吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

公開日: : 最終更新日:2020/08/11 新型コロナウィルス, 食・農業・環境

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、
8月1日、東海地方の梅雨が明けたと思った途端、
一気に猛暑が到来した。

5月中旬から始めたジョギングの途中。
天に向かって勢いよく花開かせた黄色いカンナに声援をもらう。
夏! -ですね。

隣の菜園では、瑞々しいミニトマト。
ここでミネラル補給といきたいところを我慢して、
写真のみ。

 

丹那盆地も、真夏の空気で充満してきた。

客足もだんだんと戻ってきているが、
引き続き接客に注意を怠らず。

 

この間も新型コロナ感染者は増加の一途を辿っている。
7月29日の感染者が全国で1259人、初の千人超え。
ついに岩手県でも感染者が出た。
31日には東京都で472人、全国で1571人。
入院患者、重症患者も増加している。

30日には東京都の医師会が
「すぐに国会を開いて特措法の改正を!」
と緊急提言を発表した。
補償をセットにした休業要請にPCR検査の拡充を求めている。
それでも国会は開かれず、首相の会見も行われない、
そんな日が続く、不思議の国のコロナ・・・

前にも書いたけど、感染者の体験をたくさん聞きたい、
とずっと思っている。
様々なパターンで社会の反応があったと思う。
傷ついたこと、怒り、後悔、あるいは喜びや美談・・・
今起きていることの数々から学んでおきたいのに、
報道されるのは相変わらず数字ばかりだ。

おまけに「GoToトラベル」というヘンな英語に続いて
「ワーケーション」(ワーク+バケーション)なる造語
まで登場した。
旅先でもお仕事を~ って、余計なお世話だろ!
神経逆なでするのもいい加減にしてもらいたい。

事務所のエアコン修理では、業者との交渉が続く。
4室の天井据え付けタイプが配管でつながっている
事業所規格だけに、金額もデカいのだ。
扇風機と団扇(うちわ)で耐える職員たちの、
心の視線が痛い。。。

 

そんな折の8月1日(土)、
オイシックス・ラ・大地㈱ の取引先生産者・メーカーで組織された
「食の未来をつくる生産者の会」主催によるオンライン講座が
開かれたので、パソコンから参加した。

テーマは「コロナ以降の “食と農” 欧州の変化と日本の対応」。
講師は吉田太郎さん(NAGANO農と食の会)。
キューバの有機農業を紹介したことで知られ、直近では
タネと内臓-有機野菜と腸内細菌が日本を変える-
という著書も出している。
世界的に広がっているアグロエコロジーの動きに詳しい方で、
欧州で起きている食の変化について語っていただこう、
という趣旨で開かれた。

「アグロエコロジー」という言葉について解説するのは、
僕にはかなり難題だ。
生態系と調和した農法(有機農業もその一つ)を実践しつつ、
巨大企業による食の支配(≒グローバリゼーション)から
“食と農の「主権」を取り戻す” 社会運動の側面を持つ。
いや、微妙に違うな。
「主権」回復運動と地域の環境保全(伝統農業を守る)は、
彼らにとって同義なのだ。

小規模家族農業を保護し、連帯しながら
地産地消(地域循環経済)を進め、環境問題のみならず、
フェアトレード(公正な貿易)から
格差や貧困問題・ジェンダー等に対しても取り組む。。。

実践者からのお叱りを覚悟して言ってみれば、
国連のSDGsで掲げられたような今日的課題を、
現場から草の根的に広げてきた農民運動、って感じか。
それが南米などでは国民運動に発展しつつある。

(実は、これぞ「大地を守る会」が目指してきたことだろう、と思う。)

なので、農薬・化学肥料を使わない有機農業であっても、
大規模で効率重視な企業型ではアグロエコロジーとは認められない。

そんなある意味ディープなエコ農業運動が、
ヨーロッパで広がっている。
しかもコロナ過がそれを後押ししている、というのである。

 

吉田太郎さんは語る。

・世界最大のコロナ大国である米国では、200万人以上が感染し、
 10万人以上の人が亡くなっているが、死者の3分の1が
 糖尿病や肥満を抱えていた。米国の肥満率は38.2%で世界一である。
・感染対策に成功しているベトナムでは、
 加工食品への依存を減らし、生鮮食品を食べるよう推奨している。
 米の輸出もやめ、国内での分配に転換した。
・欧米では、免疫力と食の関係が重視されるようになった。
 ジャンクフードや添加物を避け、食物繊維を摂り
 健全な腸内細菌を養う。
 外からの予防だけでなく、内側から防ごうと、
 食生活で免疫力を高める国家戦略が生まれている。
・世界は地産地消、オーガニック・ブームである。
 フランスの自然食品店は前年比40%増、イギリスでは25%増
 の勢いである。

コロナによる封鎖生活は、
「コロナ後をどう生きたいか」を考える時間を人々に与え、
消費生活が変容してきている。
地産地消による「普通のおいしさ」を発見し、
しかもそれを企業も行政も後押しし始めているのだと、
吉田さんは解説する。
コロナによって「食」を問い直す人たちが増えている・・・

 

長くなりました。
次回に続くで、すみません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フランス人子供たちの森づくり体験

標高235mの丹那盆地に吹く風も、 だいぶ冷ややかになってきた。

南伊豆を回る

新型コロナのクラスターが全国的に拡大している。 どうやら「第3派」ら

残すべき「世界の農業遺産」-ワサビを!

前回からの続き。 日々の動きに、なかなかブログが追いつきません(泣)

ご当地エネも、頑張ってる。

11月に入ってもなおコロナ禍は収まるどころか、 むしろふたたび(三た

秋の王国と、伊豆の森林(もり)づくり

10月28日(水)撮影。 秋晴れの下、酪農王国オラッチェでは、 満

→もっと見る

  • 2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
自然エネルギー 桃ジャム ムーラン・ナ・ヴァン 久津間紀道さん 森は海の恋人 無添加ジャム あかね 箱根峠 福島屋さん 大地を守る会 備蓄米 カフェ麦わらぼうし 丹那トンネル 震災復興 丹那牛乳 COBOウエダ家 丹那盆地 畑が見える野菜ジュース 稲田稲作研究会 羽山園芸組合 畠山重篤さん ご当地エネルギー協会 川里賢太郎さん 種蒔人 酪農王国オラッチェ 藻谷浩介さん フルーツバスケット ジェイラップ 谷川俊太郎 函南町
PAGE TOP ↑