麦秋の一日

公開日: : 最終更新日:2019/06/08 かんなみ百景, 日々日々フルーツバスケット

6月2日に開催された「森は海の恋人」植樹祭の報告をしなきゃ
と思いつつも、いろいろと思いが拡散してうまく整理できず、
先に直近の報告を。

 

ご注文を賜りながら偉そうにケチつけているG20ですが、
さらに追加注文が入ってきました。
環境大臣会合にも採用されたとのことで、
軽井沢のホテル宛てに送れとの指示。

今度はアップル&キャロットジュースに加えて、
エコブラック(無糖の缶コーヒー)も入りました。

いいねえ。
コーヒー豆の故郷・メキシコの動きも合わせて伝えたいところです。

 

各国・環境大臣の方々。
皆さんが飲んでいただけたなら、1本につき1円が
エクアドルでのアグロフォレストリー(森をつくる農業)の
取り組みに寄付されます。
ご支援方、何とぞよろしくお願い申し上げます。

このコーヒーを通じて僕らは何を売って(買って)いるのか、
それによってお金がどう回って、何を支えているのかを
伝えることができる。

大臣、今日あなたが何に小さな投票をしたのかも。

こんな積み重ねによって時代が変わっていくなら、
楽しいんだけどね。。。
まあ地道に、粘り強く、
多様な生命を養う持続性の高い森が育っていくことを信じて、
作り続けたいと思う。
今日のところは、素直に喜ぶこととします。
ブログの影響力が皆無なのがちょっと寂しいけど・・・

 

丹那盆地の一角では、麦が稔りを迎えました。
麦秋の風景。

 

盆地の上の丘では、ソバの花も咲いてます。

このソバを育てるのは、丹那盆地を撫でるように走る
熱函道路沿いで蕎麦屋を営む鈴木亮司さん。
自らソバの栽培から始め、製麺も自家で、
かつ丹那産そば100%という徹底ぶり。
お店の名前は『丹那そば 亮月』。
わたくし最低週に一回は必ず入ってしまう、
お気に入りの蕎麦屋さんです。

 

昨年は悪天候に振り回され、
収量も厳しかったと聞かされていたので、
今年もこれからの天候が気になるところです。
梅雨が早まれば麦には赤さび病という大敵がやってくる。
これにやられたら、使い物にならなくなる。

ムギもソバも、無事フツーの収穫に漕ぎつけることを願う。
畑の様子と私の胃袋がつながっていることを実感できるのは、
フツーのようで、いや「有り難い」ことなんだと思う
麦秋の一日でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
函南町 桃ジャム 森は海の恋人 畠山重篤さん 酪農王国オラッチェ 箱根峠 丹那盆地 自然エネルギー あかね ご当地エネルギー協会 藻谷浩介さん 福島屋さん ムーラン・ナ・ヴァン フルーツバスケット 種蒔人 畑が見える野菜ジュース 羽山園芸組合 無添加ジャム 丹那トンネル ジェイラップ 震災復興 川里賢太郎さん 稲田稲作研究会 大地を守る会 備蓄米 久津間紀道さん 谷川俊太郎 カフェ麦わらぼうし COBOウエダ家 丹那牛乳
PAGE TOP ↑