コロナ禍での模索

公開日: : 最終更新日:2020/08/04 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ, 新型コロナウィルス

6月末から降り続く雨。
途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/12)も夕方から雨。
とにかく毎日、雨、雨、雨、あるいは「曇りのち雨」の連続。
今年の梅雨前線はしつこい。
いやこれも、気候変動の影響のようだ。

九州を襲った豪雨による災害からも2週間が経ち、
死者は77名を数え、2千人以上が避難所生活を強いられている。
コロナ禍での避難所生活は、どんなにしんどいことだろうか。
報道も少なく、こちらの想像も追いつかない。
亡くなられた方々にはご冥福を、被災者にはお見舞いを、
そして避難所から感染者が出ないことを、遠方から祈るばかり。

コロナ感染者数は日々「最大」を更新し、
17日には東京都だけで300人に迫ってきた。
一方で自治体の対策財源は底を尽きかけている。
気になるのは、医療崩壊である。
医療体制が崩れたら、どんな施策もうまく回らない。
経済活動にアクセル踏めるのは、インフラが安定してこそ
出来ることだから。

 

6月16日から再開した酪農王国オラッチェも、
まだ時間短縮かつ注意を呼びかけながらの営業が続く。

酪農の里らしく、
牛一頭分の「ソーシャルディスタンス」が呼びかけられている。

ここはやっぱ
「フィジカル・ディスタンス」と書いてほしいところだけど。。。

 

そして昨日(7月18日)、
人気の「とうもろこし畑の巨大迷路」が開園。

開園直前に台風でやられてしまった一昨年の記憶もまだ新しい。
長雨の中で心配したけど、何とかオープンに漕ぎつけた。
75m × 75m の「コーンの森」の誕生だ。

しかしこの “ 丹那の夏の風物詩 ” も、今年は
マスクに消毒、お客様同士の接触回避と、スタッフの緊張は解けない。
「感染防止」と「経済(事業)」の両立とは、
厳しいストレスとのたたかいでもある。

「とうもろこし畑の巨大迷路」は8月いっぱいまで。
短くなった夏休みですが、
ちょっとした “ コーンの森 ” 体験、なんてひと時はいかがでしょう。
周囲のヒトに注意しながら・・ですが。

なお、このコーンはヒト用ではありません。
閉園後は速やかに刈り取られ、牛たちの食料として蓄えられます。
ここ丹那では、遺伝子組み換えのトウモロコシは使わない、
その意思を持った酪農家が健在なのです。
彼らを支えるのは「消費者の支持」以外ありません。
迷路で遊んでくれた畑は、自給飼料の確保につながっている。
そんな仕掛けに、乗ってほしい。

 

お隣のハーブ園では、
5万本の花が咲き乱れた『丹那のお花畑』期間が、
雨風の影響で早めの終了となって、“ しばしお休み ” 状態。

わずかに残って咲いていたのは、キク科の「エキナセア」。

別名「ムラサキバレンギク」。
花の形が馬簾に似ているから、らしい。
天然の抗生物質とも言われ、
メディカルハーブの代表格とか。

次にハーブ摘みが楽しめるのは、秋でしょうか。

こんな「迷路」企画もハーブ園も、
この地の資産を維持する取り組みに他ならないんだけど、
今年は厳しい経営状況である。
ベースアップもボーナスも返上して、
若いスタッフたちは頑張っている。

 

そんなオラッチェの悩ましい日々を肌で感じつつ、
我がフルーツバスケットは、
連日「かき氷シロップ」の製造に追われる季節。

巣ごもり需要のせいか、
親会社(大地を守る会)や生協さんなどの宅配部門は受注が伸びていて、
長引く梅雨でも、夏季商品はまずまずの売れ行き。

そんな中での、今年の新作は「桃のシロップ」。

大地を守る会の “ 顔 ” とも言える生産者の一人でもある
久津間紀道さん(山梨県笛吹市)の桃を使って、
無添加で仕上げたこだわりの一品。

毎年この時期になると、久津間農園まで直接桃を引き取りに行く。
今年は3回往復する予定。

弊社ウェブストアでもご注文いただけます。
ぜひ一度ご賞味ください。

 

丹那牛乳(JA函南東部)と酪農王国㈱、
㈱フルーツバスケットという3社の、
もっと強い連携強化を、僕はいま提案している。
「地域」を引き受けるために、出来るだけのことをやる、
そのために。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
ジェイラップ 大地を守る会 種蒔人 川里賢太郎さん 桃ジャム 藻谷浩介さん 自然エネルギー 丹那盆地 羽山園芸組合 COBOウエダ家 畑が見える野菜ジュース ムーラン・ナ・ヴァン 谷川俊太郎 函南町 無添加ジャム 稲田稲作研究会 あかね カフェ麦わらぼうし 丹那牛乳 久津間紀道さん ご当地エネルギー協会 震災復興 福島屋さん 丹那トンネル 酪農王国オラッチェ 畠山重篤さん 箱根峠 森は海の恋人 フルーツバスケット 備蓄米
PAGE TOP ↑