「平成」最後の日に

4月30日、「平成」最後の日。
世間はまるで大晦日のような雰囲気だ。
そんなお祭りムードで元号の変わり目を喜びバカ騒ぎできるのも、
崩御でなく生前での皇位継承によるからであって、
30年前の、ほぼ強制的な「自粛」一色モードを記憶する者
からすれば、この経済効果は計り知れないと思う。
「平成天皇」最後にして最大の経済的貢献ではないだろうか。
経済アナリストたちの誰一人として、
このことを語らないのが不思議だ。

お陰さまで、我が社も自粛の圧力を受けることもなく、
やり繰りしながら出勤する大型連休であります。
今日も牛乳寒天部門は粛々と変わらない業務をこなし、
製造1課は新たに入荷したパインの前処理作業にあたっています。
沖縄・真南風(まはえ)の坂本シャチョ~!
こっちも頑張ってんだから、量が少ないとか文句言わないでね。

 

前回書き終えられなかったG20の話。
経済閣僚会議で我が社のジュースが採用されたのは
有り難いことではあるけど、
この国際会議に政府が用意している地球温暖化対策は、
許し難い。

「2050年までに温室効果ガスを80%削減する」
この長期目標を実現するために有識者会議が設置されたのだが、
その会議の提言では、原発について
「安全性確保を大前提とした原子力の活用については議論が必要」
という表現に留まっていたにもかかわらず、政府案では
原発を脱炭素化の選択肢として「再稼働を進める」となった。
「もんじゅ」で頓挫したはずの高速増殖炉にも
前向きの姿勢を打ち出すそうだ。
諮問会議とは何なのか。怒れよ、有識者たち!

再稼働した原発ではテロ対策の遅れが確実となって、
すべて停止する可能性が出てきた。
廃炉スケジュールは延びてゆくばかりで、
高濃度放射線廃棄物処理の道筋は今も霧の中だ。
韓国の水産物輸入制限を提訴したWTOでは敗訴した。

「脱炭素化」の政策的選択肢は広がってきている。
自然再生エネルギーの飛躍的成長が進む国際社会に
取り残されつつある日本が、さらにG20で
再稼働推進を宣言するって・・・ありえないだろう。

「作ることはできても消すことができない。
 子孫と地球全体にどんな影響を与えるかについて、
 満足に答えるすべを持たない」
   (『高木仁三郎 反原子力文選』から)

原発は、どう考えても未来への選択肢にはなり得ない。
どんな議論になるのか注視しようと思う。

我が社の「アップル&キャロット」は
国際会議の一日、ただ中身で静かに語るだけ。
ジュースにストローはついてないけど、ご了解を。

 

そんな苛立ち紛れの、平成最後の日。
「業務文書は西暦で統一する」と宣言しつつも、
節目の日ともなれば、何か心身を清め直そうかという
思いも湧いてきたりするもので、こっそりと
会社から車で数分の古刹・長光寺を訪ねた。

住職は前にもこのブログで登場してもらったことのある
アーティスト・柿沼忍昭和尚

副住職である猫のきいちゃんが出迎えてくれる。
いや、本人(本猫?)は気まぐれでどこかに行ったようで、
代理を置いていったようだ。

本堂前に置かれた石。
この寺は何度来てもいい。

境内から墓所に向かう脇には、
「昭和書碑林」と呼ばれる一角があって、
現代書の先駆者の書碑が配置されている。

手前は「吟風弄月」、手島右卿柞。
その向こうは「愛」、佐野丹丘柞。
右に見えるのは「大吉」、上田桑鳩柞。
他にも見てほしい書碑があるけど、今日はこれだけ。

せっかくの今日の日なので、
御朱印をいただこうかと、社務所に向かう。

柿沼住職直筆の御朱印をいただく。
インスタグラムで目下拡散中といわれるアート御朱印。
記念すべき平成最後の一筆。
いや、僕のあとにもいたか・・・

 

柿沼忍昭という僧侶、遊び心を発揮するお坊さんでもあり、
御神籤(おみくじ)はなんとガチャなのだ。
コインを投入してガチャッと回す、駄菓子屋の店先にある、
あの子供を誘惑してやまない小道具。
しかも一枚一枚手書きのお札と洒落ている。

本日の運勢-末吉。

「のんびりゆくもよし」か。
ウーン、そうもいかないんだよね、これが。。。
もう一枚、ガチャしてしまう。
出た言葉は、「中喝」とあった。
吉凶だけでなく「喝」も入れてますからね、と。

曰く-「背伸びするな!!」

見透かされているような、、ヤな寺だな。
今度は、安倍さんを連れてきたい。

迷い、怒り、それでも希望は捨てずに生きたいし、
これでいいのか・・・と問い続けた「平成」も、幕となりました。
引き続き迷いを抱えて、「令和」へと突入します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3年ぶりの「堰さらい」で憂うこの国の姿

3年ぶりに帰ってきた。 「帰ってきた」とはおこがましいか。 以前だ

「願」成就を祈る、いや「誓う」で

その昔、桃源郷とも呼ばれた丹那盆地。 令和元年となった日の風景。

「平成」最後の日に

4月30日、「平成」最後の日。 世間はまるで大晦日のような雰囲気だ。

年々早まるパインの収穫にG20・・

藪のほうから鶯の鳴き声が聞こえてくる。 ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ケキョ!

元号の変わり目に-

5月1日をもって日本の元号が「令和」になります。 「初春令月 気淑風

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
丹那盆地 羽山園芸組合 ジェイラップ 稲田稲作研究会 酪農王国オラッチェ COBOウエダ家 福島屋さん 函南町 畑が見える野菜ジュース 自然エネルギー 箱根峠 森は海の恋人 種蒔人 谷川俊太郎 大地を守る会 藻谷浩介さん あかね 丹那牛乳 ご当地エネルギー協会 フルーツバスケット 丹那トンネル 備蓄米 川里賢太郎さん ムーラン・ナ・ヴァン カフェ麦わらぼうし 久津間紀道さん 無添加ジャム 桃ジャム 震災復興 畠山重篤さん
PAGE TOP ↑