2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。
コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

昨日から、緊急事態宣言は6都府県に広がって、
期間も8月いっぱいまで延長された。
ここ静岡県東部でも感染拡大が顕著になってきている。

それでも「五輪と感染拡大は関係ない」と言い張る首相。
「ない」と言わないと自身が否定されると思っているようだけど、
なんだか言葉の選択も姿勢も、幼稚な感じがしてしょうがない。
いややっぱり、根本的に国民を信用していないのだ。
国民にとってこれは、とても不幸なことだ。

「今回の宣言が最後となる覚悟で・・・全力で対策を講じていく」
と言われても、首相の「覚悟」でどうかなるものなのか。
「全力での対策」の、具体的な策は示されないし。

ここはもう率直に、
「(関係は)あるかもしれない。しかしそれでも五輪は最後までやる。
 首をかける、これが私の最後の覚悟だ。やらせてほしい!」と、
必死で頭を下げたほうが好感度は上がると思ったりするんだけど。。。

 

熱海の伊豆山で起きた土石流災害から
今日で丸1ヵ月が経過したが、まだ行方不明の方が残っている。
こんなに時間がかかるとは思わなかった。
世間が五輪に湧く中、いまも汗と土砂にまみれて
捜索活動を続ける人たちがいることを、見過ごさないようにしたい。

崩落の起点となった標高400m地点で行われた盛土は
条例基準違反が明らかで、「人災」が指摘されている。
この問題は、長く尾を引きそうである。

盛土の下にはやはり、産廃も埋められていたようだ。
地べたは「所有」できたとしても、
土地とは「環境」を構成するものであり、かつ
未来世代も含めた「共有資産」という基本的属性が備わっていることを、
改めて「国民の認識」に据える必要があると思う。
(その意味において、有機農業は「未来への責任」を自覚する営みである。)

 

日照りが続くなかで、丹那盆地の稲は逞しく伸びてきている。

見れば、早くも出穂している。
量は獲れそうだが、高温による品質への影響はどうだろうか。
これからが勝負か。

 

酪農王国オラッチェのヒツジやヤギたちも、さすがにバテ気味だ。
呼んでも小屋の中から出ようとしない。
立とうともせず、顔だけでサービスしているつもりか、お~い。
返事もなし。

 

オラッチェ夏の名物「とうもろこし畑の巨大迷路」には、
家族連れが後を絶たない。

大人の背丈以上に伸びた、75m四方のとうもろこし畑。
茂った緑に強い日差しと青い空、このコントラストだけで暑苦しくなる。
いかにも「夏~ッ!」って感じだ。

子供たちの姿が白のランニングシャツに麦わら帽子だったら、
昭和っぽくて、ボク的には嬉しいんだけど・・・

この中に仕込まれた迷路を、子供たちは歓声を上げながら走り回り、
大人は汗を拭きながら、早くゴールしてくれと後を追う。

これだけ見れば、平和な夏の光景なんだけどね。。。

 

で唐突ですが、我が社のこの夏の勝負作は、
「濃厚リッチなアルフォンソ・マンゴープリン」。


          (写真は「大地を守る会」から借用、下の写真も同じ)

昨年閉鎖となってしまったケーキ工房「ムーラン・ナ・ヴァン」の、
大好評を博していたレシピを、牛乳寒天事業部で再現し、完成させました。

インドはラトナギリ地方「デサイマンゴー農園」で、
環境保全型農業(※)で育てられたマンゴーの王様「アルフォンソ・マンゴー」に
丹那牛乳の生クリームと牛乳を加えて、とろけるような触感に仕上げています。

(※)デサイマンゴー農園では、グローバルギャップ(GAP=適正農業規範)
   の認証を取得しています。

暑苦しい夏の昼に、ささやかでも涼風をお届けできたなら嬉しいです。

現在ではまだ親会社の「大地を守る会」と関西の団体でしか
取り扱ってもらってないけど、
もし「ウチの団体(あるいはお店)でも扱ってみたい」
と思われた方がおられましたら、
株式会社フルーツバスケットの代表電話番号
 =055-974-2236(フジサンロク) まで、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

営業にも出たいけど、このコロナ禍の状況ではなかなか動けず、
苦しいところです。

世界トップレベルの競技を、
複雑な思いを持って感染、じゃなかった観戦する夏の夜。

美と醜を見せつけられ、終わったときに果たして僕は、
どんな記憶として『東京2020』を心に刻むだろうか。
「醜」の残像が先に出てこないことを祈りたい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

会津のトランプ? いや、バイデンでしょ。

「クラリズム」では、 当主(大和川酒造店会長)・佐藤彌右衛門(やえも

「クラリズム」 - 平和を願って

「クラリズム」レポートの続き。   大和川酒造店

クラリズム!

6月14日、東海地方が梅雨入りした。 と思ったら、20日には沖縄が梅

後に引けなくなった「メンマ」開発

僕の天ぷらアリ地獄は、山菜の季節とともに終わった。 かき揚げがどうし

天ぷら三昧の春、でした。

この春は、天ぷらをよく食べた。 単身生活も8年になるけど、 自

→もっと見る

  • 2022年7月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
カフェ麦わらぼうし 丹那牛乳 羽山園芸組合 COBOウエダ家 ムーラン・ナ・ヴァン 備蓄米 ご当地エネルギー協会 ジェイラップ 谷川俊太郎 震災復興 フルーツバスケット 川里賢太郎さん 函南町 丹那盆地 大地を守る会 久津間紀道さん 自然エネルギー 桃ジャム 畠山重篤さん 藻谷浩介さん 森は海の恋人 稲田稲作研究会 丹那トンネル 畑が見える野菜ジュース 箱根峠 あかね 福島屋さん 無添加ジャム 酪農王国オラッチェ 種蒔人
PAGE TOP ↑