印度料理の店「シタール」さん

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 日々日々フルーツバスケット

お屠蘇気分で遊んだ日記を面白半分で上げてしまったけど、
仕事はちゃんと始めてますので、どうか誤解なきよう願います。

今年の始動は1月5日から。
いきなり大地を守る会幕張本社での会議からスタートした。
モノと人をつなげる作業を今年も粘り強く続けようと、
決意を新たにして。

その初日の話。
午前に一本会議をやって、午後からの打ち合わせに入る前に、
前から行ってみたいと思っていたお店を訪ねた。

千葉市花見川区、検見川(けみがわ)神社下にある、
印度料理のお店「シタール」さん。

シタァールさん

シタールと言えば
ヒンドゥー文化を奏でてきた北インドの弦楽器だね。
オーナーの増田泰観さんは、今から40年前の1975(昭和50)年、
まだ東京に数店しかなかったインド料理専門店で修業を始め、
81年、ここ検見川で千葉市初のインド料理店を開業した。

そんなに広くない店で、入り口の前から行列ができている。
なんと閉店まで、お客さんの足が途絶えないんだそうだ。
インドからシェフを招き、店内の様相もインドの香りが漂っている。
その味もさることながら、安全性にもこだわっていて、
食品添加物を使わない素材を使っている。

ランチを戴いたのだが、ボリュームがあって、
僕は鶏肉を残してしまったんだけど、
「お持ち帰りになりますか」と、
「タンドリーチキンの温め方」というメモを同封して包んでくれた。
接客にも気持ちが通っていて、素晴らしいお店だった。

実は、シタールさんとわが社とのお付き合いは、
増田さんが直輸入するマンゴーに端を発している。
インドを原産とするマンゴーの、さらにキング・オブ・マンゴーと称される、
ラトナギリ産・Vijai農場のアルフォンソマンゴー。
伝統的農法に則り、除草剤や化学肥料は使わない(農薬使用は3回のみ)。
EUの適正農業規範であるグローバル・ギャップ(GAP)
の認証を取得している。
残留農薬検査に加えて放射能検査の証明書もある。

mp_main3[1]

このマンゴーを使って昨年開発したのが、
ムーラン・ナ・ヴァンのマンゴープリンで、
大好評をいただいた一品となった。
そして、さらに新しい商品開発を進めようとしているところで、
改めてシタールさんを訪ねることができたのだった。

食後に、マンゴー・ラッシーをいただく。
なめらかで品のある甘さ、何とも表現できない。
カレーの国の奥深さを、僕は何も知ってないということだ。

マンゴーラッシー

午後の会議も押してたので、あまりゆっくりもできず、
おいとまする。
安全で美味しい、を超えた民衆レベルでのネットワークで
双方を豊かにできるなら、
ささやかな洋菓子にもメッセージが込められる。

この甘美な原料を育てる大地にも足を運びたいものだと、
人とつながるたびに、また欲求は高まっていくのだった。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

右でも左でもなく・・僕らは前に進めたのか

9月28日(月)。 朝、アパートのドアを開けた途端、 雪を纏った富

食べ散らかされたキャッチフレーズの数々

9月に入り、晴れた日の陽射しはまだきついが、 朝夕の風はさすがに涼し

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
自然エネルギー 丹那牛乳 大地を守る会 函南町 カフェ麦わらぼうし 酪農王国オラッチェ COBOウエダ家 丹那盆地 桃ジャム 畠山重篤さん あかね 谷川俊太郎 久津間紀道さん 稲田稲作研究会 川里賢太郎さん 震災復興 箱根峠 備蓄米 ムーラン・ナ・ヴァン 福島屋さん 種蒔人 藻谷浩介さん ご当地エネルギー協会 無添加ジャム ジェイラップ 畑が見える野菜ジュース 羽山園芸組合 フルーツバスケット 丹那トンネル 森は海の恋人
PAGE TOP ↑