幸せなクリスマス・イブを願って

公開日: : 最終更新日:2015/01/25 日々日々フルーツバスケット

12月22日の正午前。
手むきみかんを手伝ったあと、ムーランの工房をのぞく。
おそるおそる・・・

黙々と作業を進めるパティシエ前川大造と山崎郁乃さん。
今日は包装作業の手伝いに品質管理の引地奈美も入る。

20141222ムーラン➀

先週から深夜までの作業が連日続いている。
パティシエの宿命といえばそれまでだが、
ここで倒れられたら会社の命運にもかかわるわけで、
我々も腫れ物をさわる感じで見守っている。

20141222ムーラン②

ホワイトクリスマスケーキにザッハトルテ、
タルト・オ・ショコラ。。。一個一個、心を込めて。
人生に一回しかない2014年のクリスマスイブを、
大切な時間を、記憶に残る日にしてもらうために。

20141222ムーラン③

ケーキは食べてしまえば消えてなくなるけど、
その夜が幸せであれば、それ以上の喜びはない。
お陰様で前年を大きく上回るオーダーが入り、
みんなができることで応援する。
明日からは、営業スタッフが手分けして配達である。

20141222ムーラン④

とにかく全部の注文に応え切って、
あとはシアワセな一夜となりますように。

残り二日、頼んます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

右でも左でもなく・・僕らは前に進めたのか

9月28日(月)。 朝、アパートのドアを開けた途端、 雪を纏った富

食べ散らかされたキャッチフレーズの数々

9月に入り、晴れた日の陽射しはまだきついが、 朝夕の風はさすがに涼し

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
函南町 ジェイラップ 藻谷浩介さん フルーツバスケット 酪農王国オラッチェ 畑が見える野菜ジュース 畠山重篤さん カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム 種蒔人 丹那牛乳 丹那トンネル 森は海の恋人 谷川俊太郎 COBOウエダ家 ご当地エネルギー協会 久津間紀道さん 自然エネルギー 震災復興 備蓄米 丹那盆地 あかね 稲田稲作研究会 川里賢太郎さん 大地を守る会 福島屋さん 羽山園芸組合 ムーラン・ナ・ヴァン 桃ジャム 箱根峠
PAGE TOP ↑