為すべきことを為す

公開日: : 最終更新日:2020/01/17 あんしんはしんどい日記, かんなみ百景

遅ればせながらですが-
皆さま、明けましておめでとうございます。
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

平成から令和へと移り、
日本の政治からは「倫理」が絶滅したようです。
会社間の取引契約書に必ず明記される「反社会的勢力の排除」
という項目も、区別が曖昧になってしまいました。
お上から「社会情勢に応じて変化する」と言われると・・・
「社会(とは誰なのか)」の定義から
私たちはやり直さなければなりません。
契約書に代表印を押す手も震えてしまいそうです。

予測以上に人口減少は加速し、格差も拡大していくなかで、
政府は自衛隊の中東派遣を進めています。
自衛隊員も消防隊員も減っていく災害大国で・・・
いったいこの国は何処へ向かうのでしょう。

不安は増すばかりですが、
それでも希望は捨てるワケにはいきません。
「子どもたちの未来のために、為すべきことを為す」
の気持ちで、前に進むしかない。
そんな新年の誓いです。

 

1月4日(土)、2020年の活動を開始。
富士を背にした丹那盆地は、変わらない穏やかな姿で迎えてくれました。


(写真は5日に撮影)

今年の冬は昨年に増して雪が少なく、
春以降の水不足が気になるところです。
大型台風や豪雨による災害も毎年のように起きるようになって、
海外では大規模な森林火災も発生しています。

「気候危機」という言葉まで登場した私たちの星。
制御不能となるティッピングポイント(臨界点)に向かって、
じわじわと温度が上がり続けています。

様々な視点で仕組みを作り変える必要があると分かりつつ、
立ちはだかる巨大なグローバルシステムの前に、
突破口を見いだせない国際交渉を見ていると、
できることはやっぱ “ ローカル ”(地域)を守ることからか、
と思案する日々です。

 

風をつかみ、楽し気に飛んでいるパラグライダーに向かって、
モノも運んでくれないかしら、なんて問うてみたりして-

 

初詣は、丹那盆地を見下ろす「渓月山 長光寺」に参拝。

どうせ不信心者ゆえ、神仏に頼み事はしません。
たてた誓いを忘れないことを約束するのみ。
ただひとつ、神を信じる人々の間での争いは
何とかしてもらえませんか、とは願ってみました。

ちなみに長光寺さん関連では、2016年10月に催した
怪怪施食(かいかいせじき)」なる和製ハロウィン・イベントの
記録集が昨年ようやく出来上がり、1冊頂きました。
僕がブログにアップした写真も使ってくれて、
奥付に名前も入れてくれて、ちょっと嬉しかったです。

 

盆地の田んぼには、どんど焼きが設えられていました。

正月飾りを持ち寄って10日過ぎに焼く習わし、ですよね。
焼く日は地方によって違うみたいだけど。

竹に飾っていたのは、ダルマか。
去年のかしら。。。

今年の、この地の人々の祈りは、どんなだろう。
良い年になりますように。
いや、「したい」ものですね。

 

別荘地「南箱根ダイヤランド」から眺めた風景。
右端に見えるのが十国峠、その先が箱根。
(函南-かんなみ-は “ 箱根の南 ” という意味です。函館の函ですが。)

 

富士山の手前は愛鷹(あしたか)山。
長泉や三島、沼津の町を下りて、左に駿河湾が眺められます。

 

そのはるか向こうに南アルプスの山系も。
僕のカメラではこれが精いっぱい。

 

十石峠から、駿河湾の向こうに沈んでいく夕陽を拝む。

こっちに赴任してから、
時間があれば伊豆半島のあちこちを訪ねたりしてきたけど、
今年ははっきりと「地域」をテーマに定めて、
モノとコトに取り組んでみたいと考えています。

ぬるま湯に浸かりながらクダを巻いているうちに、
いつの間にか煮え湯になっていることに気づかず、
ついに意識を失ってしまう、
そんな茹でガエルだけにはなりたくない。

小さくても新しい芽をひとつ
 - そんな思いで歩き続けたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「コロナ2年」年頭に祈る

皆さま 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 CO

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
久津間紀道さん あかね 畑が見える野菜ジュース フルーツバスケット 畠山重篤さん 森は海の恋人 福島屋さん 備蓄米 川里賢太郎さん 藻谷浩介さん ムーラン・ナ・ヴァン 丹那盆地 カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム 稲田稲作研究会 COBOウエダ家 酪農王国オラッチェ 函南町 種蒔人 大地を守る会 箱根峠 自然エネルギー 震災復興 谷川俊太郎 羽山園芸組合 ジェイラップ 丹那牛乳 桃ジャム ご当地エネルギー協会 丹那トンネル
PAGE TOP ↑