復活!「NS乳酸菌」飲料

公開日: : 最終更新日:2020/12/01 新型コロナウィルス, 日々日々フルーツバスケット

丹那も秋深し、です。
吹く風は、時に冬の到来も感じさせるようになりました。

 

新型コロナ第3派による新規感染者の数が、
日々新記録を更新している。
地方でも次々とクラスターが発生している。
しかし政府はGoToキャンペーンの見直しはしないと、
強気を貫いている。
「そのような状況にはない」と。

どこまで行けば、「そのような状況」になると判断するのか。
春の「緊急事態宣言」以上の状況ではないのか。
どうも論理が逆立ちしているんじゃないか。

「見直さない」を正当化させるためには、
「そのような状況ではない」でなければならない、と。

それが本音ならいっそ、
「大変厳しい状況だが、飲食と観光業救済を貫きたい。
 皆さま、厳重に警戒しつつ、ここはひとつ自己責任で、
 しっかりご活用をお願いしたい」
とハッキリ言ってくれたほうが、支持あるいは反対の意思も、
選択の覚悟も、決まるというものだ。
戦場の前線を指さして、
「死者は記録を更新しているが、キケンな戦闘状態ではない」
と言われてかえって怯(ひる)んでしまうような、
背中を押された兵隊同士で議論してしまうような、
そんな苛立ちを禁じ得ない。

言葉によって政治から大事な『信頼』が失われてゆく悲劇を、
僕らはずう~~っと、見せられ続けている。
勇ましい言葉で虚勢を張りながら、
仮面をかぶってウソで逃げる、論理をすり替える、
言質を取られそうな質問には答弁を「控える」、
それでいて通したいものは数の力で通す・・・
卑怯、姑息、狡猾、、、いやもう何とも言えず醜い。

没後50年の三島由紀夫が人気再来とか。
ヤバい感を抱きつつも、ムベなるかな、という気になったりする。

 

ー と、繰り言はこのへんにして、仕事に戻る。

かねてのファンの方には、待望のお知らせ。

「NS乳酸菌」飲料の復活! です。

ほぼ一年ぶりのお目見え。

昨年までは秋田のヤマダフーズさんが作られていたものですが、
工場のライン閉鎖で途絶え、惜しむ声が続いていました。
当社も販売に協力していた手前、
なんとか復活させたいと、あちこちの豆乳関係の工場をあたってきて、
山梨県北杜市白州(はくしゅう)の「白州屋まめ吉」さんとの出会いがあり、
調整を重ね、ついに再開に漕ぎつけることができました。

おから成分まで含めた大豆飲料を、
「NS乳酸菌」で発酵させた植物性発酵飲料。
原料は国産大豆(品種は「里のほほえみ」)に、その乳酸菌と
北海道産ビートグラニュー糖、白州の水、のみ。
「乳」製品は使ってないので、乳アレルギーの方もOKです。

NS乳酸菌は、中国科学院教授の金鋒(ジン・フェン)さんが、
モンゴルの大草原で暮らす遊牧民の保存食から採取・選定した乳酸菌群で、
1グラムあたり1億個以上の乳酸桿菌が含まれています。
熱にも酸のストレスにも強く、プロバイオティクスとして
高い能力を持つ乳酸菌です。
胃酸や胆汁酸に耐え、腸まで届く生菌が、腸内環境を整えてくれます。

ジン教授は、中国内モンゴル自治区で生まれ、
東京大学で修士・博士課程を修了した人類遺伝学博士。
遺伝子やウィルスの研究者で、
コロナウィルスの一種「SARS」をきっかけに
乳酸菌の研究に没頭するようになり、
すごいパワーを秘めた乳酸菌と故郷で出会った、
というストーリーです。
博士はその乳酸菌にNewとSunの文字をあて
(新しい太陽=読むと「にゅうさん」)、
「NS乳酸菌」と命名しました。
(著書『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』、PHP研究所刊より)

大豆くさくなく、サラっとした味わいに
甘さが残る。そんな感じに仕上がっています。

 

大地を守る会での販売開始と同時に入ってきた
会員さんからのレビュー。

以前の商品がなくなるときに、子供たちが悲嘆にくれていました。
朝起きて、復活する話をしましたら、ジャンプして喜んでくれました。

復活うれしいです!
まだ試してないけど、フルーツバスケットさんなら絶対美味しいので、
さっそく毎週お届け登録させていただきました。

すごいプレッシャー。
責任重大ですね、これは。

大地を守る会スタッフの意見も取り入れ完成させたんだけど、
発売後のレビューは賛否両論あり。
リニュアルの難しさを、改めて感じさせられました。
これから改良も加えて、
長く愛される商品に育てていきたいと思うところです。

今はまだ大地を守る会のみでの取り扱いですが、
1月には「らでぃっしゅぼーや」でも取り扱いが始まります。
また弊社HPも、年内にはリニュアルする予定。
そうなれば当社のウェブでも購入できるようになります。
乞うご期待。

 

コロナ第3派でストレス続く毎日ですが、
大事なのは、バランスの取れた “良い食事” 。
そして腸内フローラの安定です。

国産大豆とモンゴル大草原で力強く息づく乳酸菌の
コラボで生まれた発酵飲料。
小さな商品でも、粘って粘って復活させたアイテムです。
少しでもお役に立てたなら、嬉しいです。

Comment

  1. 美月藤夜 より:

    初めまして。

    この商品、善いと思うのですがカロリーが心配です。どのくらいあるのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「コロナ2年」年頭に祈る

皆さま 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 CO

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
ムーラン・ナ・ヴァン 羽山園芸組合 丹那盆地 川里賢太郎さん 森は海の恋人 藻谷浩介さん ジェイラップ 酪農王国オラッチェ 無添加ジャム 畠山重篤さん 稲田稲作研究会 丹那牛乳 大地を守る会 備蓄米 COBOウエダ家 丹那トンネル 谷川俊太郎 カフェ麦わらぼうし ご当地エネルギー協会 フルーツバスケット 福島屋さん 箱根峠 種蒔人 震災復興 自然エネルギー 畑が見える野菜ジュース 函南町 あかね 桃ジャム 久津間紀道さん
PAGE TOP ↑