し、
水とCO2から炭水化物を合成して、酸素を放出(空間に供給)する。
その植物の身体そのものと機能によって、
この星の動物たちを支えている。

そこで畠山さんは、重要な物質の存在を説く。
環境問題では厄介者とか言われているCO2を
C(炭素)とO(酸素)に切り分け、
生命を支える素としてくれているのが葉緑体なのだが、
葉緑素クロロフィルが働くには、
鉄(Fe)という成分が必要なんですよ、ということだ。
前回書いた珪藻類は光合成を行なう独立栄養物だが、
そこにも多数の葉緑体が存在する。

植物を育ているのに必要な三大成分として窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)
が挙げられるが(有機農業ではさらに微量要素の重要性が説かれる)、
たとえばNは水に溶けると硝酸イオン(硝酸塩)となって、それを
吸収できる形に戻す(還元する)にも、鉄のはたらきが必要となる。

鉄は酸素に触れると酸化鉄となる(錆びる)。
錆びた鉄は使えない(吸収できない)。
しかし自然の循環の中では、不断に鉄が供給されている。
それはどのような仕組み、作用によるものなのか。

この仕組みを解くのが、腐葉土から生まれるフルボ酸である。
腐葉土とは、樹々の枯葉の堆積物でできた土(的状態)である。
樹々(森)がたくさんの葉を落とし、土が形成されていく。
積もり続ける中でだんだんと下層土は酸欠状態となり、
鉄が溶けだしてくる。
その鉄をつかまえるのがフルボ酸である。
フルボ酸はとてもキレート力が強く
(キレート=ギリシャ語でカニの鋏。つかみ込んで安定な状態にする力)、
フルボ酸と鉄がくっついて「フルボ酸鉄」となると、
もはや酸素は鉄に合体できなくなる。
しかもフルボ酸鉄は、水に浮遊して動く。
まさに、鉄の運び人が森から生まれていたということなのだ。

 

20150118畠山講演会④

畠山さんによれば、
太陽系の中で一番多い成分は鉄分なのだという。
地球の重量の3分の1は鉄であり、鉄があったからこそ植物が生まれた。
「地球は、水の惑星の前に、鉄の惑星なのです。」

日本列島には3万5千本(一級・二級河川だけだと2万1千本)
の川が流れている。
縦に長い日本列島の背骨を構成する山脈から
フルボ酸鉄が営々と供給され続けてきたのだが、
それを分断してきたのがこの半世紀の歴史である。。。

ここまで来ると、もう答えは見えたようなものか。
持続可能な未来は、どのような営みによって取り戻せるのか。
「日本の未来像を描き直すグランドデザインが必要です。」

 

20150118畠山講演会③

森は海の恋人運動に触発されて、
京都大学で「森里海連関学」が生まれた。
畠山さんは教授として大学で教鞭をとるまでになった。
そして若者が育ってきている。
今回の講演会を開催するにあたり、
大地を守る会の全専門委員会合同でやりたいとこだわったのも、
つながりが必要だと思ったからだった。
我々もまた、組織を進化させなければならない。

畠山さんは優れたマーケティング論者でもある。
日本で生産されている海苔は90億枚。
そのうちの30億枚がコンビニのおにぎりに回っている。
おにぎりの数にして60億個。
これはコメの消費量の15%に相当する。
海の生産物とコメの消費はモロに関係している。
(農家も海苔の生産現場を思え、と言うことだ。)

ご飯のおかずが減っていく(=高くなっていく)とコメの消費は減る。
シジミやアサリが安価に大衆に供給されることで
コメの消費は維持され、国民の健康も維持される。
コメの消費が減っていると農家は嘆くが、
ずっと川や流域をいじめてきたのは誰だったのか。
森里海のつながりを守ることで、
安い寿司だって食べられるのだ。
コメを考えるなら、おかずも考えよう。

日本列島に莫大な量のフルボ酸鉄を供給してくれている
アムール川流域をどうか保全してほしいと、ロシア人に頭を下げたらねぇ、
日本人はどんな活動をしているんですか、と聞かれたんですよ。
どうします、皆さん・・・

 

僕らは世界とつながらなければならない。
しかしその前に、地域を見直す作業も必要だってことだ。

《あなたの街に、落合直文や熊谷龍子は存在している。
何とかしたいと思っているミニ畠山も。 》

これが畠山さんからの、今日のメッセージたと受け止めた。
この歩みの向こうに、平和もまたあるんだと思う。
歩きたい。
たとえ夢のような社会は実現できなくても、だ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3年ぶりの「堰さらい」で憂うこの国の姿

3年ぶりに帰ってきた。 「帰ってきた」とはおこがましいか。 以前だ

「願」成就を祈る、いや「誓う」で

その昔、桃源郷とも呼ばれた丹那盆地。 令和元年となった日の風景。

「平成」最後の日に

4月30日、「平成」最後の日。 世間はまるで大晦日のような雰囲気だ。

年々早まるパインの収穫にG20・・

藪のほうから鶯の鳴き声が聞こえてくる。 ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ケキョ!

元号の変わり目に-

5月1日をもって日本の元号が「令和」になります。 「初春令月 気淑風

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
畑が見える野菜ジュース あかね 函南町 備蓄米 丹那牛乳 大地を守る会 森は海の恋人 久津間紀道さん 箱根峠 谷川俊太郎 丹那盆地 フルーツバスケット 羽山園芸組合 ムーラン・ナ・ヴァン カフェ麦わらぼうし 震災復興 桃ジャム 川里賢太郎さん ご当地エネルギー協会 ジェイラップ 稲田稲作研究会 酪農王国オラッチェ 福島屋さん 丹那トンネル 種蒔人 畠山重篤さん COBOウエダ家 自然エネルギー 無添加ジャム 藻谷浩介さん
PAGE TOP ↑