新年に「嘘」を語る悲しき時代よ

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 あんしんはしんどい日記, 雑記その他

皆さま。
遅まきながら、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

1月4日(金)朝7時10分。
アパートの玄関を出たところで、富士に一礼。

良い一年にしよう。
気合いを入れての本年初出勤です。

わりと落ち着いた、というか穏やかな新年のスタート。
ってことは、あまりブログ・ネタもなく、
そこで前のめりの決意表明などすると
あとがつらくなったりするので、
そこは内に秘めたるなんちゃらということにして、
こんな切り口で
2019年のブログをスタートさせていただきます。

 

1月7日(月)、新聞(朝日)の朝刊をめくっていて、
2面にわたる見開き広告が目に飛び込んできた。
例年、新年に出す宝島社のメッセージ広告だ。
元旦からここまで、ダラダラと目を通すだけだったのが、
思わず目が覚めた思いで、拍手喝采を送りたくなった。

曰く、

嘘つきは、戦争の始まり」。

コピーにはこうある。

「イラクが油田の油を海に流した」
その証拠とされ、湾岸戦争本格化のきっかけとなった一枚の写真。
しかしその真偽はいまだ定かではない。
ポーランド侵攻もトンキン湾事件も、嘘から始まったと言われている。
陰謀も隠蔽も暗殺も、つまりは、嘘。
そして今、多くの指導者たちが平然と嘘をついている。
この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく。
今、人類が戦うべき相手は、原発よりウィルスより温暖化より、
嘘である。
嘘に慣れるな、嘘を止めろ、
今年、嘘をやっつけろ。

同じ日の読売新聞には、違う写真とコピーが掲載された。
こちらのキャッチは-

敵は、嘘。

「いい年した大人が嘘をつき、謝罪して、
  居直って恥ずかしくないのか。」
いいですねぇ、この直球。

毎年、楽しませてくれる宝島社の広告。
昨年は、原爆のきのこ雲をバックに 『忘却は、罪である』。
一昨年は、女優・樹木希林さんの
『死ぬときぐらい 好きにさせてよ』 だった。

 

人間生きていれば、小さな嘘はある。
しかし公という場で虚偽・改ざん・隠蔽・開き直りが
まかり通る世の中は、許してはいけない。
そして、それが当たり前に続けば続くほど、
感性が鈍感になっていくことを、恐れたいと思う。
気づいた日に、後悔しないためにも。

他社の褌(ふんどし)を借りてのメッセージは
恥ずかしいけど、本年最初の共感ということで-

今年こそ、嘘をやっつけましょう。

しかし・・とは言え、新年に「嘘」を語る時代とは、
悲しいものですね。
一人の力は小さくても、一日一日、
為すべきことを為していきたいと思います。

次は、希望を感じさせてくれる新年のお便りを
紹介させていただきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
丹那トンネル 自然エネルギー 大地を守る会 藻谷浩介さん フルーツバスケット 森は海の恋人 ご当地エネルギー協会 畠山重篤さん 無添加ジャム 種蒔人 桃ジャム 丹那盆地 福島屋さん ムーラン・ナ・ヴァン 川里賢太郎さん 羽山園芸組合 畑が見える野菜ジュース 久津間紀道さん COBOウエダ家 ジェイラップ 震災復興 カフェ麦わらぼうし あかね 丹那牛乳 箱根峠 稲田稲作研究会 函南町 酪農王国オラッチェ 谷川俊太郎 備蓄米
PAGE TOP ↑