「麦わらぼうし」でブルーベリーを

公開日: : 最終更新日:2015/01/25 あんしんはしんどい日記, 日々日々フルーツバスケット

24日の夜、ムーラン・ナ・ヴァンの前川大造・山崎郁乃が
晴れ晴れとした表情で工房から出てきた。
去年よりずっと多い注文量に対して、
やり切ったという達成感が顔に表れていた。
例年だと相当に疲れ切ってしまって、
やつれた感じになると聞いていたのだけれど、
早め早めの段取りが功を奏したようで、
二人のイイ笑顔に、僕らも嬉しい気持ちになった。
こういうときは、きっと完成度も高いと思う。

お疲れさんでした。
あとは営業がゴールまで走る。
事故やクレームがないことを祈るのみ。

 

6月にフルーツバスケットに赴任して、あっという間の半年だった。
あちこちと回ったり人と会ったりして、
成果が遠い種ばっかり播いてきたような気がするが、
年末最後の自分へのご褒美は、これでいこうか。

三鷹の森ジブリ美術館のカフェ「麦わらぼうし」から、
来年2月からのメニューでブルーベリーを採用したい、
との連絡が入った。

20141227ジブリ➀

提案していたのは、青森県平舘村(現外ヶ浜町)、
「平舘地区ブルーベリーの会」の無農薬ブルーベリー。
3月いっぱいまで使いたいとのこと。
どんなメニューなのかは分からないけど、
一度は客として行かなきゃ、と今から楽しみにしている。

20141227ジブリ②

館内では撮影が禁止なので、写真は外からだけ。

いっとき異次元のような世界にひたって、
でも何か一つ淡い希望を抱いて出てくる人たちに、
最後に身体で満足させる時間を提供する場所。
そこで酸味の利いたブルーベリーの味が、
この日の記憶を完成させる。そんなことを今から期待している。

20141227ジブリ③

営業という徒歩の旅は来年も続く。
でも歩けば歩くほどに大きな世界が広がっていくことを、
僕はわりと楽観的に信じているのである。
ね、猫バス。
じゃなかった、お前はトトロか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

右でも左でもなく・・僕らは前に進めたのか

9月28日(月)。 朝、アパートのドアを開けた途端、 雪を纏った富

食べ散らかされたキャッチフレーズの数々

9月に入り、晴れた日の陽射しはまだきついが、 朝夕の風はさすがに涼し

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
箱根峠 ムーラン・ナ・ヴァン フルーツバスケット COBOウエダ家 丹那牛乳 久津間紀道さん ジェイラップ 桃ジャム ご当地エネルギー協会 畑が見える野菜ジュース 丹那トンネル 稲田稲作研究会 丹那盆地 あかね 川里賢太郎さん 大地を守る会 谷川俊太郎 種蒔人 藻谷浩介さん 備蓄米 震災復興 畠山重篤さん 酪農王国オラッチェ 羽山園芸組合 自然エネルギー カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム 森は海の恋人 函南町 福島屋さん
PAGE TOP ↑