“忘れない” を誓う日

公開日: : 最終更新日:2019/04/10 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ, 震災復興

3月はプレッシャーの月である。
年度末の総括に決算、来期予算編成、人事考課・・・
懸案だった就業規則の改定も終わらせたい。。。
中小企業のシャチョーが孤独とたたかう3月。
楽観主義者にならないと生きていけない。
何とか切り抜けよう。
母校の「21世紀枠」に励まされながら。

写真が貼りつけられただけのブログの下書き。
眺めても集中できず、一向に進まない。
つい先日のことなのに、
遠い昔の出来事のように思ったりする。
しかしこれも自分で自分に課した務めである。
書かないと前に進まない。
偉大なるイチロー君も言っているぞ。
「少しずつの積み重ねでしか自分を超えていけない。
 地道に進むしかない。」

 

3月8日(金)、親会社である
ORD(オーディ、オイシックス・ラ・大地㈱ の略称)
の社員20数名が丹那研修にやってきた。

丹那牛乳(函南東部農協)にフルーツバスケット、
そして酪農王国オラッチェ。この3社の歴史と
深いつながりを、新しい会社となったORDの
若い社員たちに、しっかり体感してもらう研修会。
今回の参加者は、元らでぃっしゅぼーやの人が多かったか。

まずは丹那牛乳・片野組合長のレクチャーから。

丹那盆地での130年に及ぶ酪農の歴史。
1982年、大地を守る会と出会い、
全国に先駆けて低温殺菌牛乳を開発したいきさつ。
その後の関係の深化に、らでぃっしゅぼーやとの提携
もあって、1997年の酪農王国建設へと発展したこと。
しかし草創期の王国の運営は厳しいものだった。
農協の経営まで危なくなるぞと、
金融部門を取り上げられるというどん底体験もした。
らでぃっしゅぼーやも途中で運営から身を引いた。
そんな苦難の時代を乗り越えて、今日まで来たこと。

「今はおかげさまで黒字でやってます」と笑いながら、
らでぃっしゅ~ のスタッフには耳の痛い皮肉も
一発かましてしまう組合長だった。
まあね。「逃げたなぁ、この裏切者~!」と言いたくなる
気持ちも分かるけど、もう昔の話だし、
何もここで若者たちに言わなくても・・・

気にしなくていいよ、君たちのせいじゃないんだから-
と陰でフォローする私。
でも覚えておいてほしい、とは思う。
人には消せない記憶というものがあることを。

低温殺菌牛乳の飲み比べと説明に続いて
工場から牛舎まで見学し、
酪農家たちと一緒にお昼を食べながら交流して、
午後はフルーツバスケットの概要説明。

ここは大地を守る会の歴史や理念を体現してきた場所
であると同時に、今では地域活性化を担う重要な拠点となって
進化を続けていること。
そしてそれを支え続ける関連会社がこの地にあることを、
オーディスト(ORD社員)たちも誇りにしてほしい・・・
そんなことを伝えた。
帰り際には、ORD3ブランドの合併に、生産者たちは
すんごく期待していることも忘れないでほしい、とも。
僕らには背負っているものがある、ということだ。
引き受けようじゃないか。

 

続く3月10日(日)。
東日本大震災から丸8年。今年も “忘れない” を胸に、
オラッチェではチャリティイベント
『被災していない 僕たちが頑張る!』が開催された。

 

地元の飲食店中心に出店が並び、
どのブースも売上の40%以上を義援金とする仕組み。
それに参加者のカンパも含めると、
1日で100万円以上集まるんだから、結構スゴイと思う。
義援金は毎年、宮城県石巻市に寄付されている。
ふるさと納税より、よっぽど偉いと思う。

 

今年も東北から届いた牡蠣が振る舞われる。
すっかり、このイベントに欠かせない一品になっている。
しかも今年は「全額寄付!!」という
思い切った牡蠣チャウダーまで登場した。

 

特設ステージではプロから子どもたちまで登場しては
歌やダンスが披露され、広場でも音楽の輪ができ、
動物たちも何だか嬉しがっているように見える。

 

地元高校の伝統芸能部による太鼓演奏。
彼らも毎年盛り上げてくれる。

 

そして午後2時46分。
黙とうに続いて曹洞宗の僧侶による法要が始まる。

一人一人の思いは各々異なるだろうけど、
“ 忘れない ” の思いはひとつにして、祈りを捧げる。
3.11後の数年、福島に通った日々を思い起こし、
湧き上がってくる怒りや悲しみや悔しさを抑えながら、僕も祈る。

実は、「被災していない僕たちが~」というコピーには
ずっと違和感を感じてきた。
それはその通りなんだけど、線を引かないでほしいな、
という気持ちになるのだ。
東日本も阪神も熊本も、いずれ来るであろう南海トラフも、
僕らは地つづきでつながっているわけで、
経験してない事態を「我が事」として受け止めるのは難しいけど、
せめて他人事への情けで終わらせないようにしたい。
特に原発事故は、すべての人が当事者であることを教えたはずだし、
福島と東京は今もって電線でつながっている。

 

忘れない、は背負って(あるいは腹にためて)生きることでもあり、
何がしかでも引き受ける、という生き方を迫るものでもあるか。
そんな気がしてきた。

ともあれ、伊豆半島の一角で、
今年も忘れずに祈った人たちがここにいる、とは伝えたい。

長くなったので、改めてここに貼りつけたいと思った詩を
次回に-。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3年ぶりの「堰さらい」で憂うこの国の姿

3年ぶりに帰ってきた。 「帰ってきた」とはおこがましいか。 以前だ

「願」成就を祈る、いや「誓う」で

その昔、桃源郷とも呼ばれた丹那盆地。 令和元年となった日の風景。

「平成」最後の日に

4月30日、「平成」最後の日。 世間はまるで大晦日のような雰囲気だ。

年々早まるパインの収穫にG20・・

藪のほうから鶯の鳴き声が聞こえてくる。 ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ケキョ!

元号の変わり目に-

5月1日をもって日本の元号が「令和」になります。 「初春令月 気淑風

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
函南町 桃ジャム 無添加ジャム 丹那牛乳 大地を守る会 COBOウエダ家 ご当地エネルギー協会 森は海の恋人 震災復興 ムーラン・ナ・ヴァン 藻谷浩介さん 種蒔人 自然エネルギー 川里賢太郎さん 箱根峠 畑が見える野菜ジュース 羽山園芸組合 フルーツバスケット 備蓄米 あかね 丹那盆地 谷川俊太郎 福島屋さん 畠山重篤さん 久津間紀道さん 酪農王国オラッチェ カフェ麦わらぼうし 稲田稲作研究会 丹那トンネル ジェイラップ
PAGE TOP ↑