『もろこし畑』3種、無事入荷

公開日: : 最終更新日:2017/10/05 あんしんはしんどい日記, 日々日々フルーツバスケット

昨日(10月3日)朝イチで、
FB伊豆の国センターに大型トレーラーが入る。
北海道から、
我が社のテッパン商品「もろこし畑」(コーン缶詰)の
クリームタイプと裏ごしタイプ、
合わせて5千ケースの到着である。

先週は9月28,29の両日に、
ホールカーネル各5千ケース、計1万ケースも到着している。
これで合計1万5千ケース。
あと1回か2回で、1年分のコーン缶が入荷完了となる。

社員・パートさんも動員して、
パレットに積み替え作業を行う。
僕も、「大丈夫っすか」と年寄り扱いされながら、
荷台に乗り込んで作業に入る。

手作業での積み替えは、量が量だけに結構きつい。
まあ僕はしょせん補助的な作業員でしかなかったけど、
それでも汗だくだくになる。

きついけど、モノが予定通り入るのは嬉しい。
やっぱこれは、俺たちにとっての秋の恒例イベントなのだ。

去年は台風によって、ホール缶が全滅した。
今年も冷凍ホールコーン(袋入り)の減産は余儀なくされたものの、
定番3種の入荷を確認できて、
去年からの “打つ弾(たま)なし” 的なストレスから
ようやく脱したことを実感する。

積まれた商品の山。
ギアを入れ直して、“さあ、売るぞ!” モードに入る。

食卓に安心と安全を届け続ける。
縮んでゆく一次産業を励ましながら。
このたたかいに、終わりはない。
でも食卓からの嬉しい言葉があれば、頑張れる。
吹き出す汗が喜びになれば、
風も気持ちよくなる。

土砂災害でドライパックの製造ラインを失って、
今年からは水煮製造になってしまったけど、
生産者も栽培内容も確認できる北海道産コーンです。
農薬は慣行(一般)栽培の半分以下。
好評の声が復活することを祈りつつ、、、再開です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

下山久信、来丹。叱りに来たか・・

6月17日(水)、 株式会社フルーツバスケット株主総会開催。 前期

梅雨入りの公園散歩で-

「ようやく」というか、「ついに」というか、、、 僕のところにもアベノ

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
森は海の恋人 ジェイラップ 藻谷浩介さん 大地を守る会 COBOウエダ家 稲田稲作研究会 丹那牛乳 備蓄米 丹那トンネル 震災復興 畠山重篤さん 羽山園芸組合 種蒔人 丹那盆地 ご当地エネルギー協会 酪農王国オラッチェ あかね 無添加ジャム 自然エネルギー 函南町 ムーラン・ナ・ヴァン 福島屋さん 桃ジャム 久津間紀道さん カフェ麦わらぼうし 箱根峠 フルーツバスケット 川里賢太郎さん 畑が見える野菜ジュース 谷川俊太郎
PAGE TOP ↑