ヤエモンさんとの約束

公開日: : 最終更新日:2019/08/07 あんしんはしんどい日記, 脱原発・自然エネルギー

7月28日、東海地方もようやく梅雨が明けました。
正確には「明けたと思われる」ですが。。。

平年より1週間遅く、異常に早かった昨年とは19日の差がある。
毎年々々、フツーじゃない天候に振り回されるようになって、
農家の心痛は増すばかりだろうか。
これまでの日照不足を挽回できればいいんだけど・・・

 

前日27日(土)は台風による雨で、
僕は「もう梅雨じゃぁないんじゃないのぉ」とか思いながら、
土砂降りの中、富士市にある
パルシステム生協・静岡(以下、パル静岡)のセンターを訪ねた。

パル静岡は設立12年目に入ったまだ若い単協だけど、
連合本部(東京)からの商品供給に頼るだけでなく、
地産地消をテーマに、県内産地・メーカーと提携して
独自の商品開発を意欲的に進めてきた。
また生産者・メーカー側も、そんなパル静岡をバックアップしようと
自主的に「応援団」を結成して、組合員との交流や体験企画などを
積極的に行ってきた。
規約も会費もない、団員と自覚した生産者たちの集まりで、
我が社もいつの間にかメンバーということになってしまっている。
団長は、ケーキ用の卵をいつも頂いている伊豆鶏業の佐藤俊夫さん。
去年の8月には「伊豆産地交流会」を一緒に実施した先輩である。

そんなユルユルだけど思いのある応援団から招集がかかって、
雨脚が強まる中、12社の方々が集まった。
パル静岡1年間の事業報告を受け、新しいスタッフが紹介され、
生産者同士の親睦を兼ねた情報交換の時間が設けられ、
午後には配送スタッフたちも家族連れで集まってきて、
「夏祭り」と称して倉庫の屋根の下でバーベキューが開かれた。

来てくれた生産者・消費者に楽しんでもらおうと、
流しそうめんや “焼き将軍” に汗を流すスタッフたち。
大地を守る会も昔はこういうのをよくやったなぁ・・・と
懐かしい気分に浸りながら、しかし今、
自分の腕では何ひとつ作っていないくせに、
生産者側の立場で受け止めている自分を、自覚する。
この世界(業界?)で、お前にはまだやるべきことがあるのだと
指示されて、ただつっ立っているような、
そんな足元おぼつかない感じで。。。

 

週が明けて29日(月)の夜、
今度は沼津にある生活クラブ生協・静岡のセンターに顔を出した。
持ちかけていた映画『おだやかな革命』上映会の
チラシが届いたとの連絡で、打ち合わせも兼ねて伺った。

きたる10月6日(日)、
生活クラブ生協・静岡と㈱フルーツバスケットの共催で、
沼津にて特別上映会の開催です。
ゲストは大和川酒造当主で「ご当地エネルギー協会」代表理事の
佐藤彌右衛門(やえもん)氏。
ご講演の演題は「再生可能エネルギーと地域の自立」。

いよいよ宣伝開始となりました。

上映会チラシPDF

 

パルシステム生協と生活クラブ生協はライバルではあるけれど、
僕にとってはどちらも地域で伸びてほしい生協だ。
ライバルがしのぎを削って競い合うことが
ともに伸び、社会を変える力にもなってゆく。
僕はそんな勢いのあった時代を、かつて経験している。
だからこそ、どっちも応援する。

 

地域を豊かにする企業になる。
フルーツバスケットに赴任して以来
思い続けてきたミッションであり、
これはヤエモンさんとの約束でもある。

本当のたたかいが始まったようで、血が騒いでいるのであります。

東京から日帰りも可能です。
上映後には彌右衛門さんを囲んで一席、も用意して
皆さまをお待ち申し上げる所存です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
酪農王国オラッチェ 桃ジャム ジェイラップ 函南町 あかね 畑が見える野菜ジュース 藻谷浩介さん 種蒔人 ムーラン・ナ・ヴァン 谷川俊太郎 震災復興 羽山園芸組合 大地を守る会 COBOウエダ家 フルーツバスケット 丹那牛乳 ご当地エネルギー協会 畠山重篤さん 稲田稲作研究会 福島屋さん 森は海の恋人 丹那盆地 カフェ麦わらぼうし 自然エネルギー 丹那トンネル 箱根峠 川里賢太郎さん 久津間紀道さん 備蓄米 無添加ジャム
PAGE TOP ↑