ムーランのケーキで merry Xmas!

公開日: : 最終更新日:2018/12/24 日々日々フルーツバスケット

本日12月21日(金)、大地を守る会や
生協向けXmasケーキ(冷凍)の出荷が終わり、
いよいよ地元で予約いただいた方々向け生ケーキの
製造が始まる。

同時に、今年は曜日の関係で、配達も始まった。
農協さん(丹那牛乳)や保険会社、信用金庫さんはじめ、
社内で注文を取りまとめてくれる事業所がある。
けっこうな数の注文をくれる酪農家の方もある。
加えて昔からのファンの方がいる。


(レアチーズケーキ ブルーベリー)

今日から25日まで、引き取りに来る方に
対応しながら、営業部は手分けして配達に出る。
毎年欠かさず、Xmasはムーランのケーキで、と
楽しみにしてくれている人たちが地元にたくさんいること、
これはとても幸せなことだと思う。

その “約束” を果たすために、
ケーキ工房の正念場は25日まで続く。
どんなに遅くまでかかろうがやり遂げなければならない、
一年で最大のイベント。
営業部スタッフもまた、配達と引き取り対応で
連休返上となる。
みんな頑張ってくれている。

しかも今年は去年よりも注文が多い。
しっかりやり切って、笑顔で正月を迎えたい。
引き取りに来た方も嬉しそうに
お礼を言って帰っていかれる。


(チョコレートケーキ)

大地を守る会や生協を通じて
お買い求めいただいた方々も含め、
それぞれに過ごす夜のスタイルは違うだろうけど、
ムーラン・ナ・ヴァンのケーキが
特別な夜のひと時に笑顔を与えてくれたなら、
嬉しい。

今年は一時休業からスタートした
ムーラン・ナ・ヴァン。
経営的には厳しい手づくり工房だけど、
手応えは感じた1年でもあったし、
やっぱりなくすワケにはいかないと
改めて誓った年末である。
笑顔と「美味しかった」の声が届く限り、
ていねいに作り続けたいと思う。


(苺のショートケーキ)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「コロナ2年」年頭に祈る

皆さま 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 CO

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
谷川俊太郎 大地を守る会 森は海の恋人 丹那盆地 無添加ジャム 函南町 藻谷浩介さん カフェ麦わらぼうし 箱根峠 畑が見える野菜ジュース 稲田稲作研究会 桃ジャム 酪農王国オラッチェ COBOウエダ家 ご当地エネルギー協会 備蓄米 自然エネルギー ジェイラップ ムーラン・ナ・ヴァン 丹那トンネル あかね 羽山園芸組合 フルーツバスケット 畠山重篤さん 丹那牛乳 震災復興 種蒔人 久津間紀道さん 福島屋さん 川里賢太郎さん
PAGE TOP ↑