暑いですね。

公開日: : 最終更新日:2017/07/22 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ, 日々日々フルーツバスケット

皆さま、暑中お見舞い申し上げます。
まだ梅雨は空けてないのに、猛暑ですね。
体調はいかがでしょうか。

 - と書き出したまま5日ほど放っていたら、
19日に梅雨明けが発表されてしまった。
しかしこれで梅雨明けとなると、今度は水不足が心配になってくる。

日本はもともと洪水と渇水を繰り返す宿命にあるけど、
降る時の量と災害は年々激しくなってきている感じだ。
温暖化の影響とも言われるが、
山が荒れ田も荒れしてきて、国土の劣化も進んでいる。
中山間地の棚田は食糧だけでなく、
洪水と土壌流亡を防ぐ役割も果たしていたことを、
21世紀の人々は改めて思い返す必要があるのではないか。。。

 

このところは管理業務に追われ、
新しいネタもないような日々が続いた。
先週は浜松で展示商談会があったけど、営業部に任せた。

牛乳寒天事業を継承して、
静岡県各地のスーパーさんとのお付き合いが広がった。
今回はそれらスーパーのバイヤーさん向けに
我が社の主力製品の売り込みである。

「モノが良いのは分かるけど、値段がねぇ・・・」
「この価値にどれだけのお客さんが反応してくれるか・・」
が、まあだいたいの反応。
でも地方のスーパーだって、
安全性を重視する店は増えつつある。
しっかりと中身を見てくれる消費者を増やしていくこと。
それも全国各地に、だ。
そうしないと生産も細っていってしまう。
地味な営業でも続けていかねば、と思うワケです。

 

丹那盆地も、すっかり夏。
稲は順調に伸びている様子。
地下水の豊かな土地なので、
さすがに水不足はないと思うが。。。

7月に入り、酪農王国オラッチェにも
来客が増えてきた。
家族でバーベキューを楽しむ人たち。

ポニーくんは、
暑さに少々参っている感じだ。

丹那盆地は
パラグライダーのスポットでもある。

けっこう平日でも飛んでいる人たちがいる。
楽しいんだろうね、きっと。
盆地の上にあるパラグライダー・スクールでは、
初日から体験できると謳っているが、
高所恐怖症のワタクシには挑む勇気がない。


 

夏休みの人気は、やっぱこれですね。
とうもろこし畑の迷路。
いよいよオープンです。

2メートルを超す高さに成長した
デントコーンの森。

閉店して収穫後は、牛たちの餌になる。
ちゃんとした国産飼料の生産は、
子どもたちの遊び場(=学びの場)も提供するのである。

迷路自体はさほど難しくはないんだけれど、
3カ所に隠された通過スタンプを押してゴールするのが
この迷路の味噌になっている。

そのスタンプが何度往復しても見つからない。
子どもたちは探し当てるのだが、
自分は一ヵ所も見つけられず、降参した。
邪悪な目を持った大人には、
この迷路に入る資格は与えられないのだ。

 

夏本番。
熱中症に気をつけて、お元気でお過ごしください。
汗をかきかき帰ってきたお子様には、
爽やかなかき氷で体を冷やして差し上げましょう。


東急ハンズでは、かき氷機と一緒に並んでいます
(ただし全店ではありません)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行し

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
丹那トンネル 箱根峠 川里賢太郎さん 藻谷浩介さん ご当地エネルギー協会 稲田稲作研究会 種蒔人 丹那盆地 福島屋さん あかね 畠山重篤さん 谷川俊太郎 震災復興 COBOウエダ家 桃ジャム 丹那牛乳 ムーラン・ナ・ヴァン 自然エネルギー フルーツバスケット 函南町 畑が見える野菜ジュース 羽山園芸組合 ジェイラップ 備蓄米 森は海の恋人 カフェ麦わらぼうし 久津間紀道さん 無添加ジャム 大地を守る会 酪農王国オラッチェ
PAGE TOP ↑