支援物資でつながる・・・感謝と願いと

公開日: : 最終更新日:2018/07/13 オイシックス・ラ・大地, 日々日々フルーツバスケット

この度の西日本各地を襲った豪雨災害により亡くなられた方々
ならびに被害に遭われたすべての方々に、
心よりお悔やみとともにお見舞いを申し上げます。

 

弊社関連では、広島県三原市に本社を置く「(株)ヒロシマコープ」さんに、
弊社オリジナル商品『にっぽんのお茶』(有機栽培茶/500ml・PETボトル)
ならびに各種加工品の原料となる国産レモン果汁およびミカン果汁の
製造・保管を委託しておりましたが、
本社工場が河川の氾濫により2mにおよぶ浸水を受け、
事務所とともに保管していたレモン果汁とミカン果汁が全滅する
という事態となりました。

一方、『にっぽんのお茶』を保管していた外部倉庫は
被害を免れることができました。
そこで、親会社である「オイシックス・ラ・大地(株)」の
緊急支援活動(※)と連携しつつ、ヒロシマコープさんとも相談し、
在庫から50箱(1,200本)を
被災地への支援物資としてお送りすることにしました。

支援先については、
現地で支援活動を展開する団体と協議・調整した結果、
地元・三原市ではなく呉市に届けることとなったのですが、
すぐに運送会社を手配するも手当てがつかず、
結局、NPO法人「ピースウェイブジャパン」さんが
直接引き取りに来ることとなり、
本日正午過ぎに、呉市から三原市の倉庫に到着。
全量を積んで(量が多かったのでけっこう苦労したらしい)すぐに引き返し、
今夜、何とか呉市の拠点まで運び終えたとの連絡です。
明日(7月13日)には、避難所に分配するとのこと。
道路事情の悪い中、こうして物資供出者と避難者を結ぶ人たちが、
昼夜徹して走っていることを思うと、胸が熱くなります。

必要なものを必要なところへ-
運ぶだけでなく、適正な分配に汗をかいている人たちもいることを
忘れずに、手を合わせたいと思います。

 

自社工場が甚大な被害に遭ったにも拘らず、
「できることは何でもやります」とご協力いただいたヒロシマコープさん、
ならびに独力でお茶を運んでいただいたピースウェイブジャパンさんに
深く感謝申し上げるとともに、
ささやかながらも被災地の皆さんのお役に立てることを、
また一日も早い復興を、心より願っております。

 

(※)「オイシックス・ラ・大地(株)」が行っている支援活動については、
こちらからご確認ください。
 ⇒ https://www.oisixradaichi.co.jp/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

為すべきことを為す

遅ればせながらですが- 皆さま、明けましておめでとうございます。

「大和魂」を胸に刻んで

醜悪、汚らわしい・・ 日本中の桜が泣いているぞ! 恥を知れ! と言

桜まで汚された令和元年、でも希望は捨てずに…

我が社ケーキ工房のX'masイベントも終わり、 いよいよ年の瀬を迎え

10月のプレイバック(後半戦)

今さら感は拭えませんが、 まだ復旧途上の場所も多く、避難生活が続いて

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
福島屋さん あかね 桃ジャム ムーラン・ナ・ヴァン 畠山重篤さん ご当地エネルギー協会 森は海の恋人 丹那トンネル 丹那盆地 COBOウエダ家 川里賢太郎さん 備蓄米 藻谷浩介さん 震災復興 フルーツバスケット カフェ麦わらぼうし 自然エネルギー ジェイラップ 畑が見える野菜ジュース 箱根峠 種蒔人 無添加ジャム 久津間紀道さん 稲田稲作研究会 羽山園芸組合 大地を守る会 丹那牛乳 谷川俊太郎 酪農王国オラッチェ 函南町
PAGE TOP ↑