焦る日々・・・

公開日: : 日々日々フルーツバスケット

強行採決への怒りにまかせて書いている間も、
現場はチョー多忙である。

製造1課には、18日(金)、
沖縄・真南風(まはえ)さんから、
今年のパイナップル第1陣が届いた。
今年は早々から豊作のようで、
予定以上の1トンという入荷量だ。

坂本勇一郎代表の、あせり気味の顔が浮かぶ。

中継した物流会社の倉庫に
パインの香りが充満したとか。
働き過ぎの方々に、ちょっとの癒しにはなったでしょうか。

製造が立て込む中でも、前処理は急がなければならない。
パートさんたちも頼んで、土曜日に作業を行なった。
頭(冠芽)を取り、カットして、皮を剥いて・・・
沖縄から丸のまま引くのはロスも多いのだが、
現地には一次加工を頼めるところがない。
貴重な国産パインと沖縄の一次産業を支えるのだと、
社長は言い張る。
現場の苦労は二の次にして。

皮やヘタなどの残渣は堆肥場に持っていく。

昨年のかき氷シロップに続いて、
今年は国産パイン・ジャムも登場する。
もちろん無添加。
売れるか、売れてほしい・・・

坂本さんへ。
こっちも頑張ってるんで、
あんまし「値上げ、値上げ」って攻めてこないでね。
気持ちも分かるけど。

 

製造2課(ケーキ工房「ムーラン・ナ・ヴァン」)も、
残業が続いている。

先週から今週にかけては、
薄焼きコブラ―(ベリータルト)。

コブラ―というのは、毒蛇ではなく、
アメリカに古くからある、
フルーツと小麦粉を使った焼き菓子のこと。
アーモンドの入った生地に、イチゴ、クランベリー、ブルーベリー
を乗せて焼き上げる。

そして今週は、
国産レモン果汁を使った「檸檬のタルト」。

いずれも生地からつくる。
これが実に手間と時間がかかる。
社長はその苦労を知らない。

昨日の日報から-
「タルト生地を330台、約5時間かけて空焼きしました。
 明日はレモンのフィリングを流して焼き、
 少し冷ましてヨーグルトのフィリングを流して焼きます。
 今日も全員が休日出勤して作業を進めることができました。」

3度の焼成を経て完成する「檸檬のタルト」。
すでにかなりの注文数が入ってきている。
焼く腕もないくせに、勝手なシャチョーのひと言
-「やり切るしかない。」

 

FB伊豆の国センター・牛乳寒天事業部も 一杯々々だ。
立ち上げて3ヶ月、
受注(=製造量)が順調に伸びてきたのは嬉しいことだが、
アッという間に人手不足という事態に陥ってしまった。
パートさんも残業が常態化してきて、あまりよろしくない。

暑くなってきて、これからが本番だというのに。
待たせている販売先もある。
求人も出して、一日も早く体制を強化しなければと、
坂本氏に負けず、あせる日々。

 

とまれ、すべて平和があればこそ。
人々が健康であればこそ。

国民が健康であること。
それは平凡な業績ではない。
(アルバート・ハワード/『ハワードの有機農業』から)

国家の威信よりも、国民を守るための、
平凡であり、かつ非凡なる政治であってほしい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
備蓄米 畑が見える野菜ジュース 自然エネルギー 丹那盆地 羽山園芸組合 川里賢太郎さん COBOウエダ家 種蒔人 酪農王国オラッチェ ムーラン・ナ・ヴァン ジェイラップ 福島屋さん フルーツバスケット 畠山重篤さん 森は海の恋人 函南町 谷川俊太郎 丹那トンネル 無添加ジャム 箱根峠 大地を守る会 丹那牛乳 藻谷浩介さん ご当地エネルギー協会 カフェ麦わらぼうし 桃ジャム 稲田稲作研究会 久津間紀道さん 震災復興 あかね
PAGE TOP ↑