やおよろずに誓った新年

皆さま、明けましておめでとうございます。
お正月はいかがでしたでしょうか。
終わってみれば、
駅伝は青学4連覇、ラグビーは帝京9連覇。
もう我が母校(W)でなくてもいい、
来年は誰かやっつけてくれ~ の気分で、
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

で、4日から業務を開始するも、
すぐに連休に入ったりしてペースが上がらず、
ここは気持ちを一新させようと、函南の
アパートの近くにある神社に出向いたのであります。
信仰心ゼロの人間が新年だけ、
しかもわずかの賽銭で願をかけたところで
ご利益があるわけでないことぐらい、知っている。
ここはただ家族や友人たちの無事を祈り、
そしてすべての生命の源である天と地に、
願いではなく誓いを立てる、それでいいのだと。

というわけで、ここは「天地神社」。
一説では、
縄文時代から自然崇拝の祈りの場所であったとか。

樹齢800年の大楠にも手を合わせる。

今年は戌年ということで、
狛犬様にも。

 

神社の裏手にお寺が見えたので、
坂道を下りていって、こちらにもお参りする。
臨済宗円覚寺派「養徳寺」とある。
きれいな禅寺だった。

門を潜ると石庭があり、
右手前に鎮座していたのは「育児観音」さま。

子供たちの未来に平和と幸あれと、
手を合わせる。

その隣には「父母観音」さま。

子孫繁栄を願って、多くの人が参ったのだろう。
でも今日はひっそりと、静寂の中だ。

こちらの観音様には、
「一切衆生悉有佛性」の文字が刻まれていた。

「いっさいしゅじょうしつうぶっしょう」
  - 生きとし生けるものすべてに仏性あり。
僕もホトケになれるだろうか・・・迷いながら拝む。

墓所を上がっていくと、
高台におわすは・・

「三界萬霊等先達善尊」とある。
さんがいばんれいとうせんだつぜんそん?
この世のあらゆる霊を善に導く尊師、、という意味か。

尊師目線から望んだ富士。

ここでも合掌し、誓いを立てる。

神さんから仏さんまで拝みまくり、
最後は自然崇拝。
まさに “八百万(やおよろず)の神” の民だね。

しかし、何故かいつも、
立ち止まって胸がざわついてしまうのは、
路傍の石仏のほうだったりする。
これはいったいどういう仏性なんだろうか。

何はともあれ、今年も一年、
前に進むことを誓う。
願わくば、その道が誤りでないことを。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
大地を守る会 ご当地エネルギー協会 ジェイラップ 谷川俊太郎 羽山園芸組合 桃ジャム 福島屋さん 丹那トンネル 畠山重篤さん カフェ麦わらぼうし フルーツバスケット 藻谷浩介さん 函南町 森は海の恋人 種蒔人 震災復興 丹那牛乳 無添加ジャム 箱根峠 COBOウエダ家 酪農王国オラッチェ 丹那盆地 あかね 久津間紀道さん 自然エネルギー 川里賢太郎さん 稲田稲作研究会 ムーラン・ナ・ヴァン 備蓄米 畑が見える野菜ジュース
PAGE TOP ↑