ミツバチになろう

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」がオープンして、
物産館での売り上げが日々メールで送られてくる。
好調なのが「手むきみかんジュース」だ。
販売は委託なので手はかからないが、
毎日誰かが補充に走るという想定以上の出だしで、
ちょっとほくそ笑んだりしている。
問題は連休後の動きではあるけど。

 

その道の駅の近くで、
レンゲ畑を発見した。

レンゲを見ると、
大地を守る会の「稲作体験」田んぼを想い出す。
素人仕込みの知恵で、
有機栽培でのコメ作りに、何度か試したことがあった。

マメ科植物の根に着く根粒菌は、
空気中の窒素を取り込む(窒素固定)力がある。
原価や資源の持続可能性を考えれば、
石油に頼る化学肥料より、間違いなく生産性は高い。
作業だって、ばら蒔きでよいし。

初めてトライした時、
稲刈りを終えた田んぼで、
これで窒素肥料はいらなくなります・・・
などと偉そうに喋って、
会員さんたちと一緒に蒔いて、解散した。
「春にはレンゲ畑が見れますよ~」と、
来年も来てもらう狙いもあってのことだった。

しかし2年続けて大勢で蒔いたせいか、
3年後のイネの葉が異様に深い緑色になった。
たしかあの年は、食味も落ちたような・・・
地主の佐藤秀雄さんから、
「レンゲやり過ぎだっぺよ」と優しく諭された。
それでもコメは立派に実ったのだ、
無農薬無化学肥料で。

その後も何度か、間をおいては試した。
余ったレンゲの種は会員にあげたりした。
レンゲの花畑があちこちに増えないかと思って。

 

近づいて、じっと眺めているとやがて、
たくさんのミツバチの存在が見えてくる。

田んぼは自然の改造から始まったが、
水田という装置は実に見事なもので、
水の力によって半永久的にコメの連作が可能となり、
かつ湿地を誕生させることで、
水生生物からそれを餌とする動物までの
食物連鎖、つまり生態系が生まれる。
秋には鳥たちの餌場ともなり、
春にはこうやってハチミツの原料供給基地にもなる。

「里山」という場所もそうだ。
人の手が適度に加わることで、
単一植物種が場を独占することを防ぎ、
結果として生物多様性が高まる。
これを「中規模かく乱説」という。

一面的な経済尺度によって、
自然と共生してきた暮らしの知恵が滅ぼされ、
結果、風景(=自然資源)が痩せていく。
「近代化」の名のもとに、本当は貧しく
非経済な社会に向かって歩んできたんだとしたら、
感傷ではすまない話ではないか。

田んぼは、ただのコメの生産手段ではない。
基本食料である穀物を生産するだけでなく、
副産物として藁や籾といった資材を供給し、
たくさんの生き物を育み
(生物多様性は生産の安定性の土台でもある)、
安全なハチミツ原料まで無償でプレゼントできる、
多様な資源を生み出すフィールドなのである。

その総合的生産力を考慮する経済学者は、
皆無に近い。
“コメの生産性” という単一の指標だけで
存在価値をはかるのは、知恵のない人間の思考だ。
実はエネルギー(燃料)だって
作ることができるのだ。

減反政策の時代はようやく終焉するが、
次がただの自由競争というのは、あまりに寂しい。
もっと豊かな発想を持って臨みたいものだと、
レンゲの花を眺めながら思うのだった。

 

「革命兵士とは何でしょうか?」
と若者から問われ、
キューバの革命家、エルネスト・チェ・ゲバラは、
こう答えた。
「農民が花で、オレたちはミツバチだ」

ミツバチになろう、みんなで。

行けなくなって3年になるが、
今年も千葉・さんぶでの「稲作体験」が
楽しく、充実したものになるよう祈る。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

有機農業の未来を語る「藤本敏夫没後20年記念シンポジウム」の開催

こよみは早くも11月に入り、 丹那盆地に吹く風も冷たくなってきました

栗と、地球の涙

台風の波状攻撃を受けながら持ちこたえた田んぼも、 10月に入り、無事

「酪農王国」建国25周年!

台風11号、12号、14号、15号・・・ 4週連続で週末に台風の影響

【ご案内】 民放&NHK6局連動『1.5℃ の約束』

皆さま、台風14号の影響はいかがでしたでしょうか。 被害に遭われた方

エネルギーなら、ここにある。

世間は、五輪汚職に旧統一教会との癒着問題で、騒がしい。 ワタクシも当

→もっと見る

  • 2022年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
自然エネルギー 藻谷浩介さん 川里賢太郎さん 福島屋さん 無添加ジャム 丹那トンネル COBOウエダ家 畑が見える野菜ジュース 谷川俊太郎 大地を守る会 カフェ麦わらぼうし 羽山園芸組合 丹那牛乳 森は海の恋人 あかね 種蒔人 丹那盆地 震災復興 稲田稲作研究会 箱根峠 函南町 ご当地エネルギー協会 畠山重篤さん 桃ジャム 久津間紀道さん ムーラン・ナ・ヴァン 酪農王国オラッチェ 備蓄米 ジェイラップ フルーツバスケット
PAGE TOP ↑